ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

縦の捻転と横の捻転を使い分ける意識

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

縦と横の捻転をはっきり区別して使い分ける意識がほしいですね。

切り返しではもちろん縦の捻転を先に使う。

だから縦に振れる。

横の捻転を先に使えば体が開く。

したがって縦の捻転をしっかり作らなければならない。

テークバックで肩を水平回転させる意識では無理です。

重力を利用し易いように縦の捻転を作る。

だから肩は縦回転なのです。横回転は必然的に出来ます。

縦回転はボーリングに極めて似ている。

トップから引っ張りおろしてしまったら球速は上がるが

確実に軌道が捻れてコントロールが乱れ再現性が無くなる。

トップからボーリングの球が落ち始める一瞬を待つ「間」

が必要になる。

ゴルフで間が出来ないのは縦の捻転の意識がないからで、

腕や腰の回転で引っ張りおろそうとすると

落ち始めるのを待つ必要性がないので当然間ができない。

切り返しの初動は縦の捻転と腕の重さにかかる重力を

最大限利用する意識を強く持つ事。

ボーリングのボールは重力で当然真下に落ちようとする。

右腕の長さが一定で、右肩関節支点でキレイに縦に弧を描いて

オンプレーンで下りてくるのでボーリングでダフる人はいない。

ボーリングの球の軌道がゴルフで言うシャローなダウンブローです。

重力落下で自然に出来るキレイな円弧、プレーンを

腕力や腰、胴体の横回転で妨げ、捻じ曲げてはならない。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

立ての動きと横の動きを混ぜるのは多いですね。

他でも書きましたが、左右40度くらいのビジネスゾーンの動きは横の動きです。その動きは基礎の段階ではフェースターンそのものです。
右40度がフェースターンの始まりなのでバックスイングではそこから腕が上がって行き縦の動きになりますね。体を回しながら腕を上げると右ひじが曲がって行きトップができます。ダウンでは来た道を戻ります。ここに横の動きはないですね。でも縦の動きと一緒に横の動きは入りやすいです。
こうやって下げていくと腰くらいの位置ではたいていの人が腕とシャフトが直角くらいになります。意識して作る形ではないですね。

問題は縦に降ろしてから横の動きに入るときの感覚ですね。
ローリングせずに降ろしてきた左腕の前腕がクリンとロールする感覚。あるいは右腕であれば、横に動き出す感覚、あるいはそこから右腕を伸ばし始め返す動作の助走路の感覚。ここって文章になりにくいので伝えるのが難しいです。

ともかく、横の動きと縦の動きを意識するのは重要だと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR