ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

打ち急ぎの原因と解決方法 1 体重移動は左右ではない

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

mecha さん、はじめまして!!コメント有難うございます。

>ゴルキチさんはじめまして。いつもゴルキチさんのブログを楽しみに、そして私の中で一番のレッスン書として愛読させて頂いております。

打ち急ぎについて質問させて下さい。私はどうしてもトップ付近までクラブが上がり左への軸移動をしHWD付近まで自然落下、重力落下が待てず振りにいってしまいます。ゴルキチさんの教えでイ~~~チをHWDまでをなんとか会得したいと脱力や捻転などゴルキチさんのブログを繰り返し読んでは頑張ってはいるのですがコツが掴めずにいます…。

>松山選手や藤田選手などを見ているとトップで一度止まっているように見えるのですがあのようなトップにしたが最後そこから打ちにいってしまっているのが現状です。トップの形にハマる前に軽く左へ軸移動をし右肘真下落下でグリップを右太腿にグサっと行くあたりまでがイ~~チという感覚でよろしいのでしょうか?

>松山選手はなぜ腕を脱力状態でなぜあのようにトップでピタッと止まり自然落下、重力落下だけでグリップをあそこまて落とし切れるのかが不思議でしょうがなくなってきました…泣
>ゴルキチさん感覚的な部分でのご教授お願いできませんでしょうか。


ここがアマの大きな関門ですよね。

丁度、これから書こうとしていた、マキロイのツイストの原因、日本的体重移動の問題点、重心位置の意識、1軸意識と2軸意識の長短等のテーマでもあるので徐々に書いていきますね。

 まず、打ち急ぎの最大の問題点は、

ヘッド、グリップ、肩と胸、頭、腰が全部一体化して回転、解放

してしまうところにあります。

全てが一気に「左向けー、左」でガバッと開くわけです。

いっしょくたなのでどこにもタメがありません。

タメが無いから各部分の回転にタイムラグが無い。

タメ=間=タイムラグ

打ち急ぐスイングとは、各部にタイムラグが無いスイングです。

タメが出来ないから一気に全部回さなければ打てないとも言えます。

ひたすらタイムラグを作ろうと試行錯誤していくうちに、

いつか自然に打ち急ぎスイングは消えます。

それが最短の解決方法だと私は思います。


 打ち急ぎ=「肩の開きが早い」のです。

野球のピッチングでもバッティングでも最も指摘される点ですね。

肩が早く開いてしまう限り、意識からスイングを抜本的に修正すべきです。

治さなくても80以下で回れますが、スイングとしては全然ダメ。

逆に言ったら、肩の早期の開きさえ制御できれば

素晴らしいスイングになります。

そして必ずできるようになります。

修正できれば余裕でシングル入り、いや5下も可能です。


 重要な修正ポイントを先に上げます。

まず、最初に変革すべき意識の面から挙げると

1、体重移動は左右ではない

確かに左右の左股関節に乗り換えるが、

足から反対の足へとドタバタ100%体重移動などしない。

極論したら体重移動ではなく、左右の股関節への

加重位置と加重割合の変化だけとも言えます。

また、体重移動は水平のイメージではなく、

かなり上から下方向への加重であり、

単純な体重移動とはかなり意識も質も異なります。

その背景には、重心位置はなるべく変えたくない、

=回転軸を維持したい、という意識が背後に必ずある。

左右の体重移動と言うと体を左右に勢いよくゆさぶる事で

球を強く叩けるようなイメージになりがちです。

もしくは左に大きく体ごと乗り込む事で球に体重を乗せることが出来る、

ような大きな勘違いにもなりがちです。

しかし、球を叩くのはヘッドであり、

体のゆさぶりで球に体重は決して乗らないし、

体が動いたらヘッドは加速どころか減速する。

そもそも体重移動は、体の回転を加速するためであり、

回転軸をなるべく維持しつつその周りを回転させて

ヘッドをより加速させる様にイメージした方が良い。

とすると、限りなく狭い範囲での体重移動の方が

軸を維持する点においては、より有効という事になる。

だから、体重移動は左右の股関節の先端という非常に狭い範囲内で

しかも左右と言うより、むしろ上から下でもいいのだ。

上から下への加重でも足は斜め下に左右に広がっているので

必然的に左右に体重移動するとも言えるのだ。


2、トップからはヘッドを右から左ではなく、

グリップを上から下へ縦に振る。


トップからはヘッドは振らない

よく言われることだが、どういうことかというと

振るのはグリップだけで、ヘッドは一切無視。

ヘッドはグリップが降りてから、かなり後に加速しながら降りて来る。

手首がタコの様に柔らかければ柔らかいほど、

かなり後に勝手に降りてくる。

そのタイムラグだけを意識しながら

ヘッドを惰性でブランブランさせて振るのだ。

そして、グリップを振る方向は上から下。

上から下だから体は開かない、開くわけがない。

横ではなく、縦に振る。

だからタメてもヘッドは振り遅れないし、

右肩も落ちないのだ。

グリップをトップからいきなり左に振るから

肩が開き、右肩が落ち、振り遅れ、ヘッドも落ちるのだ。

すると更にグリップを下げれない悪循環に陥る。

つづく


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

体重移動の上下、グリップも。
そうですね。

体重移動は足踏みのイメージ。
脚を揃えて打てば分かりますね。

最近、体感できたことです。
でも、力むとプッシュアウトしてしまうことも多々。
まだまだ自分の体をコントロール出来ていませんが。

何度も質問してすみません^^;

今回教えて下さった手首をやわらかくタコのようにグリップを上から下へと言うのはイメージはできるのですが実際に脱力状態のトップから右肘を右脇腹付近に真下に落下させ右肩が落ちないように右腕を伸ばしていくと私はテコでつくった約90度くらいの角度を意識しているせいかHWD手前ではグリップは下向きというより飛球線に水平になってしまっている感覚があり力みによるアーリーリリースになっているのかなと勝手に思っているのですがゴルキチさんのいうグリップを上から下というのは手首を柔軟にして前腕とシャフトがつくる角度を90度よりもっと鋭角にしていく感覚なのか、テコによってできた約90度を左掌を下に押す感じでコックが解けるのが我慢できる感覚があるので、それをキープする感覚が正しいのか迷走しております。もしよろしければそのあたりの感覚も教えていただけませんでしょうか。何度も質問してしまってほんとに申し訳ありません!

感動!

ゴルキチさん早速のご教授ありがとうございます!いつも影ながらコソコソと愛読してきたゴルキチさんのブログで自分の質問が登場し親切・丁寧に説明して下さり、めちゃめちゃ感動しております!今まで数々のレッスン書を読んできましたがまさかゴルキチさんのようなゴルフ大好きのアマチュアの方のレッスン書が一番になるとは思ってもみませんでした。笑 それ程このブログを見つけた時の衝撃は私にとっては凄まじかったです。ゴルキチさんのブログに助けられてる人はこれまでにどのくらいいるんでしょうね~。ほんと素晴らしいです!ありがとうございます!!

興奮してお礼が長くなりましたが今日のご教授の内容はイメージはほんとに沸きまくるんです!でも体が言うことを聞かないんです〜!泣 その度にダウンブローでもなんでもないダフり気味に入る高〜〜い擦り玉で一生ゴルフしていこうかと諦めかけてしまいます。でもゴルキチさんの教えを信じていけばきっとできると自分に言い聞かせて頑張ります!

つづき楽しみにしてます!!

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR