ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

肩を開かないために有効な「へそ打法」

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

肩を開かない・・・非常に難しいテーマですが

「左へそ打法」でかなり防げます。

「へそ打法」とはヘッドを常にへその前方に維持する様に意識し、

腕の意識は無く「正にへその延長で球を打つ」意識です。

もちろんトップではヘッドはへそより右側にありますが、

テークバックではヘッドより先にへそを頑張って回す

ことによりヘッドとへそのズレをなるべく少なくして

連動するように意識します。

ダウンでは逆にへそを止めたまま=肩が右を向いたまま、

右脚外旋によりグリップを先に体に近く縦に降ろしながら、

左腕をローリングしながらシャフト前倒しで

グリップエンドとその延長のヘッドを早めにへその正面に

持ってくる意識です。正面よりもっとへその少し左側位の意識

が良いです。それを今後「左へそ打法」と呼ぶことにします。

打つ仕事は右脚外旋と下腹部のへその役目ですから、

肩は実際にインパクトまで右を向いたまま残ります。

結果的に下半身から順に動いていますが、あくま結果であり、

下半身リード、下半身先行ではなく、

ヘッドはへその前にあるので振り遅れにはならないのです。

ここがミソですね。

多くの方はタメを勘違いして「下半身とヘッドの差」

=まさに「振り遅れ」と勘違いしています。

タメは閉じたままの肩、手首の縦コックの維持、右ひじの余裕、

浮かない右踵等の粘りにあります。

ヘッドは常に体の正面にあり、なるべく早めにへその左に、

かつ低く下し、シャローなインパクトゾーンを目指します。

「タメるほど振り遅れる」とはそもそもタメの勘違い

から起こります。

ヘッドを早くへその左側に、早く縦に低く下す為に

左腕のローリングとシャフトの前倒しはセットになります。

しかし、これはフェースローテーションではなく

早く元に戻す、インパクトの状態を作り、シャローに振りたい

のであってフェースを返して捕まえる為では全くありません。

むしろフェースの挙動はなるべくおとなしくしたいです。

球は頭が残って腕が伸びれば勝手に捕まります。


この「左へそ打法」なら肩を開かず右を向いたまま、

右肩が落ちず本物のシャローでかつダウンブローな軌道

になります。

低く長く押せるフォロー、ラインが出るフォローになります。

これが出来ると全てのポイントにおいて本当のタメが出来る

のでインパクトゾーンで一気に全ての為を解放して走らせること

も可能になります。ただ全部解放はドラコン位ですが。

ショートアプローチは絶対に飛ばしたくないので

逆にタメの開放をゼロにする技が勝負になりますね。

またシャフト前倒しと左腕のローリングが上手くいくことにより

フォローで左ひじが引けず、左手首とともにキレイにスムーズに回転して

突っかからずにヘッドの加速を助けます。

この点でもロングアイアンの膝付きスイングは超有効です。

また木の枝等の水平ショット、単なる水平素振りも

非常に有効ですね。

まずアプローチでの「左へそ打法」の練習が効果的だと思います。





人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

「へそ打法」、イイです!!

これ良いです。
見逃していました。

手打ちからの脱却にも有効ですね。
ゴルキチさんの、体を動かす場合の意識するところ、筋肉の動き、それらを詳細に。
大変参考になります。
自分のモノにしたいです。

Re: ちょっと訂正します

タイガーカムバック さん、順番が逆になってしまいましたが非常に良い質問だと思います。

> パワーを欲張った時、GEをヘソに向けて最速で到達することを意識していたようです。直線的に・・・それで左腕が外旋していなかったか、もしくは外旋が不十分になっていたと思われます。
> これじゃー以前のボクのスイングです(苦笑

この部分の仕組みを記事で何回かで書きました。肘の曲げ伸ばしによる回内と回外がキーですね。また、腕は使いませんので速く引くという動きは無いです。前倒しは右肘が伸び出す時に始まります。回内と回外を意識すると上手くいくと思います。

> シャフト前倒しどころかシャフトを寝せてるようなもんですよね。手で引張ってた。
> ここを幾ら速く処理してもダメですね。問題はその先のパワーなのに・・・
> だけど人情的には、ここを速く振りたくなりますね~ダメなんですね~
> 左腕ローテ(外旋)でGEをヘソに向けるという動きは、最速で処理することよりも十分にローテ(外旋)させることがミソですね。
> これでシャフトの前倒し感も発生しますが、昨日はこの感覚をまるで感じられていませんでしたし忘れていました(苦笑

スイング中に「腕で速く引く」という動きは無いですよ!重力落下を利用して放り投げる様に加速しますので腕による加速は一切ありません。腕は十分重いので腕の重力を利用します。それなら十分感じられるはずです。問題はその場合ほったらかしのヘッドの振り遅れですが、ヘッドの振り遅れはへそに対してですから、へそをヘッドに向けていれば振り遅れは出ません。殆どのアマはへそが大きく先行するから振り遅れる。要するに開きが早いという事なのですが。へその向きと前倒しで振り遅れは起こらないはずです。加速については背筋で腕とクラブを丸ごと放り投げる感じです。勿論、手首によるコックの維持や肘の曲げ伸ばしによる回内と回外等の操作は
有りますが、自然な動きを効率的に調整する位なものです。

またご連絡下さいね!!

ちょっと訂正します

自分で書いておきながら、読んでみると変なこと書いてますね。
で、さっき昼休みを返上して素振りで確認・・・ボクもゴルキチです(苦笑

パワーを欲張った時、GEをヘソに向けて最速で到達することを意識していたようです。直線的に・・・それで左腕が外旋していなかったか、もしくは外旋が不十分になっていたと思われます。
これじゃー以前のボクのスイングです(苦笑
シャフト前倒しどころかシャフトを寝せてるようなもんですよね。手で引張ってた。
ここを幾ら速く処理してもダメですね。問題はその先のパワーなのに・・・
だけど人情的には、ここを速く振りたくなりますね~ダメなんですね~

左腕ローテ(外旋)でGEをヘソに向けるという動きは、最速で処理することよりも十分にローテ(外旋)させることがミソですね。
これでシャフトの前倒し感も発生しますが、昨日はこの感覚をまるで感じられていませんでしたし忘れていました(苦笑
まだまだ修行が足りていません。

新発見

ゴルキチさん、左腕ローテでGEヘソ向け、最強っす!
GEを左腕ローテでヘソに向ける動きで、ヘッドに最大遠心力をかけながらヘソに求心力を集める感じかな? とにかく信じられないパワーが発生します。

しかし、ボクってどーしてこーも欲張りなのでしょう(苦笑
更に更にこのパワーを発生させよーとしていくと、GEをヘソに向けていく途中でヘソが早く逃げるようになってしまい、また捕まりが悪くなる傾向が出てきました。
試行錯誤する中で、左腕ローテでヘソを狙うのと同時にヘソもGEに向けてぶつけに行く(笑
更にパワーが使えた感じがしました。
反転するパワー?
シャフトが撓り戻るパワー?
自分ではよくわからないのですが、これなら更にパワーを欲張ってもヘソが逃げずに長く粘ってから反転する感じで、今のところいい感じです。

ゴルキチさん、コレはどーなんでしょうか?
へんでしょうか?

副産物は本物?

ゴルキチさん、副産物が消えません。
これはいいかも?

ボクは野球をやってました。
肩を回して腕が伸びて・・・その途中にインパクトがあって。
その動きに更にパワーを得る為に、バックスイングで身体を右に揺すってダウンスイングでは左に揺すり戻して。
そうして、たまにタイミングがドンピシャで合うと、友人からも絶賛の大ドライブが打てていました。でも、ラウンド途中でどうやってもタイミングが合わなくなったり、朝から全然合わない日もありました。それは練習場でも同じでした。

先週も今週も、左腕外旋でGEをヘソに向けてきて最後にヘソに着けるつもりで下してくるだけで、あとは勝手にヘソが先行するような感覚でフィニッシュしています。
スイングがインパクトで終わっているなどとよく言われた頃がありましたけど、インパクトどころかインパクト前(GEがヘソまで)でスイングを終了するつもりで丁度いい。スイング自体は終わるどころか、そこから加速してフィニッシュまで一気に!
ミスは、ヘソの先を手がつい振ってしまうことによる左スウェイ。
GEを右向きのヘソつけて止めるつもりで実に丁度いい(笑
腕は自主的な動きを止めても、ヘソは勝手に先に回って行くから肩は回すのではなく高速で回される。その場で回されるのが縦回転の正体でしょうかね?
だいぶん興奮して書いてます(スミマセン)。
しかも日に日に良くなっている。今までの感覚では信じられないメソッドを、徐々に信じ切ろうとしていく過程で徐々に再現性が高くなっているのだと思っています。
左肘がフォローでどうなっているのか・・・ビデオでも撮ってみないと、今でも引けているのかわかりませんが、邪魔と思うような時間的余裕無しでフィニッシュしています。

Re: Re: ヘソが空を向く悪態

タイガーカムバック さんこんばんは!!

> 思わぬ副産物?
> シャフト前倒しと左腕のローリングが上手くいき、ヘソとクラブがリンクすると・・・・・
> 肩は勝手に縦回転するように思います。

そうですか!!それは素晴らしい情報です。私自身どうしたら体全体が連動する動作を部分的に解体して言葉で表現し、受け取る側は逆にその部分的な動きを解釈し今度は自分体で一連の動きに意図した通りに実行することが出来るか常々考えております。現状ではまだ分かりませんが、多かれ少なかれ成果はあったことは非常に嬉しい事です。

> 今まで上級者から、「肩を横に回すな!」とこっ酷く言われ続けても、実際のところ全然わからなかった(苦笑

ここまで言われていたという事は水平回転の意識が明らかに客観的に分かる悪影響を生み出していたという事です。それは良くある頭が左肩に押されて右脚の上に動いていく現象だと思います。実際しっかり右に乗り切るためにそれを正しいとするレッスンも非常に多いです。しかし頭が動けば必ずその反動も大きくなります。あえて頭を動かして一時的に右脚荷重を体感させるレッスンは非常に危険だと思います。必ず反動で左スウェイに繋がります。頭はアドレス時から予め少し右めに置けばいいのです。テークバック時にわざわざ右脚真上に移動させる必要性は全くなく、右股関節に斜めに荷重すれば十分です。テークバックで頭を右に動かせば、必ずダウンで逆に左への反動が出ます!!ただ意識し過ぎてリバースピボットになってはまずいですが、頭の動きは少なければ少ないほど良いに決まっているのです。

テークバックで左肩が頭を右へを押さない為にはどうしたらいいのでしょうか?
頭の下に入れる他無いのです。ただそれだけのことなのです。無理に下に下げたり縦に回す必要性はもちろんありません。目的は前傾と軸をブラさない為に肩は縦回転するという事なのです。

ただし、ここで大きな注意点があります。縦回転すると右肩も当然下がります。ここで肩が早く開く方はインパクト前に当然ダフりますよね。「右肩を下げるな」と言う言葉は、正確には「インパクト前に下げるな」という説明が抜けています。インパクト後は右肩は当然落ちるにきまっています。ですから正確には右肩を落とすなではなく、「インパクト前に肩を開くな」なのです。

> もしかしてもしかすると、これでいいのか???

あくまで一連の動きですから部分だけでなく全体の動きをよくチェックする必要性があります。自宅で鏡の前でシャドーで確認しながら身に付けるのが最善です。クラブは必要ありません。球を打つ必要性は無いです。
また、軸を動かさない為には柔軟性も必要になります。今まで楽をしていたわけですから。肩甲骨、首、股関節ですね。全て総合的に解決しないと完成しないです。

頑張ってください!!

Re: ヘソが空を向く悪態

思わぬ副産物?

シャフト前倒しと左腕のローリングが上手くいき、ヘソとクラブがリンクすると・・・・・
肩は勝手に縦回転するように思います。

今まで上級者から、「肩を横に回すな!」とこっ酷く言われ続けても、実際のところ全然わからなかった(苦笑

もしかしてもしかすると、これでいいのか???

Re: ヘソが空を向く悪態

こんばんは!!

> ゴルキチさん、なんでもおわかりなのですね。
> ボクの失敗は、左肘が逃げてヘソが空を向く悪態です(苦笑

殆どのアマのミスポイントと悩みは殆ど同じですよ。
特に運動経験の無い子供達でも似たようなスイングをします。
という事は結局人間の骨格、筋肉やクラブの重心距離、慣性の問題が大きいのだと思います。

> 左腕のローリング・・・試してみました。
> この感覚が抜けていました。
> ヘソを下に向け続けて、GEをヘソに向け、いやヘソにしっつけるくらいの覚悟を持つと、タイガーや女子プロの三塚選手のようにおなかをへこませて背骨が猫背になるようなダウンを感じてきました。
> これなら長年悩み続けたシャンクも出そうにありません(笑
> コレありでいいですか?

ありだと思います。グリップを体の近くに通すので懐を深く作る、起き上がるどころか逆に前傾を強くするプロは多いですね。
殆どのアマはダウン直後から肩が開き始めグリップエンドが体から離れていきます。逆にアドレスでは近すぎる方が多いです。問題は遠心力と慣性ですね。想像以上に遠心力が大きく腕、クラブ、ヘッドに作用するのです。シャンクは殆どが球に意識が行き過ぎて打ちに行き、結果的に右サイドが出るか、腕が伸びて体から離れて起こる現象です。

私は何故かコースでシャンクしたことが殆ど無いのですが、たまにレンジでシャンクするときは決まって50~100yで変則的な打ち方を試す時です。原因は球に集中し過ぎて、右サイドが球に近づく、右肩も球に近づく、右サイドが前に出て体が早く開くこと等が原因だと思います。直ぐに修正は可能です。

例えばアプローチでスタンスをオープンに構えても肩はスクエアにします。2,3ヤードを左肘を抜いて打つ時でも肩はオープンにしない方が良いです。開くと右サイドが出易く、アウトサイドインにアッパーになりがちです。

的外れでしたらまたご連絡下さいね。

ヘソが空を向く悪態

ゴルキチさん、なんでもおわかりなのですね。
ボクの失敗は、左肘が逃げてヘソが空を向く悪態です(苦笑
左腕のローリング・・・試してみました。
この感覚が抜けていました。
ヘソを下に向け続けて、GEをヘソに向け、いやヘソにしっつけるくらいの覚悟を持つと、タイガーや女子プロの三塚選手のようにおなかをへこませて背骨が猫背になるようなダウンを感じてきました。
これなら長年悩み続けたシャンクも出そうにありません(笑
コレありでいいですか?

Re: お礼

タイガーカンバックさん、どもです。
極端はまずいですが左腕を上手くローリングして前倒しするとフォローまで全てがスムーズになります。水平素振り時の要領です。左手首、左肘が全く邪魔することなく滑らかに、存在しない程に抵抗が無くなればokですね!

お礼

ゴルキチさん
あ・・・ありがとうございます。
また理解が全然不足していました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR