ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

桑田 泉プロのクォーター理論「シャフトの前倒し」 1

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

はじめまして!サトルさん、コメント有難うございます。

非常にタイムリーでナイスな質問有難うございます。

まず最初に、右手や手首を使ったらマズイですよー

> スイングに悩み、色々と彷徨っていたらゴルキチさんのこのブログに辿り着き、拝読させていただいております。
> さて、私もクラブを立てて使うことが出来ず、左手で引っ張ってしまい、あ~だ、こ~だといろいろ練習している最中です。
> ここ2年ほどシャンクも止まらずまいっております・・・
> 最近見つけた、下記の練習?もやってみたのですが、かなり右手首に負担が掛り、少し痛め気味です。


>

> こちらのアプリケーションレッスンと言うところの、クラブを立てるために先に返すと言うのは、どのような意識で行うものなのでしょうか?
> ゴルキチさんのブログ内のクラブの前倒しと共通点があるのかな?と思い、不躾ながら質問させていただきました。とにかく、右手に相当力が入ってしまいます。
> なにかしら、アドバイスなど頂けましたら幸いです。


 私の言っている「前倒し」は人気ティーチングプロ、

クォーター理論の桑田 泉プロの「シャフトの前倒し」と同じ

意味で使っています。

語源は桑田プロだと思います(違う?)

このビデオは初めて見ましたが、その方法に驚きました

「前倒し」の結果は同じでも、方法は全然私とは違います

少なくともこのビデオの説明ではサトルさんの様な誤解が出るでしょう。

と言っても、理論の批判をするつもりではなく、

手取り足取り教えてもらえれば本当は正しく出来るんでしょうけど。

この説明での手の使い方はかなり誤解が生まれ易いと思います

まず、直接手の操作で倒すなんて絶対にダメですね

むしろ手首は脱力して、グリップを下方向に下ろすだけで、

ヘッドは勝手に先に前に倒れてくれるんです。


直接的な複雑で細かい手首の操作ではなく、

もっと単純で再現性のある大きな筋肉を使った動作による

間接的、結果的な動きなのです。

グリップはビデオの様に横に動かしたらそもそも正しくないので

ビデオの様に手で倒す他なくなります。

グリップは横ではなく縦に動かすものです。

難しいのはグリップ軌道とヘッド軌道は全く違うという事です。

グリップが縦に落ちた落差でヘッドはインパクトプレーン上に乗り

そこからプレーンに沿って滑り降りて来るので

グリップ軌道よりは遥かに水平に近いのです。

グリップ軌道は縦、ヘッド軌道はプレーン上です。

そうイメージするだけでも変わると思います。

「前倒し」はヘッドを体の正面に維持するための

イメージであり、結果です。

手首では操作しません。

グリップを左に引っ張ればヘッドが振り遅れ、

体の正面から右にずれます。それを寝ると言います。

前倒しとはグリップを左に引っ張らずに下に下ろしている間に

ヘッドが自然に追いついてくる動きなのです。

グリップを左に動かしているから、ヘッドが遅れる、追いつく間がない

だから手首で無理に前倒しをしないと追いつかなくなる、

という事なんです。

言葉では説明が難しいですが、先に結論から言っておきますね


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

プレッシャーポイント

形だけで入っているから手首でこねたり引っ張ったりするんですかね。The Golfing Machineの受け売りではないですけど、プレッシャーポイント#1(右の親指付け根、生命線に沿ったあたり)に抗力を感じながら下ろしていく感じがいいのかと私は思ってます。右の指先や手首でこねてもタメなんてとうていできませんからね^^;。ヒッティングポジションでヘッドの軌道が右下に回りこんでインパクトポジションでプレッシャーポイント#3(右人差し指付け根)で押していく流れなのかな。説明って難しい、、、、。

Re: AvispA さん

AvispA さんコメント有難うございます。
タイムリーで何よりです!!

> まさしく丁度この動画を見てどうなのかなーと思っていたところなのでびっくりしました!
> 実際練習場でやると手首をこねるようになっちゃってあれー?って思っていたので、動画解説楽しみにしています!いつもお忙しいでしょうがブログがんばって下さい!!

元巨人軍の桑田真澄投手のお兄さんですね。今凄く人気ですし、理論としては分かり易く素晴らしいと思います。前倒し感覚は非常に分かり易い感覚で私も良いイメージです。しかしあのビデオの方法論になると、やはり手首をこねちゃう方が続出すると思います。桑田プロはもちろんご自分では出来ているのでしょうが、アマは誤解するでしょうね。グリップを下に下げ、エンドを体幹に向けて引き付け、トップしなりを感じてヘッドを自由に行かせるようにすると勝手に前倒しします。要するにグリップが遠回りして時間を稼ぎ、前倒しの支点のグリップエンドを体に引き付け、ヘッドは最短距離であるインパクトプレーン上を落ちていくので振り遅れ(ヘッドが体の右側にある状態)が解消され、体の正面=アドレスの位置まで勝手に戻る、ヘッドが自然いそうなる様にグリップを自分の玉の近くに引き付けるのです。しかし、手首でヘッドの動きを操作しません!!操作したら再現性は無くなり、手首も痛めます。

またコメントお待ちいしていますね!!

初めてコメントさせていただきます。
まさしく丁度この動画を見てどうなのかなーと思っていたところなのでびっくりしました!
実際練習場でやると手首をこねるようになっちゃってあれー?って思っていたので、動画解説楽しみにしています!いつもお忙しいでしょうがブログがんばって下さい!!

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR