ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプローチの鉄則 7

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

のりゆきさん、こんばんは。

頑張っていますね

> アプローチの鉄則から適正な腕のローリングまでを参考に
> 左側で引くイメージでアプローチの練習をしていますが
> シャンクが多発するようになりました。今までもシャンクが出
> るタイプであったのでいかしかたないのでしょうか。

これだけでは分からないので取り敢えず考えられることから書いていきますね。

「左で引く」はパターと全く同じ動きです。
首を軸にした回転運動で左肩が上がって右肩が下がる。
左肩は縦回転で上に引きます。それでもヘッドは水平に動きダブリません。
それは悪い意味で言われる「右肩が下がる」には全く繋がりません。
悪い意味の「右肩下がり」は軸が右に傾いている事です。
要するに右足に体重が残っている状態です。
これはハイリスクなロブショットと同じ状態です。
右肩が下がるのを恐れて「肩を水平回転」して背後方向に引いたら
まずいです。
逆に右サイドが前に出てアウトサイドイン軌道にずれてしまいます。

今回の原因は左の引き方の誤差による「軌道のズレ」でしょうか。
インサイドアウトか、アウトサイドインのどちらかにずれる。
もしくは引く事を意識し過ぎてヘッドが遅れて
フェースが開き過ぎたままインパクトしているかもしれません。

それか、早めに右ひじを伸ばす事で押し出し型の
インサイドアウト軌道の可能性も考えられます。

治し方は、
まず、左足一本で立って右足はつま先立ち。
そうしたら死んでも軸は傾きません。
頭は終始左足の真上に維持してインパクト後も不動。
要するに左足から脳天まで軸も重心も全く不動。
前傾も不動。
球は左かかと前。
両肘は体に付いたまま。
左ひじは無理に伸ばさない。
右肘は軽く曲げたままインパクト。フォローで伸ばされるだけ。
左手首の角度はアドレスから不動。ノーコック、ノーリリース。
スイングは体の中心の「へそ」だけで振ります。
「ヘッドは常にへその前」。
トップもフォローもヘッドはへその前。
へそより遅れも先行もしない。
へそ打法。


おかしな動きをする部分を一つずつ排除していけば
原因と対策が見えると思います。
これなら理屈上死んでもダフらないはずですからね。

何となく右ひじの動きが原因の様な気がします。
インパクト前から早く伸びている、
もしくは意図的に伸ばしてしまっている、
ような気もしますがいかがでしょうか?

30yまでのアプなんてパターの様に5角形でも
別に全然構わないと思います。
その方が正しい動きを理解し易いと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。