ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

究極のライ角維持の条件

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

タイトルは大袈裟ですが

要するにライ角維持に関しては

左手は、ず――――――っと押し下げてますが、

右手は逆に、ず――――――っと左手より上に引き上げているのです。

アドレスも、テークバックも、

インパクトゾーンも、ライン出しショットではフォローも、

ず――――――っとそうです。

左グリップだけ必死に下げまくっても、

テコですし、慣性が加わったヘッドって激ヘビーですから

もう片方の右手が左手より下がっていたら

全く無意味ですよね。

右手は球を打ちにいかないとか、

右肩を下げないだけでは全然不十分で、

常に上に引っ張り上げているんです

左手より下に行かない様に、インパクトでも。

右手は無駄に必要以上は使いたくありませんが、

使い過ぎないだけで実際は常に使っています。

アドレスからず――――っと、

HWB以降は重いヘッドを右肩上までつるはし同様に右腕で上げます。

その意味では極端に左腕1本だけのスイング意識では

ライ角維持も不可能、HWB以上にヘッドを上げるのも不可能です。

特にインパクトゾーンではヘッド重量は慣性も過激に加わり

超激ヘビーなので、左手首だけで維持など全く不可能で

右腕で引っ張り上げておかないとテコになりません。

その意味ではよく議論される「どちらの腕が主導か?」

は大概ミスリードが多く、

正解は両腕を正しく、しっかり使う、になってしまうでしょうね。
(あくまで縦の動きに関してであり、横の動きは体の役目ですが)


次回は、ライ角維持の秘訣は

テークバックは左肩と左手首とヘッドでできる三角形を維持して上げ、

そこにコックを追加し、インパクトまでその三角形を維持する。

常に面は垂直に立てます。

しかし、強大な慣性によってコック分は意志に反して解けてしまいアドレス時のライ角のみが残る。

ヘッドを振らないで左グリップと三角形を振ります。ヘッドを振るとコックが解けます。ちょうどイメージは硬式テニスのバックハンドで三角形を振ります。

それをライ角を維持すると言うが、右手を引っ張り上げておかないと三角形を維持することは不可能です。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

引きと押し

> よし子さん

プロのスイングをyoutubeで見てもインパクト時には胸も肩も開いていますよね?それでも開いていないというのはこじつけにしかなりません。開かないつもりで、と言うのも実は説得力に欠けていて、悩んでいる人には疑心暗鬼になる部分です。
肩を開くという意味に、胸を左に向けるという意味と、左腕を引きから押しに変えるという意味があって、混同して使っているからです。肩の肩甲骨あたりだけで考えたら、開く閉じるも考えられるかも?
体の真ん中で球をとらえましょうと言うのは、引きを押しに変えましょうということでもあります。

左の動きを止めるというのはフックを打つ時に腕の返りを速めるために行うことで、意図しないで出る癖球であるドローを打つ場合は意識すべきではないと思います。スイング軌道とフェースの向きだけでその人の持ち球(癖球)が決まります。ドローを打とうとか、フェードを打とうとか思わず真っ直ぐ打とうとすればどっちかの癖球が多くなります。

トップやダフリはここでも書かれているように左肩の上がり、右肩の下がり、体の伸び上がりや沈み込みが原因の事が多いです。また、体が左右に動きすぎる場合も原因になります。
また、クラブを横に使ってしまうことでのアーリーリリースも原因になります。左腕は正面から見ればずっとローリングしてライ角維持できていれば、クラブを横に使うことはないのでダフるならテークバックを少し早く持ち上げるだけです。

いずれにしても肩の開きとはあまり関係がありません。
インパクトの基本は腕も体もスクエアに体の中心で打ちましょう、なのでそれを実行しているときに動きを阻害するようなものは間違っている動きである可能性が高いです。

「肩を開くな」という言葉に動きの詳しい説明が無ければ、自分で勝手に拡大解釈する必要はないです。文字通り肩を開かないで上手くいかなければそれはダメな言葉なのであって、分かるような説明を探すか、要求するか、捨ててください。

ライ角維持

bugwineさん

いつも返信ありがとうございます。
三年間、愚直に肩の開きを抑え続けた結果、軌道が完全にインサイドアウトになり、トップとダフリが止まりませんでした。
本日体の正面でインパクトする意識でスイングした結果、ドライバーで350y飛びました。
肩を閉じるスイングは200y前後です。
これは、一般的にアマチュアは肩を開くアウトサイドインの傾向にあるので、肩を開くなというスイングの結果でしょうか?
それとも、キャリーで350y飛ぶ自分のスイングが間違っているのでしょうか?
インサイドアウトの軌道に対して、肩を開くなというのは、スクエアの軌道は一生得られないのではないか?と思いました。
ただ、肩を回す意識でも、下半身は左腰が切れてかなりテンションがかんじられます。
今までの自分は、左肩がトップからインパクトまで不動でした。
正解が分からないので質問します。
ちなみに体格は164cm48kgです。
よろしくお願いします。



ライ角の維持とレイドオフ

>よし子 さん

ライ角の維持はクラブの本来の機能を引き出すものです。
インパクト周辺では一番ヘッドが走る部分なので、大丈夫だと思いますよ。

インパクト周りでライ角を維持しようとすると、ヘッドを安定したプレーンに乗せてやることが必要です。そうすれば大きな力なしにライ角維持できます。
得てして、バックスイング、ダウンスイングではグリップからヘッドまでを一直線にしたがる人が居ますが、無理なく上げればレイドオフします。
グリッププレーンとヘッドプレーンは必ず交差するので、最初は少し意識してレイドオフにしても良いかもしれません。
ただし後ろにヘッドを垂らすのでなく、左腕をローリングさせてレイドオフにします。そうしないとレイドオフの効果はありません。
チャレンジしてみてください。

ただし、バックスイングからダウンスイングがループする人はレイドオフは関係ないです。アマの半分くらいはループするように思います。(無意識が多い)

右手と左手の引っ張り合い

スイング中に右腕を引っ張り上げるという表現をされていますが、少しわかりにくいのではないかと感じます。クラブを持たないで、なおかつ右手と左手をグリップしないでシャドースイングすると右腕と左腕はどんな動きをすると思いますか?両手が合わさったまんまでバックスイングすると思っている人がほとんどではないでしょうか。そうではなく、左手は胸と直角に前方方向、右腕は左肩と右肩を結んだ延長方向にあげます。弓を引く動作ににているでしょうか。伸筋動作を主体としています。(屈筋動作は絶対駄目)したがって両手をグリップしてバックスイングすると右手と左手は引っ張り合いをしている感覚です。また、テコの説明ですが、バックスイング時は第1種テコ、ダウンスイング時は第3種テコです。すなわち、バックスイングのときは右手(正確には中指と薬指の付け根)が支点、左手が力点、クラブヘッドが作用点になります。ダウンスイングでは左手が支点、右手が力点、クラブヘッドが作用点です。そのように操作することによりレバーシステム、レバーアセンブリーが成り立ちます。

ライ角維持をやってみました

本日練習にきたので、ライ角維持をやってみました。
すると今までインから煽ってトップばかりだったのが治り、ほとんどが芯を喰っていました。
ミスはほとんどありませんでした。
そして今までと比べて明らかに伸びる球になり、飛距離も1.5倍くらいに伸びました。
本当に究極です!!
ただ、インパクト付近でヘッドのみを横に振っている感覚なのですが、間違いなのでしょうか?

Re: チビ太さん

チビ太さんお久しぶりです!

シャフトの角度の問題ですよ。 右こぶしが左こぶしの真上にあり、両拳が縦に垂直に並んでいるとシャフトも垂直に立ちます。シャフトが寝る時は両拳が斜めに位置します。シャフトは一度寝るとヘッドの重さで更に寝ます。そこが怖いところです。寝ているか立っているかはスインガーは重さでわかります。その重さに敏感になるとシャフトを立てて使うようになりますよ。

もう少しのきっかけでシングルです。

お久しぶりです!いつも、楽しく読んでます*\(^o^)/*、近況ですが、Hc14、スコアも平均85.22まで来てますが!しかし、ここからが中々なんですよ😭いつも、記事に出てくるんですが、右手が左手より上が、いまいち??です、左手手首の上に右手が乗ってる感じで打っていますが、このことですか?また、お願いしますm(._.)m

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR