ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

Pump drill 3 トップしなり、腰の回転とオーバースイング

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

前回の続きですが、完全な説明はテークバック時まで

遡らないと困難でしょう。

グリップを真下におろす以前にまずタメが必須です。

タメが無いという事はアンコックが早いという事なので

グリップを真下におろすと先にヘッドが下り確実にダフります。

殆どのアマがグリップを体近く、縦におろし切れないのは

確実にダフる、そもそもあり得ない軌道だと思い込んでいる

所を通るからだと思います。

シャフトが立ったままの状態とは

=ヘッドが時差をもって後から下りて来るということで、

だからグリップをインから真下に向けておろし切れるのです。

しかし、時差=ラグ=タメは

テークバック最後のトップ形成時に既に作られます。

トップ後のダウン時に作るものではありません


だから、テークバックまで遡らないと説明は無理です。


 「左腰の動きを止めない」意識

「左腰の動きを止めない」意識と手首の脱力が

オーバースイング防止とトップでのタメ作りの秘訣です。

先日のモノフィンの腰の動きも関連していますよ。

このビデオが非常に分かり易いいです

当然女性だけではなく全ゴルファーに共通しています。



これでまずオーバースイングが解消されるでしょう。

この時、手首を柔軟に維持することが大前提です。

腰を止めない=トップ以前に腰を切り返すことになる。

なせなら手首は柔軟なのでヘッドは慣性で直ぐには止まらないから。

これでオーバースイングが左腰、左ひざ、左踵で自在に制御できる筈です。

手首が柔らかい故にヘッドは腰とは逆にトップに向かい続け

タメ、ラグがより深くなります。

絶対条件として腰の回転と一緒に肩が開いたらアウトですが。

へそが前を向いても肩は右向いてる感じですね。

感覚としてはトップはグリップは肩の高さまでで

その後はヘッドだけをトップまで慣性、惰性で放る感じで、

その時グリップは先に腰に引かれて真下に落とします。

この時ヘッドとグリップが逆方向に動くので

初めてトップ撓りができるのです。

トップで腰が止まっていたらトップ撓りは出来ないですよね。

 事実上グリップは自然に落下するわけではなく

左腰に引かれながら、背筋によって腕ごと振る訳ですが

その時肩はまだ開いていないので腕はトップからほぼ真下に振られます。

グリップはかなり体に近くインからおります。

出来ないアマにとっては絶対にダフるでだろう、あり得ない軌道です。

タメがないと確実にダフる軌道です。

真下に振る時腕全体に重力を大きく感じます。

真下に振ると言っても腕、グリップが真下であり、

クラブやヘッドを真下に振る意識はありません。

ダウン初期の真下方向への加速は重力落下の利用が殆ど

という感覚です。

以上から特にクラブは自然落下と言いますが、

下方向は重力を利用している、ダウン初期はまだ振らない、

腕で下方向には振らないという事です。


この時、いつも言っている「右踵が浮かない」ことが恐ろしく重要で

右踵裏が早く浮く事=肩が早く開いている証拠であり

=タメが早くリリースされている証拠につながり

=それはアーリーリリース、キャスティングと呼ばれ

=肝心なインパクトゾーンのはるか手前でパワーを出し尽くしている、

さらには左や前に突っ込んでいる、という事になるのです。


左腰が回っても、右踵が浮か無ければ肩は開かないのです。

もし、右踵を蹴り上げなければ切り返せない、と言うなら

その原因は手首の柔軟性とラグがない、腰が止まっているからです。


体感方法は

手首をグラングランに柔らかくして、

ヘッドがトップに到達するずっと前に

腰から先に切り返すことでコンパクトトップで止めて

その後脱力した柔らかい手首によってヘッドだけを慣性、惰性で

トップまで行かせてコックを深くし、

「トップ撓りを感じられる」事が目安になります。

腰を先に切っているのでヘッドの慣性がなくなり次第

勝手に切り返しに入ります。

この時切り返しと同時に頑張って右足を蹴りながら振るのではなく、

左腰の引きと腕にかかる重力を最大限利用して

左手の平を下向きにして左手首を真下に落としていくイメージです。

この時ヘッドの振り遅れは全く意識しません、

ヘッドは終始惰性に任せ操作しません。

むしろ上に残す、遅らせます。残さないとダフリます。

ここで勘違いしないで欲しいのは

ヘッドを縦に遅らせる事と、振り遅れはの差は

「肩の開き」なのです。

肩が開いて、シャフトが寝てヘッドが遅れると

体の回転に対してヘッドが遅れてしまいます。

これは完全に勘違いのNGでただの振り遅れです。

ヘッドが体の前にあり遅れて来れば=シャフトが立った状態

ならばOKなのです。

ヘッドが体の前と言うより、上体、肩のラインをヘッドに向けておく

と言った方がいいでしょう。

また、速く振ろうとすると早く右踵が浮き、肩が開きます。

我慢して「グリップを下してから蹴る」

それまで右踵を浮かせなければ、肩も開かないし

角速度は勝手にかなり上がるのです。


キャスティングは「振り遅れを防ぎたい」もしくは「ヘッドを早く加速させたい」

という意識による現象で、腕と手首を使って振っています。

実際問題、手首でもヘッドはかなり加速できます。

しかし慣性で走らせた方がそれより遥かに加速できるのです。

手首を使うとむしろ減速させるのです。


試しに上記を意識して手首をぐにゃぐにゃのまま最後までスイングして

素振りし続けてみると100回振る前にかなりの事に気が付くと思います。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR