ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

日本のゴルフ場のあるべき姿

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

数十万円の会員権の名変料が100万円で

年会費が5万以上ってちょっとおかしいな、と思いますよね。

会員権を持つメリットって

月例等の競技、研修会、ゴルフ仲間、予約なしでもフラッとひとりでも

出来るから、毎週ビジターでは落ち着かない等々・・・

でもプレー平均年齢が60台後半って明らかにまずいですよね。

若年層に受け入れられないという事は

ゴルフ独特の会員権ビジネスもいよいよ終焉を迎えつつあると思います。

破綻が見えていても改革できないゴルフ場が日本中に山ほどあります。

ゴルフ場もキャシュフロービジネスだという事を認識できないいゴルフ場は

これからも次々と破綻していくでしょう。

しかし、ゴルフ先進国のアメリカ的運営がベストかと言えば

それも明らかに違うと思います。


 では仮に、若い世代や女性、ジュニアも毎週気持ちよく集うゴルフ場が

どんなゴルフ場かイメージしてみると・・・・

今のゴルフ場とは全く違う姿がイメージされます。

しかし、現状の日本のメンバー制ゴルフクラブは社会的地位のある

メンバーだけのための、むしろ閉鎖的なゴルフ場を目指していた

という事情が有ります。

それが会員権ビジネスを続ける根本的な言い訳でもあります。


 過去に1000万円で購入したメンバーを優先するのか、

それともこれから30万円の会員権を購入する世代を優先するのか。

または米国的なパブリック化がいいのか?

皆さんいかがでしょうか?

ごく一部の競争力があるプライベート高級クラブはそのままいけるでしょう。

しかしそうなりたくても絶対になれないゴルフ場の方が圧倒的に多いのは事実です。

素材的に無理なものは無理です。

会員権相場が数十万円台のゴルフ場がどんなに高級クラブを装ったところで

立派なクラブハウスだけでごまかすのはもうどうやっても無理ですよね。

生き残る為に、メンバーの為、従業員の為、地域社会の雇用維持の為にも、

高級メンバーシップコースという妄想をスッパリと捨て去り、

とにかく未来へ向けて踏み出さない限り次世代に受け入れられない、

生きて行かれないと思います。

みなさんはどう思われますか?



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR