ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

タメを維持=シャフトを立てる=左グリップを下に 1

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

タメを維持する最重要点ですが

結論から言うと左右の手の上下関係なのです。

タメを維持する=シャフトを立てる=左手は常に右手の下です。

右手が上ではなく、能動的に動かすのは右手ではなく左手

なので「左手を下」の意識だけの方が良いです。

「右手が上」と意識すると右手が能動的に動き易いので

その場合は右手は意識しない方が良いですね。

左手下とだけ考えましょう。

グリップを縦に真下に下ろす意識の理由は、

左グリップを常に下に位置したいからです。

常に左グリップを小指側から左手甲を立てる様に下げて行けば

右手を上を意識しなくても必然的に、嫌でもシャフトは立ちます。

そして、左グリップを下げるほどシャフトが立ち、ダフり難くなります。

逆に左グリップを上げるとシャフトが寝て、

ヘッドが下がるのでダフります。

この現象を頭と体の両方で理解できないと、

グリップを思い切って縦に真下に下げ切れないのです。

殆どの方はダフリの恐怖から逆にグリップを下げ切れない、

ダフるほどグリップを逆に上げてしまい、

左グリップが上がり、シャフトが寝て、ヘッドが下がるという悪循環を

理解できず繰り返すのです。思い切って左グリップを下げてみないと

その負の連鎖から永久に抜け出せません。


シャフトが寝てるのはトップだけですが、

トップではヘッドがトップに至る前に既に腰は反対方向に向かっているので、

トップではグリップとヘッドが反対方向に動いて拮抗した所で、

オーバースイングせずに緩まずピタリと止まり、

トップしなりも出来るのです。それが正しいトップ形成の理屈です。

トップが決まるもう1つ重要な部分は左手の親指で、

トップではシャフトが左手親指に乗り、そこがトップしなりの支点になり

しなりと重量、プレッシャーを感じる重要な部分です。

しかし、ダウン時点でその左親指でグリップを押すような

操作は絶対しないことが重要です。

あくまでトップ形成の為に重要な部分である、と言うことです。

「順しなり」である「トップしなり」が出来る条件は、

ヘッドの重量を感じる柔軟な手首と、止まらずに動き続ける腰です。

多くの方は左腰の反対方向へ回転(一般的に左腰を切る動き)を

切り返しの初動だと認識していると思いますが、

実際はそうではなく、左腰を切るのはトップ形成のための動き

と言えます。

トップ以前に反対回転を始めた腰によってグリップは既に下に

引っ張られているので切り返しの動作が無くてもグリップは自然に下がり始めます。

グリップが下に引っ張られて、左手親指支点で反対方向に行こうとする

ヘッドと拮抗しいるのでトップで順しなり=トップしなりが出来るのです。

その張力と重力を合わせて「自然落下」と感じられるのです。

悪い例が、腰の右回転が止まったところがトップになって、

緊張なく緩んだオーバースイングになり、だからトップしなりできず、

さーて切り返すかと一気に左腰を切り、左へガバッと体重移動、肩が開き

右踵が浮いて、腰が前に出て、ガバット手首をリリースするので

一気に体全体のタメが解けてアウトサイドインで擦る・・・・・。


この「左腰切り」と言われる動きは実は切り返し初動ではなく、

トップを緊張、拮抗させてヘッドのトップ位置を決め、

トップ撓りを作り出するための重要な動作と考えたほうが良いです。

本当は「切る」という過激な言葉より、

単に「腰の動きを止めない」と考えた方が良いと思います。

つづく



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR