ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

右サイドの前傾角度維持

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

インパクトでの前傾角の維持は、

右サイドの「くの字」の前傾角維持が勝負ですよね。

再現性を高めるためには最重要です。

ダウンからインパクトで 右膝、右腰、右肘、右肩の軌道を

前に出さない。


しかしこれは右サイドだけでは絶対に解決しません。

「左サイドがどう動くべきか」の方が遥かに重要です。


その為には「重心、軸の位置」の認識が非常に重要だと思います。

「体重移動」と「重心位置」と「回転軸」をもう一度全て考えなおして、

把握しなおした方が良い様に思います。

それによって前回の記事の様に右サイドの回転半径が

極端に変わってしまうからです。



「右サイドのくの字」の維持のためには

右踵と、右ひざのまずい動きが致命傷になります。

「右踵を浮かさない」、「右脚外旋」と以前からずっと言っていますが

「右脚外旋」すると右踵が浮き難くなり、

右膝が絶対に前に出なくなります。

これは要するに右股関節への加重を早く解かない

右脚は粘って体重移動は一気ではない、という事でもあります。

同じ左への体重移動でもタイミングが変われば

移動する重心位置も回転軸の位置も全く変わります。

それによって右脚の浮きが変わり

「くの字」の維持に大きく影響します。

右サイドの「くの字」を完全に維持するならば

左サイドが少々大回りで外回りするのですが

それはあくまで右サイドを重視した結果であり

左肩を自ら上げるとか、肩を能動的に先行して動かす

イメージは持たない方が良いでしょうね。

どっちみち腰が回れば肩は能動的に回すより

腰の回転で回される方うが絶対速く回りますからね。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ボロカフ さん

ボロカフ さん、こんにちは!!

> インパクトで、右足踵が上がらない 凄い粘りがあるプロは、青木 、デービスラブ 、Pリード、それとカナダの伝説 モーノーマン 皆んなインパクトが正解です。それと韓国勢に、右足踵の粘りがあるプロが、多いです。右足踵をインパクトまで、粘るのは相当 きついけどやはり良いのですね!

仰る通りです。韓国勢は非常に参考になりますね。
結局、右踵を上げない方法は右股間回転軸意識しかありません。インパクト後に左股関節に回転軸が移動します。体重移動という言葉が悪いんでしょうね。一気に左に乗ってしまうアマが殆どですから。
体重配分と言った方が良いかもしれませんね。

またコメントお待ちしています!!

今晩は!
インパクトで、右足踵が上がらない 凄い粘りがあるプロは、青木 、デービスラブ 、Pリード、それとカナダの伝説 モーノーマン 皆んなインパクトが正解です。それと韓国勢に、右足踵の粘りがあるプロが、多いです。右足踵をインパクトまで、粘るのは相当 きついけどやはり良いのですね!

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR