ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

インパクトでは両足の内ももをぎゅっと締めるのが絶対条件

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

インパクト前の左脚の蹴り、押しによるリリースが

皆さんに上手く伝わっていない様ですね。

インパクトでは両足の内ももをぎゅっと締めるのが絶対条件です。

リリース開始では左足の裏で地面を押す、蹴る様にしてカウンターをあてます。

それによって左しり、左腸骨が飛球後方かつ体後方に押されます。

同時に右股関節と右腸骨は体の前には出ずに飛球線と平行に

直線的に移動することが出来るようになります。

その左右腸骨の前後運動により仙骨、脊椎のブラッシングが起き、

脊椎、腰が鋭く軸回転します。



重要な事は、この時両足の内ももをぎゅっと締めて密着させることです。

勿論両脚共に緊張します。

これにより、回転軸が常に安定するのです。

軸、回転が安定するので下半身、全体のバランスが安定します。

このように、両足でバランスよく地面を押す、または地面を蹴って両ももをぎゅっと締めると

軸、回転、体のバランスが非常に安定する事が実感出来る筈です。


バランス良く締めれば右ひざが緩んで前に出る事は無くなります。

また右踵が半端に上がって緩んだ右脚では内ももが締めれないことも解る筈です。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

UCOさん、ナイスです!!次の確認は左肘です

UCOさん、コメント有難うございます!!

素晴らしいです。
右サイドの意識はほぼOKだと思います。
確認方法は左肘の軌道です。
左肘、右肘の伸びる距離感を右サイドで測ります。
左ひじが引けている間はまだ、右サイドの粘りが足りないという事です。
アプローチでヘッドが返る瞬間をインパクトに合わせる練習をして下さい。
右サイドを待たせて合わせます。

「右向いて打つ」とはこのことです。
へそ、肩が右向いたままインパクトを迎えればヘッドはインパクト前でも返ります。
右踵、右肩、右へそを止めて、クラブを自由にしてヘッドを行かせないと左右の肘間隔は狭まりません。

またコメントお待ちしていますね!!

No title

お久しぶりです。UCOです。
ブログ更新8連投 大変嬉しく、楽しく読ませて頂いております。

左脚蹴りによるリリースで悩んでいましたが、
「インパクトでは両足の内ももをぎゅっと締めるのが絶対条件」
この記事のお陰で大ヒントを頂きました。

両ももを締めた結果、無意識に左脚で蹴っている感覚です。
ダウンスイングで、右から左股関節へ重心が移動します。
それに合わせて、順番に最初は右で蹴って、その後に左を蹴る、
ではチグハグになりました。

左脚の蹴りのリリースを発動させるのは、左右同時に両ももを
締める動作がきっかけになりませんか?これが正しいとすると、
「右足外旋の粘り&外転」 と 「左脚蹴りのリリース」
この2つの重要な動作は、それぞれ独立しているかの様ですが、
"左右内ももを同時に締める" という一つの動作に集約できれば、
脚の動きがすごくシンプルになります。

ダウンスイングで、右脚は外旋で粘ったままトップからグリップと
右肘が落下していきます。この時、右脚は膝が前に出ないように、
土踏まず側にじわーっとゆっくり倒す。
この動作イコール = 右脚の内腿筋を締める動き。

下がり切ったグリップとクラブは次に、飛球線方向にベクトルが
向かいます。重い腕ユニット、クラブ、上半身がボール正面に
振られてきてから、ようやく左脚で踏ん張っても、時既に遅しで
スウェイします。そこで、あらかじめリリースに向かって
左脚も内側に倒す外転の要領で、左内ももをじわーっと締めていく。
この動作イコール = 左脚の内腿筋を締める動き。

タイミングが早すぎるとNGですが、切返しから左右内腿筋を
同時にゆっくり締めていき、 ダウンでグリップが下がり切る
あたりからリリースに向かって、ぐっと締めをすこし強めます。

すると、インパクト前後で体がグラつかない。前傾維持しやすくなる。
腰スライドの幅が狭くなり、くるっと胸と肩がその場で反転します。
ビハインドザボールで頭は逆行するイメージにもかかわらず、
右肩が高い状態のまま、体が地面に対して真っ直ぐピーンと
立っている感覚になったのは、新鮮でした。

胸が反転する直前まで右肩を高く維持すると、 勝手に
ハンドファーストでロフトが立ってローテーションしていきます。
インパクトからフォローに向かって左手を追い越して、
右手が上からかぶって来る感覚。
ハンドファーストにしよう、とか ロフトを立てようと、
手で操作する必要はありませんでした。

右肩が高いからこそ、そこを支点にして右肘が伸ばされていく。
逆に右肩が低ければ、 いつまでたっても右肘が伸びていかず、
ローテーションが足りなくなるか遅くれてしまう。

若干逸れましたが、これも両ももを締めて下半身が安定した結果、
生まれたものだと感じています。言葉だけで伝えるのはむずかしく、
長文になりいつも失礼致します。
またコメント、アドバイスをいただけましたら幸いです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR