ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

球をつかまえるイメージ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

長いクラブがつかまりきれないというコメントが多いですね。

ヘッドの重心距離が長く、シャフトが長いのでアウトサイドへの

遠心力が大きく、さらに下側への遠心力でトゥーダウン

が大きくなりフェースが開きます。

シャフトが長いのでしなり戻りの時間も長くなる、

等々つかまりが悪くなる条件はてんこ盛りです。

それら全て想定して対応しないと、当然つかまえ切れません。


ヘッドを下げ切った時でも、しっかりとライ角が維持されていると

トゥー側が高く浮いた状態でヒール側から接地します。

もしライ角が維持できていないと、トゥーダウンにより

手首が伸びてグリップが浮いた状態になり

トゥー側が下がりフェースが開いた

状態になります。

開いた状態になるだけでなく、トゥー側から接地するため

トゥー側が走らずローテーションも出来なくなり

ますますフェースが開いて押し出すことになります。

単純な事です。


グリップを下げ切り、ヘッドを下げ切った時に

手首とシャフトの角度を確実に維持して

トゥー側をしっかり浮かせヒール側ソールから接地させて

高いトゥー側を加速させて走らせるイメージが良いかもしれません。


この時グリップエンドは左腿に引き付けて自分に向いているので

右手が左手を一気に追い越します。

かといって左サイドの壁として左手を止めて急ブレーキを

かけている訳では全くないのです。

逆に腰の回転とともにダウンより遥かに高速で左腰回りを

回転していくのです。

ブレーキではなく、まさに「かわして行く」イメージです。

角加速度は半径の2乗に反比例するので

グリップエンドを左腰に引き付けて左腰と一体で回転する

効果は絶大なのです。


インサイドに引き付ける違和感はダウン時のヘッドに働く

アウトサイドへの遠心力のベクトルと相殺されるので

問題ありません。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

クラブ別のスイング

はじめまして。
この数か月間、いろいろ勉強させて頂いてます。

常々強調されている右サイドで落としてから振るということ、
長いクラブほどそのスイング感覚は分かり始めてる感じです。
U字型で右側にもまだ体重が残ってる状態でインパクトを迎えてます。
ところが良く分からないのが、短いクラブ(8I以下)です。
これらのクラブでも、フルスイングの場合は同様な振り方をするのでしょうか?
また3クォータ程度のスイングでは、縦回転でのクラブの自然落下の延長で(故意に加速させずに)打つ感じになってるのですが、その辺はどのようスイングされてますでしょうか?
アドバイス頂けたら幸いです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR