ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

踵加重を意識する

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

ゴルフは前傾して重い頭を前に垂れ、更に両腕を前に突き出す

ので、お尻を多少後ろに突き出してバランスを維持したところで

相当意識しなければ嫌でもアドレスから勝手に拇指球加重になる。

ダウン以降は更に腕を前に思い切り振り出すので

より一層、激しく前に突っ込む。

一度前に突っ込んでつんのめるように

浮いてしまった体は今度は左にも容易に突っ込む。

体が浮けば腰は前に出て、右踵も浮く。

確かにこれは意識しなければ、ある程度仕方がない事です。

では、いったいどこが間違っているというのか?

アドレスから拇指球加重が正しいという意識がまずい。

実は意識としては踵加重にするべきなのである。

なぜなら普通無意識にアドレスすれば拇指球加重になる。

すると確実に体が浮いて、前に、そして左に突っ込む。

それでは軸は絶対に安定しない。

拇指球加重は結果的、一時的事象としては確かに正しいが、あくまで結果論に過ぎない。

そもそもアドレスの姿勢、ダウンの遠心力で嫌でも勝手に

前加重になるのだから更に意識すれば前のめり状態になってしまう。

だから意識はとしては最初から最後まで踵加重が正解だ

その意識でやっと前後のバランスを維持できる。

しかし、やってみるとどんなに頑張って踵加重にしても

インパクトでは絶対に遠心力には勝てず

プロでも必ず一瞬でも拇指球加重になる。

嫌でも拇指球加重は避けられないのだから、

拇指球加重という理論も確かに間違ってはいない。

しかし、だから意識も拇指球荷加重にしたら

永遠に突っ込みは止まらない。

アドレスからフィニッシュまで終始踵加重を意識すると、

軸が安定するのが良く分かるはず。

前の突っ込みも、体の浮きも、腰の浮きも、左への突っ込みも

激減する。

軸が安定しヘッドスピードも上がる。

ヘッドはインサイドから下り、タメも作り易くなる。

いいことづくし


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ご無沙汰しております

これはホントに目からうろこが落ちました。

勝手に拇指球に体重のせてアドレスしてました

ちょうど左への突っ込みを指摘され直していたで

大変助かりました

これからもよろしくお願いします


EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR