ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ダウンでの「シャフト前倒し」感覚≒ローテーションの関係

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

連続投稿です。

「前倒し」感覚は「ローテーション」の動きでもあるのです。

ダウンで左グリップを落としながら、グリップエンド=左手小指側を

体幹、回転軸に向けて引き付けます。

その時にトップで出前持ちの様に上を向いていた左手甲を

左手小指を体(自分の股間の玉方向)に引き付ける様に立てて行く

=左手小指側を絞り込むように左手甲を飛球方向に向けていく、

この動作は意識としては殆ど直線運動なのですが、

ヘッドの慣性によって自然な回転運動を引き起こし、

それこそがローテーションであり前倒し感覚なのです。

左手甲を立てる様に左手小指を下向きに玉方向

に引き付けていく直線運動で勝手に回転運動に変わります。
(手首が柔軟でアーリーリースしなければ)

グリップ軌道と、シャフトの角度とヘッドのプレーンは

それぞれ皆かなり違うので混同しない様に、

ヘッドはインパクトプレーン上を滑り降りて来る、

と言うイメージをしっかり持ってください。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

自然なローテーションの邪魔者

ゴルキチさん、ヘソスイングではお世話になりました。
野球スイングから少しはゴルフスイングに近づけたのかと・・・自画自賛ですが(笑

ヘナチョコの戯言と思って聞いてください。
今回の記事とても大切な部分であって、ボクがヘソスイングで手に入れようとしている、正にその部分だと思いました。
書いてある通りで何も文句はないのですが、只一つだけ。この時、どーしても邪魔をしたがるヤツがいると思っています。
それは、右手の親指です。
切返してダウンに入って、右親指が少しでも加圧すると、ふたつのミスを誘発するよーです(苦笑
ひとつは、ヘッドが落ちることです。これは、トゥダウンを増長するし、左手首の縦コックを破たんさせます・・・と思ってます。
ふたつめは、左腕の柔軟な動きを阻害することです。これによって、左腕が硬直してローテ不足に陥り、行き場の無くなった左肘が引けます・・・と思ってます。

じゃーどーすればいいのか?
右グリップは、アドレス~フィニッシュまで中指と薬指で引掛けるだけで、手のひらをパーにして親指をはなしたままても、打てちゃうんですね(笑
最初は、とても左手首のコックを維持していられそーに思わず、怖かったですけど。
これができると、ダフることが非常に少なくなって、何より左腕が自由で伸びたままフォローへ。左肘は引けません。

ですけど問題点が・・・
かっこう・・・悪過ぎっすよね(苦笑
で、切返しの瞬間からフィニッシュまで親指だけをシャフトから離してみました。
まあまあです(笑
でも、本当は最初からずっと右手をパーにしていた方が成功確率が高いです。

ボクの戯言・・・ですが、どーなんでしょうか?
ヘン・・・ですか?
いつも長文申し訳ありません。

>ktokm2さん

スタンスを開いてまっすぐ立ちます。クラブを体の前、中心くらいでおへそより少し下ぐらいですかね、まっすぐ地面と水平に前に出して持ちます。
そこから右ひじを曲げながら腕を上げます。左腕は真っ直ぐなまま。肩の高さまでグリップを上げるとヘッドは右に倒れていますよね?右腕が短くなったので真っ直ぐにヘッドは上がることはありません。
そのまま体を右に回して少し体を前に傾けるようにするとトップに似た形になります。その時のクラブの倒れ方って少しレイドオフだと気が付くと思います。
余計な動きが無くトップができるとレイドオフになります。

ご質問

いつも楽しく拝見しています。ご質問ですが、自分はトップがレイドオフ気味なのですが、スクエアなトップと比較すると左手が上になっている感覚がします。レイドオフは駄目なのでしょうか?

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR