ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

シャフト前倒し シャフトの真上にヘッドが有る状態を早めに作る

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね


前回のビデオの10分33秒からですが、

シャフトに対してヘッドを遅らせないとは言い換えると

シャフトの真上にヘッドが有る状態を早めに作る

と同じ事になります。

前倒し1


要するに早めにアームローテーション、ローリングしていく、

早めにアドレスの状態に戻していくと言っています。

そのヘッドの動き、

ダウン時のヘッドがシャフトに対して遅れている状態

=写真の様にシャフトを水平に上げた場合、

トップからビジネスゾーンにかけてヘッドが右側に倒れている状態から

右脚前までにアームローテーション=ローリング

=シャフト前倒しにより、ヘッドがシャフトの真上に垂直に立ち、

インパクト後に左に倒れていく事を「ドミノ倒しの様に」


という事になるのです。

フェースローテーションをインパクトの瞬間に手でコネて行うのではなく

ビジネスゾーン全体でローリングしていくという事です。

そのきっかけとしては、回転イメージを伴うローリングよりも

直線的な動きである「シャフトの前倒し感覚」

の方が回転の度が過ぎることなく、非常に有効にワークすると私は感じます。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブロ『グへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

Re: 続き

\(^_^ どもです。

>このスクエア状態と言いますか、こいつをスイング中に感じられる箇所は、アドレス~右足前まで、そこからいい加減になり、トップ、切返してまたいい加減になって、HWD~右足前、一番肝心なインパクトでまたいい加減、となるのかと思われます。
これをできるだけ繋げていけると良いのかな?なーんて思っているのです(笑)。

>あー、それを「へそ打法」で解決出来ると思います。出来るだけへその前に維持する。そう意識すればスクエア感は消えないと思います。

>ゴルキチさんの表現で、トップから右肘が真下に落下するときグリップエンドが右太ももを刺す感じのポジションと、シャフト前倒ししたポジションは、同じポジションという理解でOKでしょうか?

いえ、刺す前からです。射してからでは手遅れですね。確かにそうですね、そう表現してましたね。ごめんなさい。確かに誤解させてしまっていました。

>やはりボクの場合ですが、シャフト前倒し感覚ではフェースがボールを向く感覚が弱くて捕まりが悪い感じです。
右太ももをグリップエンドが狙ってくると、捕まり良好です。
確かにトップからの動きで、右太ももに刺す場合は右手がグルッと回ってくる感覚で、シャフト前倒しの場合の方がスッと単純な動きになり・・・

>? グリップエンドは右ももからへそ、左へそ(ほんの僅かにへそのひだり)と向きが移行していきます。そこを外れません。グリップエンドをへそに向けるだけでなく、へそをグリップエンドに向けておけば肩は開きません。

Re: シャフトの前倒し

お久しぶりです!

>「シャフトの前倒し」ですが、今回の説明でやっと理解できたと思います。
コレはボクも意識してやっていました。
「右足前インパクト」ってよく言うじゃないですか。ボクは右足前で体幹に対してスクエアをつくってから、ボール経由でその先で両腕が伸びるところまで押し込みます。

そのとおりです!

>ゴルキチさんが言う「スイカ割り」の位置だと思っています。その途中で顔がボールの方を向いてしまうと引掛けます。両腕が伸びるまで右を向いている感じがキープできると、

その通り、頭とヘッドが逆に動かないと腕は伸びない、押し込めないですね。

>下半身はすでに回っているので顔を振り向くだけの感じでフィニッシュです。ストレートドローが心情です(笑
ここまで合っていますか?

そう、ヘッドに引っ張られてやっと起きていきます。

>確かに、シャフトを前に倒しても同じ形になるんですね(笑

そう、言い得て妙で、前倒し感覚だとグリップは体から離れないし、前傾は維持されます。

>ところが、だんだん感じてきたのです。「右足前」というけれど、コレってもっと早い位置なら早い位置なほど、インパクトゾーンが長くなるしインパクト自体が分厚くなるように感じています。インパクト時のHSも速くなるように思います。「右脚前」から「HWD」になり、今では「トップ」でコレを感じるようになっています。もちろんトップからいきなりボールへ向かうのではなく、右回りでボールの後ろから向かって行きますけど。

>分かります。右回り(笑 肩を開かず、ヘッドを残してグリップを先に縦に下ろしてから、前倒しで「右回り」になりますね。それを意識するとトップもレイドオフ気味になります。オーバー、クロスにはならないですね。右脇が開かなくなるからですね。

>今の課題は、アドレスからずっとスイカ割り位置までコレを感じていられるようにしたいと思っています。変でしょうか?そうしている間に、「右足前」がどんどん意識から薄れていくので、これって正しいのかどうなのか心配になってきてもいます(苦笑右脚前とかで、決まった位置をつくって意識できるようにスイングするのが正しいのですか?

悪くないです。右足前とはあくまで便宜上そのあたりかな?という感じで言っています。実際問題右足前は意識にないです。ただグリップエンドを縦に下ろす向きが右足だからですかね。

続き

自分の文章を改めて読んでみますと何だか妙な表現ですね(汗

言いたいことは、このスクエア状態と言いますか、こいつをスイング中に感じられる箇所は、アドレス~右足前まで、そこからいい加減になり、トップ、切返してまたいい加減になって、HWD~右足前、一番肝心なインパクトでまたいい加減、となるのかと思われます。
これをできるだけ繋げていけると良いのかな?なーんて思っているのです(笑)。

ゴルキチさんの表現で、トップから右肘が真下に落下するときグリップエンドが右太ももを刺す感じのポジションと、シャフト前倒ししたポジションは、同じポジションという理解でOKでしょうか?
やはりボクの場合ですが、シャフト前倒し感覚ではフェースがボールを向く感覚が弱くて捕まりが悪い感じです。
右太ももをグリップエンドが狙ってくると、捕まり良好です。
確かにトップからの動きで、右太ももに刺す場合は右手がグルッと回ってくる感覚で、シャフト前倒しの場合の方がスッと単純な動きになり再現はし易く感じるのですが・・・・・
修業が足りないのでしょうか?
それとも、まだ勘違いしていますか)汗?

シャフトの前倒し感覚について

ゴルチキ様

いつもブログを楽しく読ませていただいてます。
さて、「右向いて打つ」を頭と身体で理解するために、最近打ちっぱなしに行く回数が週1から3回以上になりました。まだシャフトの前倒し感覚を理解できていませんが、うまくスイングできた時とほぼ同じ感覚をレッスンしている動画を見つけましたのでご紹介します。また、お時間のあるときでも違いなどご講評いただければと思います。

インターネットのゴルフ○○ジェストTV
堀江さんと武市悦宏プロの「目指せ300ヤード!

シャフトの前倒し

ゴルキチさん、おひさ・・です。
しつこい性格でごめんなさい。ペコリ。
「シャフトの前倒し」ですが、今回の説明でやっと理解できたと思います。
コレはボクも意識してやっていました。
「右足前インパクト」ってよく言うじゃないですか。ボクは右足前で体幹に対してスクエアをつくってから、ボール経由でその先で両腕が伸びるところまで押し込みます。ゴルキチさんが言う「スイカ割り」の位置だと思っています。
その途中で顔がボールの方を向いてしまうと引掛けます。
両腕が伸びるまで右を向いている感じがキープできると、下半身はすでに回っているので顔を振り向くだけの感じでフィニッシュです。ストレートドローが心情です(笑
ここまで合っていますか?
確かに、シャフトを前に倒しても同じ形になるんですね(笑

ところが、だんだん感じてきたのです。
「右足前」というけれど、コレってもっと早い位置なら早い位置なほど、インパクトゾーンが長くなるしインパクト自体が分厚くなるように感じています。インパクト時のHSも速くなるように思います。
「右脚前」から「HWD」になり、今では「トップ」でコレを感じるようになっています。もちろんトップからいきなりボールへ向かうのではなく、右回りでボールの後ろから向かって行きますけど。
今の課題は、アドレスからずっとスイカ割り位置までコレを感じていられるようにしたいと思っています。変でしょうか?
そうしている間に、「右足前」がどんどん意識から薄れていくので、これって正しいのかどうなのか心配になってきてもいます(苦笑
右脚前とかで、決まった位置をつくって意識できるようにスイングするのが正しいのですか?
自分的には、どんどんショットが安定してきていますが、一方で少し不安になっています。
長文申し訳ありません。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR