ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

股関節が入ったアドレス

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

 体重移動 の続きですが、 その前に

そもそも

股関節が入った基本的な立ち方

ができていないと先に進めないので昔の記事の復習ですが

 「股関節を入れる」 

とは実際問題 どういうことでしょうか

では、「股関節が入った立ち方」 を

簡潔に一言で答えてみてください。



昔書きましたが両足を開いて直立の姿勢で

骨だけで立てる立ち方」 です。

「骨だけ」 とは、筋肉を使わなくても骨だけで

全身を支えられる、ということ。

上半身も、重い頭も、骨だけで支えて立ちます。

その為には背筋も頸椎もまっすぐに伸ばさないと

股関節には乗りません。

例えば、その状態で肩を上下してみると、

上半身の重量が股関節に乗るのを感じられます。

それを股関節が入った状態と言います。

股関節に乗って、加重している状態
なのです。

猫背では頭と上体の重量を骨では支えられません。

猫背だと筋肉を使うことになってしまいます。

だから背筋を伸ばさなければならない。


ゴルフの前傾で

股関節から外れない様にする為には

脊椎を伸ばしたまま股関節(コマネチ部分)から前傾と、

同時に膝を曲げ、お尻を突き出して

前後のバランスをとらないと

股関節への加重は維持できません。

骨盤をしっかり前傾させる

それがゴルフのアドレスです。

要するに、正しいアドレスは

股関節が入ったアドレスなのです。

 
そして、やっと今回の要点ですが

股関節が入っていれば体の回転に伴って

勝手に股関節間で体重移動されるので

意図的体重移動は不要なのである


十分な体重移動は体の軸回転で必然的に起こるもの

と言えます。

にもかかわらず、上体の軸回転以外で

意図的に体重移動をすると全く逆効果で、

重心が流れて股関節から外れてしまう
のだ。


それどころか、むしろ意図するべきは

これまでの常識だった体重移動の真逆である

カウンターバランスであり

体重移動よりも重心位置の安定に意識を集中させるべき


だと言える。

それがマキロイのツイストの謎の解明

につながるのだ。


つづく

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR