ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

右肩下がりのパラドックス4

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

インパクトはアドレスとは全く違います。

肩が開き左肩が上がり、右肩は下がります。

体が全体的に浮けば逆に相殺されてアドレスとほぼ変わりませんが。

腰もある程度は確実に回転します。

体に横幅があるので軸回転すれば右サイドが前に出てしまうので、

特にシャンク癖のある方は軸に要注意ですね。

また、ドライバーならシャフトが長く柔らかいので

ボール幅位のトゥーダウンも起こります。

これらは当然起こり得る、想定すべき現象なのです。

頭を下げて浮きを防ぎ、右肘をかなり引き付けていますが

手首とシャフトの角度が伸びてアップライトになっています。

要するにフェースはアドレス時より確実に開きます。

それを想定しなかったら当然スライスですよね。

これは長いクラブ程顕著になるので長いクラブ程捕まらないのは当然の結果なのです。

マキロイ分析2

以上より、「アドレス時の準備」はイメージできると思います。

右肩の高さをあらかじめ低くする事、

さらに絶対に右を向かない事
ですね。

多くのアマは見事に真逆を実践してますよね。

殆どの方は右を向いて、肩は水平のままです。

肩は水平に回すもの、もしくは肩を下げない様に敢えて予め高く維持してしまうのです。

結果、マキロイ以上の想定外が当然起こり長いクラブ程フェースはガバッと開く。

自分の意図とは真逆の事態が起きるパラドックスに早く気付いて下さい

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

改造 さん

いつも有難うございます!!

> 私は間違っていなかったと確認できました。ありがとうございます。

かなりいい線言っていると思います。最近のお話も全て確実にシングルのお言葉です。

> 私のイメージでは、右図のマキロイ後に甲側に折れた右手と右肘が伸びてヘッドと胸が正対する感じです。こうじゃないとインパクト後にヘッドスピードが最速にならないと思います。
>
> 最近また気付いた事を記します。
> 1. 忘れていた肩甲骨の重要さを再確認しました。今は腕がビヨーンと伸びてインパクト後の急激なヘッドの返りが軽減されました。肩甲骨と重心の移動(カウンター?)だけで打っている感覚で、落ちていた飛距離が戻り、かつ楽に打てています。

私もド引っかけ出ますので良く分かります。一瞬ビヨーンが有りますよね(笑 有り過ぎてもまずいんですが。
肩甲骨って意識しないと動きませんよね。プロのスイングを横で見てると実感しますが、肩甲骨の可動域が恐ろしく広いと。緊張と気合で脱力しきれない肝心な時に引っかけが出ます。そう言う事なんでしょうね。インパクトの瞬間は肩甲骨が忘れていてもビヨーンとなるのが本当の脱力なんでしょうね。

> 2. 右肘下向きでグリップを落として、右上腕が地面に垂直になったら、その垂直をキープするように左サイドがターン…って感じが良いと思いました。

落とし切った合図、回転スタートのタイミングですね!右上腕が体に当たってから、はじめてターンですね。そこまで待てばインパクト前に下げ切れます。右股関節軸です。

> ほどほどにしてます。w

ほどほどに思えませんが、ゆっくりシャドーも発見が沢山あって良いですよ!(笑

ボロカブサムライ さん

ボロカブサムライ さん、お世話になります!!
コメント有難うございます。

> 今まで登場した選手も、アドレスの時よりハンドアップしてインパクトしていますね!最初からハンドアップ気味にセットしていたトレビノと世界一のボールストライカーであるモーノーマンが、アドレスでシャフトと腕を一直線に構えていたからこそ、アドレスとインパクトの手の位置が同じ、後 ナンシーロペスもテークバック前にハンドアップして、シャフトと腕を一直線にしていました・・・右を向くとデカヘッドドライバーだと、プッシュアウトか極端なフック引っかけになる可能性が大きいですね!
> 管理人さんの、基本に忠実なスイング説明は、90前後や自分の様に80~85(万年です)には、特に参考にしやすいです。今度、ハイブリットクラブの打ち方なんかも、解説して下さい。

いやー、大先輩にお褒め頂けるとは非常に光栄です!!
殆どの方は右向いちゃいますね。これは仕方がない事です。だから私もアドレス毎に慎重に注意します。
気づいてやっているのなら良いのですが、右向いて引っかけて打っていると何をやっても修正不能ですからね。

ハイブリットクラブは低スピンですから球が上がりにくく、止めにくいです。木越えは出来ないし、グリーンオーバーし易いと。本当はお薦めは簡単なウッドです。ただ、その欠点を利用する手はあります。かなりのアゲインストか、グリーンまで障害がなく距離が欲しい時ですね。そういう時は低く棒球で距離を稼げます。
下手にハイブリットクラブで上げようとするとしない方が良いと思います。利点を生かすだけです。

従って状況により7ウッドあたりと使い分けるのがクラブ特性を生かした使い方だと良いと思います。

No title

私は間違っていなかったと確認できました。ありがとうございます。
私のイメージでは、右図のマキロイ後に甲側に折れた右手と右肘が伸びてヘッドと胸が正対する感じです。こうじゃないとインパクト後にヘッドスピードが最速にならないと思います。

最近また気付いた事を記します。
1. 忘れていた肩甲骨の重要さを再確認しました。今は腕がビヨーンと伸びてインパクト後の急激なヘッドの返りが軽減されました。肩甲骨と重心の移動(カウンター?)だけで打っている感覚で、落ちていた飛距離が戻り、かつ楽に打てています。
2. 右肘下向きでグリップを落として、右上腕が地面に垂直になったら、その垂直をキープするように左サイドがターン…って感じが良いと思いました。

ほどほどにしてます。w

No title

今まで登場した選手も、アドレスの時よりハンドアップしてインパクトしていますね!最初からハンドアップ気味にセットしていたトレビノと世界一のボールストライカーであるモーノーマンが、アドレスでシャフトと腕を一直線に構えていたからこそ、アドレスとインパクトの手の位置が同じ、後 ナンシーロペスもテークバック前にハンドアップして、シャフトと腕を一直線にしていました・・・右を向くとデカヘッドドライバーだと、プッシュアウトか極端なフック引っかけになる可能性が大きいですね!
管理人さんの、基本に忠実なスイング説明は、90前後や自分の様に80~85(万年です)には、特に参考にしやすいです。今度、ハイブリットクラブの打ち方なんかも、解説して下さい。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR