ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

右腕をねじって出前持ち シャフトクロス対策 1

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

beさん毎度です。
あっという間にクリスマスが過ぎ、もう今年も残り3日です。
年々月日が流れるのが恐ろしく早くなります(笑

> 結局は、腕の脱力が全てなんですかね。
> 分かっていても出来ないんですよね。
> しかし、最近、それしかないとの思いも認識出来るようになってきました。

まず腕で振るとその結果現象としてバランスが崩れ再現性が落ち、

フィニッシュまでスムーズにいかないので容易に自覚できますね。

腕が力むとフィニッシュで毎回同じ位置でピタッとは止まれませんから。

腕で振らないようにすると言っても問題はそれ以外の所にあります。

実は腕で振らざるを得ない最大の原因は「振り遅れ」だと思います。

良いタメはクラブの「縦方向の遅れ」で、

まずいのは「横方向の遅れ」=振り遅れですね。

要するに「振り遅れ」とはクラブが体に対して右にズレ過ぎる現象で、

そうなると腕を使って体の正面に戻さざるをえない訳です。

トップでのクロスでも体の前から大きくずれますし、

体の早い開きも振り遅れの原因になりますよね。

そうするとそのズレのギャップをどこかで埋め合わせする必要性が出ます。

その為に腕を使って帳尻を合わせざるをえないのです。

簡単には腕で強引に引っ張るか、手首の横のスナップを利用します。

それは同時に球を力強く叩いた気分させてしまいます。

常に体の前で振り遅れていなければ遅れを取り戻す必要性がありません。

他にも原因はあるのでしょうが私は振り遅れが最大の原因と感じます。


 フィニッシュとバランスを意識すると必然的に

背筋等の体幹、脚だけで振る様になります。

上体の力みは絶対に禁物です。

バランスを意識するとスイング中は結果的に嫌でも

爪先荷重に引っ張られれるので前に突っ込まない為に、

前後の軸の位置を維持するために意識は踵加重にもなります。

他のスポーツの様に「クラブを腕で振る」感覚を捨てないと

いけないんでしょうね。

私は「両腕を一つの固まりとして背筋で振る。

クラブはたまたまその先に握っているだけ。」

とうイメージです。

またH/Sを安易に手首のスナップで上げようとすると手首や腕が

しゃしゃり出てきます。これは絶対にダメですね。

インパクトの瞬間だけ強く引っ叩くだけでゾーンで押せないので

不要な左右のスピン、バックスピンが大幅に増え、

フェースの向き、軌道、スイングはグチャグチャにります。

 
 H/Sを上げるのはインパクト着前まで我慢した体の開き、

右肘の余裕、維持したライ角(縦のタメ)、我慢した右踵の蹴り

等によりインパクトゾーン全体で加速します。


クラブは常に体の前にあり、遅れて来ないからこそ

体の回転が速くなれば、必然的に長いシャフトの先の

ヘッドの角速度はとんでもなく上がる訳です。


 クラブを体の前に維持する要領は

「腕のねじりを上手く使う」のがコツなのかもしれません。

最近言っている「シャフトの前倒し感覚」と同じです。

またトップで右肘を下向きに維持する、右肘を浮かせない

(クロスさせない)ための右手の平を上に向ける「出前持ち」

も実は結果的な単純な形だけではなく「腕のねじり」を伴う動作

が非常に重要な要素になります。

出前持ちが良い悪いの議論ではなくて

兎に角最悪のトップでのクロスをまず防ぐ事が大前提です。

クロスさせない=レイドオフに「自在に出来る」コツが重要なのです。

クロスがまずい理由は、仮に長年の練習で一度外れたプレーンから

正しいプレーンにうまく戻せたとしても、

戻る反動でシャフトが必ず捻じれて変な方向に暴れ、

かつ惰性で必ずアウトに出易くなります。

男子プロでクロスはまずいませんし、

女子は体が柔らか過ぎて大勢いますが崩れ易いスイングになります。


 クラブを体の前に上手く維持出来ないアマは殆ど

腕のねじりを意識していないと思います。

この辺りは出来ている人たちは全く無意識に行っているので、

出来ていない人がなぜできないのかその原因が分からない

部分だと思います。

プロにとってアマが様々出来ない理由が理解できないのは

こういうことなのです。


ハーフウェイバックからトップにかけて

手の平を飛球後方に向ける様に腕をねじりながら

トップで右手の平を上に向けるとクロスしません。

クロスしないという事は、クラブが横に遅れないという事です。

そうすればヘッドは体の回転と連動するので、

腕で遅れを戻す必要性はなくなり、

腕を使う必要性は大幅に減ると思います。


また、最後の一ひねりが余分でオーバースイングして

クロスしてしまう原因は頭のスウェイです。

トップ手前で右膝、右腰をスウェイさせないのは勿論ですが

頭が右にずれればいくらでも体は回ってしまいます。

右への体重移動の為に頭を右へ動かしたらどうなるのか?

それを容認すれば必ず行き過ぎるに決まっています。

絶対にオーバースイングしてクロスで苦労する事は

明白です。

頭は常にクラブヘッドと逆に動かす。

そうすれば全てが変わります。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

手と体の向き

御陰さま,ずいぶん今まで疑問点が分かってきました。
大きい点は手は振り上げないという事,プロの写真では相当高く上がっているが
これで手と体のずれはないのか? プログの教えでやると手の位置が今までに比べて低いのと肩の入り方が少ない。右腕は出前持ちで 肘はしたを向く。上体は回さないで右足の蹴りで下半身のリイドで最期まで振り切る。 ただやっていて右の足の蹴りが弱い感じがします。右足を使うかわりに左足でバンプ気味の方が振る切り易いが結果的には同じhead speedみたいですが? ただし左足を使うと頭が動きやすい,軸がうごき易い気がします。 これでまた練習,寒いが 練習あるのみ。
既に雪が消えcourse はopenですがまず我慢して練習しましょう。今まで大きく上げて大きく振る,然し 今は 体との密着性、感じとしてはグリップエンドはいつもへそをさしている事、バックスウィングは縦,下ろすのは右足の蹴りから入り
振り抜く事。クロスは駄目。又練習の後に問題が出てきます,スウィングで問題無しという事はないのです,いつもどうして? 理由が分かれば 治せば良いのですが,分からない場合が多い。然しここ2/3日の改造では進歩が分かります。



tommy さん Re: タイトルなし

tommy さんコメント有難うございます!!

> ありがとう,今日の練習は体の前で振る、縦にクラブを上げるに集中。結果はまず振り遅れがない,振り抜きが前より良くなった。従って 球が掴まる。3Wではスライス気味が無くなりました。

良い調子ですね!!これならご理解頂けていると思います。ただ慣れるまでしばらくかかると思います。常に体の前にあるので逆にキャスティング、スナップ等手首、腕を利用出来なくなるので最初は加速できなくなります。右足のねじりをパワー源に背筋で腕とクラブ一式を重力落下を利用しながら放り投げる感覚が分かると以前より遥かに加速できます。硬い腕がムチの様にしなやかになり加速を邪魔しなくなるからです。

>ただDRではまだ芯を食わないので距離は出ない。一日2日ではまだまだ、ものにするまで
> 一年はかかると思うが,この他にもまだ悪い所が有ると思うので練習有るのみです。とりあえず報告まで。

いえ、完全に理解して練習すれば今の調子なら結果が出るのはずっと早いと思いますよ。ドラもアイアンも変わりません。変わる原因は飛ばしたいという欲求からトップが深くなり過ぎるからです。上体の捻転で打とうとするとオーバースイングになります。クロス方向に行くのは単純にヘッドが正面より右に行っているから。例えば体はアドレス状態で正面を向いたままクラブだけを右前約45度上の右肩上に担いだ後、体だけ回せば完璧なトップが出来ますよね。それ以上ヘッドがクロス方向に行き過ぎるという事はヘッドが体正面より右にずれているという事です。要するにドライバーになると縦コックではなく、横コックになってしまっているという事です。原因は多かれ少なかれ上体の反動を利用して打っているから。右腰から下の右脚の捻転で打つ様にすれば上体は関係ありません。そうなればクロスが減る=振り遅れが減る、という事です。

> 次に注意するとこは クロスです。 いままでのbackで 腕が 体の回転からはみ出していた,ただ高く 大きく振り上げると良いと思っていたがこれはどうも良くないみたいです。

完全に理解されていますね。後はその原因解明ですが、上体の捻転は要らないと意識して下さい。(実際には使いますが、問題は使い過ぎるからオーバースイングとシャフトクロスになる。)意識はへそから下だけ捻転を作ります。ほぼ右腰から下の捻転です。なぜ捻転か?ねじりは外部から見えません、軸も安定します。両股関節を擦る様に使います。逆に体重移動だとドタバタ大きく動き、力感が有りますがタイミングが合わないと大きくぶれます。それは遼君とマキロイの安定性の差です。遼君は力感が有り、体重移動が大きく足の裏がめくれます。逆にマキロイは足の裏がめくれずべったり張り付いたままです。なぜか?マキロイは見えない捻転で打っているからです。それは右脚のねじりを使っているからです。上体のねじりをつかえば見た目の力感が出て下半身はぶれてしまいます。

肘が下向きということ。

>tommyさん

ただ高く大きくはダメです。
以下の動画の1分50秒くらいからよくあるトップの説明をしています。ここで、同じように正面を向いたまま腕水平より高く上げてみてください。
http://www.youtube.com/watch?v=ff-BuNpbaqI
その際、右ひじのみ曲げます。肘を右に開かないでください。肘は下を向いています。そのまま体をひねると感覚的には割と体に近いところに上がるっているのが分かると思います。
ただ高く大きく上げる場合は、同じようにした場合、右ひじが右に開いている状態になります。これはシャフトクロスの原因にもなります。
許容できるシャフトクロスは単に体が柔らかくてまわりすぎた場合だけです。

ありがとう,今日の練習は体の前で振る、縦にクラブを上げるに集中。結果はまず振り遅れがない,振り抜きが前より良くなった。従って 球が掴まる。3Wではスライス気味が無くなりました。ただDRではまだ芯を食わないので
距離は出ない。一日2日ではまだまだ、ものにするまで
一年はかかると思うが,この他にもまだ悪い所が有ると思うので練習有るのみです。とりあえず報告まで。次に注意するとこは クロスです。 いままでのbackで 腕が 体の回転からはみ出していた,ただ高く 大きく振り上げると良いと思っていたがこれはどうも良くないみたいです。

くどいほど体の前で振る、振り遅れは駄目、縦にbackする,FINISHをとる、これで一応練習に集中できます。今まで何処が悪いかが分からなかった。で今度は加速です。体全体の動きをFINISHに向けて加速する、今日からやります。
これを続ける、そして結果距離が伸びる。 こうなると楽しい。

ヘッドを振ること。

どういう比較か知りませんが、30m余計飛ばせているのなら問題はないのじゃないですか?
でもなんでフィニッシュができないんですかね?ビジネスゾーンでクラブが振れていれば勝手にヘッドは振り上がってきて体が付いて行けばあそこまでいけます。ゆっくりした振りとかでは首にまきつくまでは自然にはいきませんが、担ぎ上げるまでは行きます。
グリップが両膝の間を移動するくらいの間にヘッドは右の端から左の端に行くようなものなので、その運動を利用するだけです。そこができていればフィニッシュまでいけます。
女子プロで身長のわりに飛ぶ人はこのビジネスゾーンでヘッドがきちんと振れています。勿論男性のような叩く振り方は多くの人ができないので、ダウンでアークを大きく使ってこの加速を得ています。
叩いて終わりでも力があれば飛びます。フィニッシュは形だけになります。

クラブは体の中に置く

このブログを見て練習にきまたブログを見て反省しそして疑問点をぶつける。今回はクラブは体の正面 右に上げるときもまた振る時もクラブと体は同調する、得にIMPACTは体の前です。そして3秒停止できる振り切るFINISH.
このときに腰の切れで球が飛ぶ、女子プロも同じスウィングですがどうしていい加減な男より飛ぶのか? これは不思議、腰の回転の早さも同じなのに。何か有るのか?その辺を伺いたい。普通の体格の男より30Mは出ていますが。

ライ角度の維持

ハンドダウンでアドレスからTOP、然し下ろすときには手首がのびてハンドダウンがハンドアップになっていた。

これは駄目でハンドアップは下ろす時でも維持しなければ
ならないと思いますが。

それからFINISH で3秒、5秒立てるスウィング、中途半端な空振りはしない方が良い、との事、確かです。

FINISHをいつも5回、とって、その後球を打つ、ボウル
代も助かる。ただし写真のような完全に体重が乗った
FINISH は出来ない。腰の回転力が弱いのです。然し手も振っていかないとFINISHは出来ない、手の振りが腰の回転
を補助するトいう理論もありますが?このとき肩を回すのかまたはあくまでも 肩は腰の回転についていくだけなのか?肩を意識してまわすのなら、またスウィングの感じが違います。この点教えていただきたい。
悩みはなんとしても後10M 距離が欲しいのですが。

明けましておめでとうございます。

年末ギリギリに発見!
ご無沙汰です!
ゴルキチさん最高です。
こんなに体の動き、意識の仕方が、詳細に記載されているのは他にありません。
文字ばかりで、なかなか理解に苦しむ時もあるんですが。(笑

でも、時間が経って体感し分かることも事も多々。

いつも、過去ものを読ませて頂いてますよ!!

脱力の話で、ゴルフ肘も、痛くなるような使い方をしていた事が、そもそも間違いという事も体感。
テイクバックから左肘に負担が掛かっていたのです。
それが、脱力とヘソ、つかり、体幹でのテイクバックで解消しそうな気配。
 (意識の仕方、ポイント、表現の仕方で色々ありますが。)

脱力、右手を開く、ヘソ、ドミノ倒し、腕のねじり・・・・・等々
私の最近の大切なキーワードです。

整理して本にして欲しいですね。
図や写真もいれて!(笑
バカ売れ、間違い無しだと思います!!

長文、ごめんなさい!
今年もよろしくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR