ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

左手の甲の向きに細心の注意が必要

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

 左手の甲の向き=左右の手の上下関係で殆どスイングの成否

は判断できます。

アドレスでの左手の甲の角度をなるべく最後まで維持します。

肩から下は一切アドレスと変えずに肩を回して行けば

いいだけです。

シャフト水平位の肩が回らなくなる辺りから

右腕で右肘を曲げて行きます。右前腕を垂直に上げます。

懐が窮屈で右肘が背後に引けてしまう方は

左肩の入れ方が足りない=グリップが体に近すぎる

からで、もう少し頑張って左肩を回し、グリップエンドを

飛球線後方もう少し遠くに押せば右肘は中に入ります。

意図しないフライングエルボーはフォローでの

左肘の引けと全く同じ現象で、

行き場がない右肘が背後に逃げているのです。

そうなるとほぼ例外なくトップでクロスします。

 
 多くのアマはテークバック初動から左腕の上側の筋肉

を使って肩の回転ではなく手先だけでヘッドを押すので

時計回りに左手が上がり、右手が下がります。

要するにフェースが開き、ヘッドは体正面から右横にズレます。

こうすると体を回転せずに楽してテークバックできるからです。

 
 また、頭や上体がスウェイすると軸が右にずれ、

肩が横回転するのでヘッドが上がらず、インサイドに入り込みます。

かなり多くのアマが意図せずともそうなっています。

テークバックで頭を右へ動かしてしまうので

軸も一緒に大きく右にずれ、そうなると当然起き上がるので、

ヘッドは上に上がらずインに入り、スイングは修正不能な程

ぐちゃぐちゃになります。

平気で頭を動かせと指導するコーチも多いので

アマは何が悪いのか原因が全然分からなくなるでしょう。

頭が少しでも動くと当然軸が右に動きながら傾くので

ヘッドはプレーンからかなり大きくズレます。

それを修正することなどほぼ不可能です。


とにかく手の甲の向き=左右の手の位置関係をもっと意識して

シャフトを立てて使い、

ヘッドの横の動きよりも、縦の動きに注目した方が良いです。

ヘッドをもっと上に上げる意識を持ちましょう。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR