ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

右股関節と右肩下がりのパラドックス 5

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

連投です。

右肩下がりのパラドックス、不思議と矛盾の結論です。

右肩は当然下がるものですよね。

当然下がるものを無理に下げない様に右肩を高くアドレスしても

やはり結局は下がってしまうので逆にフェースが開き、

ますます球が捕まらなくなります。

最初から自然に右肩を下げてアドレスすれば

インパクトでフェースは開かず、球は普通に捕まる様になります。

悪いイメージと間違った対症療法が更に悪循環を呼んでしまうパラドックスですね。



右肩を下げたくないから右肩を高くキープしてアドレスする。

体を、肩を開きたくないから少し閉じて、クローズドでアドレスする。

レッスンでもそう薦めているから・・・・。

しかし、それは全然逆効果じゃないでしょうか?

一部の例外を除いて殆どのアマはそもそも右を向き易いです。

アドレスで、もじもじすればする程、ターゲットを確認すればする程、

時間をかければかける程、どんどん右を向いていきます。

マキロイでも、誰でも、多少はインパクトではアドレスより肩は開くし、

当然腰は回るし、右サイドは前に出て、右肩は下がる。

その逆はないですよね。

という事は、アドレスよりフェースは開いてしまうということ。

ということは上記のアドレスでの対策は全く逆じゃないでしょうか?


むしろ、最初からそれを想定して、インパクトの状態により近く

オープン気味で、右肩を下げて自然にアドレスしたらどうでしょうか?

その方がフェースの向きは維持され易いのではないでしょうか?

実は結構オープンのつもりでやっとスクエアスタンスの場合が殆どです。

私もスタンス、肩はグリーンの左がターゲットです。

もちろん程度は距離によりますが。

少し左向き加減の意識でやっとスクエアです。

そして右肩は自然に下げます。


実は、股関節の動きを意識して優先したら、

おのずとこのパラドックスに気が付かれると思います。

長いクラブが捕まらないというコメントが多いですが、

長い程ライ角維持が難しくなるのはもちろんなのですが、

実はアドレスでのパラドックスに気が付かれていない方も

非常に多いのではないかと思いました。

その対策が股関節の動きの意識なのです。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR