ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

打ち急ぎの原因と解決方法 2 手首の使い方 象の鼻ドリル

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね


>今回教えて下さった手首をやわらかくタコのようにグリップを上から下へと言うのはイメージはできるのですが実際に脱力状態のトップから右肘を右脇腹付近に真下に落下させ右肩が落ちないように右腕を伸ばしていくと私はテコでつくった約90度くらいの角度を意識しているせいかHWD手前ではグリップは下向きというより飛球線に水平になってしまっている感覚があり力みによるアーリーリリースになっているのかなと勝手に思っているのですがゴルキチさんのいうグリップを上から下というのは手首を柔軟にして前腕とシャフトがつくる角度を90度よりもっと鋭角にしていく感覚なのか、テコによってできた約90度を左掌を下に押す感じでコックが解けるのが我慢できる感覚があるので、それをキープする感覚が正しいのか迷走しております。もしよろしければそのあたりの感覚も教えていただけませんでしょうか。何度も質問してしまってほんとに申し訳ありません!

 全般のイメージは非常に良いのであと少しですよ

 まず、手首の使い方を書きます。

両手でウェッジを普通にグリップして、手首をタコの様に

柔軟に脱力して体の前で象の鼻の様にぶらぶらと

重いヘッドの惰性を利用して左右に振ります。

 この時ライ角維持のテコは左右の肩の高さの差だけで作ります。

インパクトまで左肩より右肩を高く維持することで

低い左肩でグリップエンドを押し下げ、

高い右肩によって右グリップを高く維持すれば

力は全く不要で、容易にライ角は維持できます。

逆に「肩が開く」ことによって右肩が落ち、右グリップが下がり

ヘッドが下がる、という理屈をよーく認識しておいて下さい。


 振り子固有の周期を腕力で乱さない様にゆったりと

振り幅を大きくしていきます。

徐々にヘッドが描く円弧を、グリップの円弧より大きくします。

ヘッドの円弧の方が中心角が大きくなるということです。

そして腕とシャフトの角度が小さくなって行き、

トップから切り返しでは90度以下にもなります。

それがタメですね。

タメが深ければ中心角が大きくなるので角加速度はより上がります。

手首は軟体動物の様に柔軟にして、左小指のグリップを

少し緩め、切り返しで腕とシャフトが90度以下の鋭角になる

様にゆったり振ります。

出来るだけ鋭角になる様に試行錯誤して振ってみて下さい。

わりと直ぐにコツはつかめると思います。


鋭角のタメを利用すればグリップは重力で縦に落とす

だけでヘッド重力と角速度で十分爆速に達します。

「トップの間」の原理を説明すると、ヘッドが描く円弧より

グリップの円弧の中心角の方が小さいので

グリップが先にトップに行き着き、即休まず反転します。

一方、ヘッドは円弧が大きいのでその時はまだ

トップに達していません。

従ってこの瞬間、グリップとヘッドは双方反対方向に動きます。

腕とシャフトの角度、タメはこの時どんどん深くなります。

このタイムラグがトップの「間」であり「タメ」なのです。

従って、トップではどちらの動きも止まっていないのです。

止まったら間もタメも出来ないのです。

各々が反対方向に動く時間が長いほどタメは深くなります。

これらが体感、理解できるようになるまで象の鼻で延々と

振り続けて下さい。

それが上達への最短距離だと思います。


 次に、スイング前からテコを作るのではありりません。

スイングの中で勝手に出来る様にするのです。

だからこそ手首を柔軟に使います。

ここで、肩を開かない事の重要性が良く分かるはずです。

肩が開かない=胸右向き=左肩下、右肩上=左グリップ下、右グリップ上

=自然にテコの維持=勝手にライ角維持 なのです。

この時ミスしがちなのが、グリップの浮きなのです。

グリップが浮いたら元も子もないのです。

グリップは下げれば下げるほどヘッドは上がる

「シャフトを立てる」とはこのことを言います。

兎に角これを信じてグリップを限界まで下げる様に振れば

逆にヘッドは絶対に落ちない。テコが完成するから。

グリップを下げるとヘッドも落ちそうな気がするが全く逆です。

ここを信じ切ってインパクト前にグリップを最下点まで下げ切る。

ひたすら信じて左肩を下に、右肩を上に、要するに胸は右向で

グリップはインパクトより前に下げ切る様に素振りして下さい。

肩を開かないコツですが、

要するに左肩下で右肩上でインパクトすれば良いのです。

両肩の高さを意識するのが一番簡単な方法です。

そうしなければライ角も維持できないですからね。

だからテークバックで左肩をあごの下に入れる様に

肩を縦回転させるのです。

ダウンではトップの右肩の高さを出来るだけ維持する様に

意識すれば右肩は落ちません。

右肩が落ちなければ肩は開きません。

開かなければグリップさえ下げ切ればシャフトは立つ。


 インパクト前にグリップを下げ切る理由は

1つは、グリップを縦に上から下に振りたいから。

トップからいきなり右から左へグリップを振ると

必然的に右から左への体重移動になります。

だから、一気に肩が開くのです。

上下運動だから肩が開かないのです。


2つ目は、上から下だから重い腕にかかる重力を利用できる。

3つ目は、ドライバーの飛距離で最も重要な要素はバックスピンです。

H/S以外は、飛距離との格闘=バックスピンの減少

と言っても過言ではありません。

バックスピンを減らすためにはインパクト前にグリップを下げ切り

グリップが上昇過程でハンドファーストでインパクトするしか無い

のです

ほぼ100%のアマがハンドファーストでインパクトさせると

ほぼ確実にグリップが下降軌道中にインパクトします。

これだと出球の軌道は下がってもバックスピンが増える。

ロフトを立てて強弾道の出球でなおかつバックスピン量を

大幅に減らすためには何としてもグリップをインパクト前に

最下点まで下げ切る。

だからグリップは死んでも浮かせない。


 「グリップエンドを右腿グサ」は、右足前にグリップエンドを

落とし切りたい、というある意味大袈裟な表現ですので、

実際のスイング矯正では合わないと思いますから今は忘れて下さい。


まとまっていませんので、読みにくいと思いますが

このテーマの質問にはなるべく直ぐに答えます

つづく


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

Re: 右手グリップのご回答感謝!!

お100度叩き さん、こんにちは!!

ショット毎に一度隙間なくしっかり指を絡めてグリップしてから、隙間が広がらない様にプレッシャーを弱めてから、手首の柔軟性を確認する様に動かすと良いですよ。

また、右手の隙間が無い方がライ角を維持し易いです。アイアンはヒールから接地させ、トゥー側は接地させないようにイメージします。するとトゥー側が上がりライ角は維持されます。その為にはテコで左手は押し出し、右手は引くことになるので右手がグラグラではまずい訳です。引きすぎると引っかけます。

それとインパクトは最も力を抜くところで、アマは逆にインパクトの瞬間に力みます。まさに前者がヘッドのアクセルで、後者は急ブレーキです。これでヘッドは十分走るはずです。

またコメントお待ちしていますね!!

右手グリップのご回答感謝!!

ゴルキチ先生、回答ありがとうごます!!
うぁ~、まさにドストライクの回答です。
積年のモヤモヤが晴れました。

右手スナップを軟らかく、軟らかくと意識していたことが、実は、ルーズになっていたのですね。

右手(の隙間)に関しては、ネットやHowTo本にはほとんど見あたりません。なのでモヤモヤしたまま、シャフトが走ることを体感していたため、結果オーライでやってました。

先生のおしゃる様に、ホントこれ染みついた私の癖ですね。。。

癖を払拭するのに苦労するかもしれませんが(笑)
像さんの鼻ドリルで、両グリップが一体感を維持しながらも、ルーズではない柔軟性のあるグリップ(スナップ)の再構築を目指します!!

質問して良かったです。ありがとうございました!!

Re: グリップを下ろした後

くにお さんこんにちは!!

> グリップを下ろし切った後がうまくいかず悩んでいます。
>
> タメを効かせてシャフトを立ててグリップを下ろしていくと、ダフルことは非常に改善されました。 しかし、ズドーンとヘッドが落ちて、ボールは高く上がるのですがバックスピンがかかり過ぎるのかまったく距離が出ません。 7アイアンで120Y (泣)
>
> 友人は、ヘッドが上から急角度で入り過ぎてる、もっとフラットに、と言ってくれますが、そうするとキャスト気味になってタメができません。
> 手(グリップ)が最下点にきた辺りから、縦に下りてきたシャフトが回転していくのが理想なんでしょうが、私の場合、回転が起こっていないようなのです。そのまま地面にドーンと突き刺さって行くのです。
> シャフトに回転を起こさせるには手の中で何らかの作業が必要に思うのですが、実際どうなのでしょうか?
> 右手で押せとか、右手と左手のテコを働かせろ、とかいう人もいますが、そのようなことを教えているサイト・動画も見あたりません。 ということは邪道(?)なのでしょうか?
> とどのつまりはリリースの問題なんでしょうが。

そのとおり、リリースの問題です。今度図で書いて説明します。
グリップはインパクト前に下げ切った後、インパクト前に水平から上昇軌道に移ります。先に下げ切らない限り水平部分が出来ないのです。そしてその時にヘッドは飛球方向にリリースされます。だからヘッドのベクトルは水平+水平でダフる要素はないのです。厳密に言えばヘッドはローテーション時にリーディングエッジが下がりますのでダウンブローとして利用できるのです。

ではインパクトまで下げ切れないとどうなるのか?
グリップはインパクトまでずっと下降します。殆ど全てのアマがそうです。ベクトルは斜め下向きですよね。さらに皆リリースはかなり早いです。インパクト前まで待てるアマはほぼいません。ですからリリースもグリップ軌道同様に斜め下方向になります。当然ダフリますよね。
さらに、リリースするとヘッドが下がりますよね。ヘッドが下がるとグリップ、肘、肩、体も浮きます。するとヘッドはさらに下がる悪循環に陥ります。悪循環から抜け出す方法はリリースを遅らせるしかないのですが、それが出来ないとダフらないようにグリップを浮かせるしかない。間違ったレッスンはスティープ軌道修正はリリースを早め、タメを減らせ言いますが全くナンセンスで逆効果です。

手首は脱力です。試しにインパクト前まで我慢してみて下さい。そしてインパクト直前に左脚蹴りをきっかけにしてリリースして下さい。改造中は球をは絶対打たない方が良いです。ウェッジの素振りで数百回繰り返しているうちに分かりますよ。

水平にリリースします。

Re: 象の鼻打法いい感じです。

ぶっ飛びげんちゃん はじめまして!!

> 今日レンジで象の鼻打法試してみました!
> 体の使い方から見直し、体が下を向いたまま、腕を飛球線後方に直線的に振る打法ですが、安定していい感じです😄

あ、体もヘッドと同調させて回してくださいね。クラブは常に体の正面の範囲で動きます。正面からずれると振り遅れますよ。

> 目線も全くブレず、コントロールが容易になりました。
> インパクト付近で肩、腕の脱力ができていると、物凄いスピードでヘッドが走ります😄

頭の軸が動いていないようですね、それはナイスですね。体の正面からから外れなければプッシュアウトは減ります。

> ただ、ドライバーだけプッシュアウトになります。
> 距離は出ているのですが、インパクト付近でグリップが少し浮き、体も起き上がっている気がします😄
> 前傾角度の問題の気もしますが…

「グリップが浮く」という時点でリリースが早いという事です。ヘッドが下がるとクラブの重心を中心としてグリップは逆に上昇するからです。これは止められません。しかも浮いたグリップは体も、ヘッド軌道も押し上げます。かなり厄介です。
早期にリリースするとグリップはまだ下降軌道中です。ベクトルは下向きです。その状態でヘッドもリリースしたら、間違いなくヘッドのベクトルも下向きです。その二つを合成すると必要以上のダウンブローのヘッド軌道になってしまいます。これでは地面に目り込みますし、飛球方向へ地面と平行のベクトルを意識するべきです。

> それから、全番手共通なのですが、プッシュアウトの時は飛距離が出ているのですが、真っ直ぐ飛んだ時はあまり飛距離が出ないんです…
> いいドリル等ないでしょうか?

手首の力を抜いて、ヘッドを生かせる。勝手にローテーションして捕まります。直ぐ変わりますよ。

少し右に出るドローが最も飛びます。ストレートは難しいですね。200y以下ならいいのですが。癖を利用して地下に曲げた方が良いです。


Re: 右手グリッププレッシャー

> ゴルキチ先生、こんにちは(はじめまして)
> 3ケ月ほど前にこのブログに辿り着き、私も左腕一本の素振りに励んでおります。
> さすがに毎日300回はできませんが、(40後半で年甲斐もなく、当初ガツガツやっていたら少し肩痛がでましたので)コツコツ1~2日おきに100回でも、最初はマトモに振れないところから、最近はゴムティーにビシッと当たるようになりました。
>
> この練習によってライ角の維持の大切さを意識でき、(少しばかり)実感できるようになりました。大変感謝しております。
>
> ところで、右手グリップにつき、非常に悩んでいます。
>
> >手首をやわらかくタコのようにグリップ
> とありますが、
> ゴルキチ先生は、WG~ドラまで、右手グリッププレッシャーは同じなのでしょうか?
>
>
> 私は、
> (1)ドラ、FWでは、右手の母子球もしくは生命線は左手親指に乗せず(接触せず)に浮かせて、親指と人差し指でシャフトを摘んでシャフト軌道を維持する程度ですので、右手のグリッププレッシャーはほとんど掛けてません。意識として、右肘を支点としてシャフトを旋回したいイメージです。
>
> (2)ショートアイアンやウェッジでは、しっかり縦に振りたいため、右手の母子球もしくは生命線は左手親指に乗せて、少しだけ右手グリッププレッシャーを掛けてます
>
> ミドルアイアンは、(1)(2)のどっち付かずで、インパクトであたり負けしたり、引っかけたりのミスショットがでます
> ドライバーやFWは、曲がらずにまずまずの飛距離がでるので、結果的にこのようにしています。

仰ることは非常に良く分かります。私自身コーチに右グリップのルーズさをよく指摘されます。これは非常に治しにくい部分です。ただ、グリッププレッシャーとルーズさは確実に違います。確かに右グリップは指でひっかけるようにグリップします。プレッシャーも弱いです。しかし、隙間は無い方が絶対に良いです!!これは癖です。私自身も治さなければいけないと思っている部分なのです。
飛距離を求めるとヘッドを走らせるためにルーズに、ウェッジはしっかりグリップできてしまいます。私自信がが感じる問題点は長いクラブでグリップに隙間がある点です。減点ゲームですから、不意の一発の引っかけOBで即死します。グリップの隙間は楽に飛びますが、むしろ不用意にヘッドが走り過ぎ、いきなりド引っかけの恐怖が確実にあります。

最初は非常に気持ち悪いですが隙間をなくし、その分を手首の柔軟性で補うのが良いと思います。当たり負けは芯を外したインパクトのミスであり、グリップで補う意識は捨ててヘッドを信じるしかないですね。

またコメントお待ちしています!!

右手グリッププレッシャー

ゴルキチ先生、こんにちは(はじめまして)
3ケ月ほど前にこのブログに辿り着き、私も左腕一本の素振りに励んでおります。
さすがに毎日300回はできませんが、(40後半で年甲斐もなく、当初ガツガツやっていたら少し肩痛がでましたので)コツコツ1~2日おきに100回でも、最初はマトモに振れないところから、最近はゴムティーにビシッと当たるようになりました。

この練習によってライ角の維持の大切さを意識でき、(少しばかり)実感できるようになりました。大変感謝しております。

ところで、右手グリップにつき、非常に悩んでいます。

>手首をやわらかくタコのようにグリップ
とありますが、
ゴルキチ先生は、WG~ドラまで、右手グリッププレッシャーは同じなのでしょうか?


私は、
(1)ドラ、FWでは、右手の母子球もしくは生命線は左手親指に乗せず(接触せず)に浮かせて、親指と人差し指でシャフトを摘んでシャフト軌道を維持する程度ですので、右手のグリッププレッシャーはほとんど掛けてません。意識として、右肘を支点としてシャフトを旋回したいイメージです。

(2)ショートアイアンやウェッジでは、しっかり縦に振りたいため、右手の母子球もしくは生命線は左手親指に乗せて、少しだけ右手グリッププレッシャーを掛けてます

ミドルアイアンは、(1)(2)のどっち付かずで、インパクトであたり負けしたり、引っかけたりのミスショットがでます
ドライバーやFWは、曲がらずにまずまずの飛距離がでるので、結果的にこのようにしています。


これでは、ダメなのでしょうか?率直なご意見を聞きたいと思い、投稿してみました。


象の鼻打法いい感じです。

ゴルキチさんこんにちは😄
今日レンジで象の鼻打法試してみました!
体の使い方から見直し、体が下を向いたまま、腕を飛球線後方に直線的に振る打法ですが、安定していい感じです😄
目線も全くブレず、コントロールが容易になりました。
インパクト付近で肩、腕の脱力ができていると、物凄いスピードでヘッドが走ります😄
ただ、ドライバーだけプッシュアウトになります。
距離は出ているのですが、インパクト付近でグリップが少し浮き、体も起き上がっている気がします😄
前傾角度の問題の気もしますが…
それから、全番手共通なのですが、プッシュアウトの時は飛距離が出ているのですが、真っ直ぐ飛んだ時はあまり飛距離が出ないんです…
いいドリル等ないでしょうか?

グリップを下ろした後

ゴルキチさん、いつも勉強させてもらってますが、始めてコメント差し上げます

グリップを下ろし切った後がうまくいかず悩んでいます。

タメを効かせてシャフトを立ててグリップを下ろしていくと、ダフルことは非常に改善されました。 しかし、ズドーンとヘッドが落ちて、ボールは高く上がるのですがバックスピンがかかり過ぎるのかまったく距離が出ません。 7アイアンで120Y (泣)

友人は、ヘッドが上から急角度で入り過ぎてる、もっとフラットに、と言ってくれますが、そうするとキャスト気味になってタメができません。

手(グリップ)が最下点にきた辺りから、縦に下りてきたシャフトが回転していくのが理想なんでしょうが、私の場合、回転が起こっていないようなのです。そのまま地面にドーンと突き刺さって行くのです。

シャフトに回転を起こさせるには手の中で何らかの作業が必要に思うのですが、実際どうなのでしょうか?

右手で押せとか、右手と左手のテコを働かせろ、とかいう人もいますが、そのようなことを教えているサイト・動画も見あたりません。 ということは邪道(?)なのでしょうか?

とどのつまりはリリースの問題なんでしょうが、今の一番の悩みです。 何かアドバイスあれば感謝いたします。

よろしく

ゴルキチさんのスイングが見たいのですがどこかにあがってますか?

ありがとうございます!

ゴルキチさんありがとうございます!今日のご教授を読んで感じたこと…私完全にテコの勘違いと縦振りのコツ、そして何より力みすぎていたことが再認識できました〜(>人<;)

松山プロなどのトップでピタッと止まって見えるのも実は止まっていないんですね…ゴルフのスイングってほんとに奥深い…でもそこがまた誰でもできることでないのでできるようになるよう鍛錬することが楽しいですね!プロのスイング映像をスローで見ているととても背面を向いた状態でインパクトを迎えているようには見えませんがやはりそのようにインパクトしているんでしょうね…深すぎます…頑張って練習します!ありがとうございます!

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR