ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

縦振りと横振りの融合 前倒し感覚と左腕のローリング

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

匿名さん、はじめまして!!コメント有難うございます。

これは激ムズな質問ですね。

>ゴルキチさんのブログを見て日々勉強中の迷えるゴルファーです;;
コック、タメがいまだに上手くいきません。
トップまではコックも出来て(自分なりには)いるのですがどうしても切り返しからインパクト、フォローが上手くいきません。
縦振りと横の動きが連動出来ないのですw
意識して振ると逆にヘッドスピードが激減してしまいます。振り遅れなのでしょうか?
何か良い練習方法などがあればご指導お願いします。抽象的な質問ですいません。

 殆ど意識の問題だと思います。

縦と横の融合なのですが、問題はゴルフは野球やテニスとは

異なり速度、パワーのどちらにおいても縦振りが主役です。

野球やテニスは横振りが主役ですよね。

打点の高さからしてそれほど落下の慣性を利用できませんからね。

ゴルフは地面に転がっている、さらに芝に潜っている。

2m位の落差を最大限利用できる一方ダフるリスクが非常に高い。

ゴルフも野球同様に横振りが主役で、それに縦振りを加えただけと

考えたら絶対に上手くいかないでしょうね。

ゴルフは確実に剣道に近いです。

縦振りが主役でスピード、パワーの源です。

それに横回転が加わるだけ。

そうしないと打つたびつるはしの様にヘッドが地面に

めり込んでしまいますから(笑

ヘッドが抜ける為に横回転が必要。

逆に言ったら横回転=体の回転が遅ければダフる。

 
 また、クラブは常に体の前。へその前にある。

腕ではなく「へそで球を打つ」イメージ。

縦振りは自然落下、横回転はへその役目。

 また、まだ詳しく書いていませんが

ダウン時のイメージの「前倒し」とは左腕のロールが肝です。

脇を締めての縦振りと横振りの融合の秘訣は左腕のロールの

タイミングを早めにやらないと振り遅れます。

この場合の「振り遅れ」は、軌道がスティープになり、

シャローにならないという事です。

ヘッドを返すためのローリングでは全くなく

「縦振りから横振りへのスムーズな移行が遅れる」と言えます。

その感覚が以前少し書いた「前倒し」感覚です。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ゴルフスイングを分かりやすく書くと3個の部分からできているんです。トップまで行った状態からフォローまでです。

1.体でクラブを引き下ろす部分
 (体の回転と下半身の横へのスライドがあります)

2.腕を振る部分
 (ヘッドを走らせる部分です)

3.走ったヘッドを体が追いかけて収束する部分

2はリリースからインパクト、そして振りぬ行く部分です。
ここでは何もできません。何かしようとするとすべて減速に繋がります。タイミングもマチマチになります。ゆっくり振ってローテーションができるようなら、それを信じてただ腕を振ってください。
腕を振るのは体を使ってトップの位置から引き下ろした力で行います。手に力が強く入っていなければ腕は振れます。
左に振りきるのでかまわないです。体はだんだんついていきます。

極端に書くと
トップから腰を左にぐいと入れて、肩を45度くらい回して
腕を引き下ろします。
イメージとしては胸は正面に戻る感じです。
ハーフウエイダウンくらいまでですね。
そこから「腕だけ」が振られる状態になります。実際は腕の動きよりヘッドの動きが大きいですが。まあいわゆるビジネスゾーンに当たる部分ですね。極端に言えばその時は体は止まって腕だけが振られている状態です。

森守洋プロもこんな説明ですね。ヘッドを走らせるために体で腕を振るんです。

Bugwineさん、ありがとうございます。
右肩が非常に重要ということですね。
トップの左肩の位置を不動でグリップを落とすようにしていますが、難しいですよね。そうすると早めのローテーションを心がけているドラでもたまに降り遅れとなります。打ちにいかない…飛ばさないようにゆっくりやるとうまくいきます。

すみません
>shinmaさん
でした。

> -さん(名前がこれしかないので)

縦振りのイメージを出すのは水平素振りが良いと思います。アドレスした状態からまっすぐ起き上った形で素振りします。
グリップはへそのあたりになるでしょう。シャフト水平です。右にバックスイングをすると右ひじが曲がる関係でグリップは肩の高さくらいまで上がります。フォローも同様に左ひじが曲がるので肩くらいの高さに来ます。
重要なのはまっすぐ立っているとクラブを右に引いたり上にあげる(水平素振りなら後方に引く)動作が起きにくいことです。ハーフトップからトップにかけてクラブヘッドは体を軸に回転して後ろに回り込む感覚が得られると思います。
多くの人は前掲するとそれを右にやったり上にあげたりします。そうすると降りてきにくくなります。
降りてき難い場合はこのことがよくあるので試してみてください。

>改造さん

長いものと短いものではタイミングは変わりますよ。ショートアイアンで長いものと同じようにすると早すぎます。
そこに対してはいろいろ工夫するところじゃないでしょうか。
短いものでは上体をややクローズドに構える人もいますし、そう教えているものもあります。早く体が開かないためとかですね。
左腕だけだったら誰でも少しすれば自然なローテーションができるようになります。でも右腕がくっつくと色々起きますね。
右手がくっつくと、アームローテーションやフェースの戻りは体の位置関係で起きるという風にとらえる方がよいかもしれません。主に左腰と胸、肩の位置です。
右肩が突っ込むと腕が遅れたら右に出るスライス。腕が間に合ったら左に振りぬいてひっかけとか出ます。肩が前に出なければ右腕が伸びることになるので自然にローテーションが起きます。
ミドル以上は早くに打てるようになるのですがウェッジとか短いものは打ち急がないように工夫が必要でしょう。

はじめまして。このブログの大ファンでいつも読まして頂いてます。

左腕のローリング、イメージはすごく分かります。左片手打ちでライ角維持してアプローチの練習だと良いイメージで打てます。
ただそこから派生して、同じイメージで左手を意識してフルスイングをしようとするとそう上手くはいってくれません。一球打つ前に左腕のローリングを意識して3回素振りをしてから、そのイメージで振ろうとするんですが、切り返しの時に突っ掛かるというか、上手くクラブが降りてきてくれません。
自分としてはローリングによる横振りのイメージは沸くんですが、縦振りのイメージがいまいち分かりません。
ローリングによりヘッドを返す動きを考えると、コックの維持、解放の動きがどういう動きになるのかピンときません。
質問がぐちゃぐちゃで申し訳ないんですが、何かいいアドバイスがあれば是非よろしくお願いします。

お久しぶりです。

腕のローリング…タイムリーで、ちょうど今悩んでいるため投稿しました。

数ヶ月前、ライ角維持に開眼しました。きっかけは、おもいっきり脱力したアブ練です。
その時、叩くよりもクラブに仕事をさせれば良いという事を体感できました。よくクラブの行きたい方向を邪魔しないと言われますが、まさにその通りと思いました。
これによりゴルフが変わりました。

上記により、ライ角維持がよりできるようになりました。また、これの維持には、ホントにそっとダウンを行わねばならない事も分かりました。
さらに、タメとライ角を維持し、右前腕が飛球線に垂直になるほどインパクトで角速度が上がることも分かりました。

ライ角維持して打つにあたり、ローリングのタイミングが今の課題です。
ドラでは早めの方が良い気がしますし、かといって、そのタイミングではショートアイアンでは早すぎるような気がします。
自分では、ドラでは右足あたり、ショートアイアンでは、左肩真下かなとおもいます。

また、インパクトで角速度が上がりますが、グリップがインに入り過ぎる副作用もあります。右肘が体に近過ぎてもダメなのかなと思います。

他の副作用として、ライ角を頑張って維持するとフォローでも維持しちゃっています。腕が5時のあたりでヘッドがさらにその先へ行っている状態です。
この腕の辺りでは、ライ角を維持して角速度を上げるよりも、ライ角を解放してフェースを立て終わった状態で腕とシャフトが一直線になった方が良いですよね。このへんは、ヘッドに負けずに体を反転で治りますかね。

お陰様で、今では普通に80台で回れます。スイングも、森田理香子プロの様に、見た目はユックリです。
今も毎日の様に更新をチェックして楽しみにしています。
おっと、プレッシャーじゃありませんよ。

長い駄文失礼しました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR