ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

左親指と手首で「間」を感じる、右肘がへそまで先行する 1

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

トップでのシャフトの倒れ込みを感じていますか

飛球線後方から飛球方向平行にシャフトが慣性を伴って倒れ込みます。

かなりの重量になりますので、普通に振れば行き過ぎて

オーバースイングになって当然なのです。

その時、私は左親指第一関節と手首でその重さを感じます。

そこから、ダウンでの「前倒し」直前までの間ずっと

シャフトの圧力で左親指の上に乗っている事を感じとります。

このシャフトの圧力で切り返し、トップしなり、間を感じます。

乗っている時間が長いほどGoodで間が出来、タメが深くなります。

では乗っている時間を長くするためにはどうしたら良いか


 まず親指はシャフトを柔軟に受け止め続けます。

当然突き放すようには押さない。

その為には、ダウン時はグリップをトップの位置に放置して

右肘から落とします。

勿論シャフトの切り返し以前に腰は反時計回りに反転しています。

ですから、腰、肘、最後にグリップの順になります。

肘よりグリップから先に落とそうとすると、

コックがすぐ解け、圧力が消えます。

右肘を右体側よりもなるべく「へその近く」に落とします。

へそまでグリップよりも右肘を先行させる様な意識です。

右肘を絞るのではありません。

絞る意識だと右肩が落ち、フェースが開きっぱなしになります。

絶対に右肩を落とさないで右肘をへそに向けて落とします。

殆どのアマはそれが出来ません。

その理由はトップでの右肘前腕の向きの違いと

トップまでの意識の差にあります。

まず、トップで右前腕の角度が背中側を向き過ぎている人が殆どです。

要するにフライングエルボー気味に右脇が空いている為、

へそ向きには切り返せないのです。

そもそもその重要性に全く気が付いていない為、

左右の肘の間隔を無視しているのが殆どでしょう。

気を付けていれば仮に外見が同程度右脇が開いていても

ダウンで方向転換は可能です。

また、非日常的な動きですから、そもそも肩甲骨の可動域が

普通よりも広くないと難しい動きではあります。


 トップの位置、右肘の角度が正しければ

シャフトを左親指に限界まで乗せていても、

要するに自らアンコックは一切しなくても

肩が開いたり、突っ込んだりしない限り

振り遅れずに勝手にローテーションしてます。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR