ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

シャフトクロス対策 3 レイトコックのリスク

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

新年おめでとうございます

今年も宜しくお願い致します

では早速反響がかなり大きかったシャフトクロス対策にいきましょうか。

クロス対策においてレイトコックとアーリーコックのどちらが正しいのか

という議論は殆ど成り立たないと思います。

前傾角度維持、回転軸維持、ライ角維持、

クラブは体の前に維持、等を強く意識すると

アドレス時よりも手首を伸ばしてインサイドに低く引く事は

そもそもあり得ないからです。

ヘッドを体の前に維持したまま手首を伸ばしたら

とんでもなくアウトに上がってしまうからです。

クラブと体を連動させる=ヘッドをなるべく体の正面に維持しつつ

ヘッドを飛球線上に真っ直ぐに引いていくならば

グリップは体の近くでコックを入れながらヘッドを上に上げていく

しかないのです。

左肩を押し込みながら左グリップエンドを下げていく事で

コックは自然に入っていくのでヘッドは早めに上がります。

ということはクラブを体の前から右へずらすことで

コックが入らない様にテークバックしていかない限り

レイトコックは議論以前にあり得ない。


一般アマのレイトコックはHWB時点で手首がアドレスより伸びます。

クラブヘッドと体の向きが全く連動せず、ヘッドばかりが先に

体の前から右へ低くずれていくのです。

この時多くのケースで、左手首を曲げるどころか

逆に伸ばしながら飛球後方に突っ張る様に

低くインサイドに押して行きます。

ライ角維持とは全く逆の動作になるのです。

コックは右横方向ではなくむしろ縦方向、

体の前方にするものです。実際には右40度程度ですが

イメージは横ではなくかなり前、縦です。

かなり以前のものですがこのビデオを見て下さい。



「縦にコックする」ものだと意識するだけで

スイングは全く変わるはずです。

また、真っ直ぐ引いてレイドオフのトップに収めるには

ある意味ジム・フューリックのループの様なイメージ

を持つと分かり易いです。



これをまねてビデオで撮ってもジム・フューリック程

極端に出来る物ではありません。

むしろアダム・スコットに近くなるはずです。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

cocking

コックの使い方、また上げ方、問題の多い議論ですが
これを意識するとせっかく出来た 下半身主体の動きが
手にいってしまう、ですから横に水平のときに手首を入れると90度になるから アドレスで作っておいたら この90度が出来ると思ういますが、どうでしょうか?
悩みはDRで真を食わないが3Dでは良いたまげ出るのです。プロはコッキングを使わないととばないという。

シャフトの長さで変わる。

まずコックですが、アーリーコックで親指方向に曲げるという感覚は私には皆無です。そもそも早くに手首で曲げたものは手首の力で保持しなくてはいけませんから無理です。
左手を押し下げてテコで上げるなら手首の力で保持する必要はありません。プロみたいですが間違っているかもしれないことを教えるのは良くありません。

レイトコックは腕水平で腕とシャフトが90度くらいにならない場合と考えています。そこに至る前に90度になっているのをアーリーコックと考えています。
アイアンの場合は普通に腕水平でコックが入り、ウッドなどでレイトコック気味になる人はプロでかなりいるように思います。ダウンでアークを大きく取る人の場合レイトコックが合うと思っています。シャフトクロス自体も打ち方次第では許容でき、実際に一流男子プロに居ますので否定的な見方はしていません。ただ、ここでずっと一貫している形のダウンスイングだと許容できることはないと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR