ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

左肩を低く=ライ角維持

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

この写真分かり易いですね。

アドレスから球を打ち抜くまで

左肩をなで肩で低く維持する事、

絶対に怒り肩にさせないように

最大の注意を払うべきです。

左肩が上がる=右肩が下がる

=ダブってアッパースイング

=球を長く押せず擦り上げ、

ラインが出せない。

右写真は手首のライ角維持の意識が無い為あらゆる点で上手くいかなくなります。手首が伸び、グリップが浮き、脇が空きパワーを伝えられません。左肩が怒り肩に盛り上がって上に突っ張って詰まり、上体が浮かされ、前傾が起き、体が伸び、腰が前に出ます。左肩が上がるので当然右肩が下がり、ルックアップ状態になり軸は右に傾き明治の大砲になり、フィニッシュまに到達できません。球に体重を乗せるなど不可能です。クラブはトゥーダウンし、フェースが開いて右を向きロフトは増えます。アッパー軌道になり球を擦り上げる短銃の様になり、ライフルの様にラインを出して球を押し切ることなど出来ません。足も浮くため蹴りのパワーも全く使えません。当然バランスも最悪です。これでは100億年、人類滅亡まで練習しても恐らく上手くなりません
左写真は超良いですね!!何が良いってグリップが低い=重心を低く維持できるから下半身、蹴りを使って球を長く押せる。という事は、ラインを出して、かつ強い球を打てるという事。それが出来て初めて球の高低を自在に打ち分け、バックスピンを大幅に減らすことが可能になる。

そのための注意点は

肩を早く開かない、

ヘッドアップしない、

腕、肩を力んで伸ばし切らない、

グリップを浮かせない=ライ角維持

ですね。

右の写真が殆どのアマですね。

要するにライ角が維持できないので

上がるのが「一瞬早い」だけなのです。

低く打ち抜いてから上げる!!

相当な我慢が必要ですよ!!

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

脱力ですね

結局は、腕の脱力が全てなんですかね。
分かっていても出来ないんですよね。

しかし、最近、それしかないとの思いも認識出来るようになってきました。

打ちに行くと駄目

強く打とうとすると体は容易に突っ込みますね。そしてそれが一番の上達の障害になっていると思います。

しっかり右で降ろしてから球に向かえば腕はそんなに振らなくても飛びますから、スイングができるまで飛距離の欲望を抑えるのが良いと思います。
インパクト前後だけでヘッドを速く振ろうとする意識も無い方が良いです。とにかく飛ばそうとする意識は邪魔です。

飛んだ距離で良いスイングかどうか判断するのでなく、スムーズに振れたかどうかで良いスイングかどうか判断する方が良いでしょう。飛距離は参考程度に。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR