ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

Pump drill 4 右肘はインパクト後に慣性で伸ばされるだけ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

匿名さん、コメント有難うございます。

また良いビデオをご紹介いただき大変有難うございます

> なるほど。ポンプアップドリルと脱力の関係は分かりました。ありがとうございました。
>
> ここで派生した質問ですが、宮里藍プロの太極拳スイングですが。。。


>
> これもシャフトが立って降りてくる様子がよくわかりますが、これは、右ヒジが曲がっているので、脱力をしていないように思いますので、非脱力系と考えてもいいでしょうか?
>
> 実は、両方を薦められていて、ポンプは右ヒジが遠心力で伸びる脱力、太極拳は右ヒジを曲げたまま下ろす非脱力で、どちらが良いのか、迷っています。
> よろしくお願いします。

このビデオは分かり易いですね

私も太極拳スイング真似てみました。

この時もスイング中ずっと右肘、右腕に意識は全くないですね。

もちろん右肘の形は非常に重要ですが、あくまで単なる結果です。

なぜならトップからグリップを縦におろすと

その軌道がかなり体に近くをインから通る為、

腕全部が通る空間を空けるために尻を背後に引いて右懐を広げ、

さらにグリップの軌道を最優先するため、

右肘は必然的にかなり背中側に押し曲げられ

右肘先端はさらに背後を落ちていく位の感覚なのです。

この形は脱力で初めて可能であり、右肘で作るのは無理です。

また、シャフトが首に巻き付きながら立っておりるのですが

その為には左グリップが下で右グリップは上にあります。

従って右肘は曲げておかないとタメも解けてしまいます。

右肘が伸びるのは遥か後でインパクト後、慣性で伸ばされます。

従って右肘は伸ばさない、力まないことが重要です。


 ダウン以降インパクトゾーンでも右肘を意図的に伸ばす動作は

有りません。慣性で伸ばされるだけです。

振り遅れ防止の為、ヘッドの加速のために右肘を伸ばしても

慣性以上の加速は不可能でむしろ加速を邪魔するだけで、

アーリーリリースやキャスティング、アウトサイドイン軌道

を招くだけです。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

>Kenさん

このスローなスイングは実際のもののスローモーションでは決してありません。より感覚的なスイング像と考えたらよいと思います。
なので、お考えの通りで正解だと思います。

インパクトゾーンは割といい加減な人が多いです。速いですからね。そこでもコントロール可能なので、ゆっくり動かすことによって曖昧なものをクリアにできたら、コントロールしやすくするという意味でしょう。

太極拳スイング

この超スロースウィングで気づいたんですが、それまで縦に回ってきたシャフトの回転がインパクトゾーンで減速するように見えます。 

ヘッドではなくて、手(グリップ)の動きから見ると、右肩の前から縦に重力落下してきたのが身体の正面に収まり、それ以上左には行かせないから、こう見えるのだと思いますが、いかがでしょう?

実際には慣性力でヘッドは走っていくので、こういうことは起こらないと思うのですが、感覚的には手が止まる(減速する)感じなんでしょうか?

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR