ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

左肘引け防止の特効薬 左の尻を背後に真っ直ぐ引く

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

結局左肘が詰まるのが左肘引けの最大の問題。

その最大の特効薬になるのです。

何だと思います?

アドレスでの右サイドの前傾角の徹底維持ですね。

左サイドではないのです。

右サイドを軸にすれば、左サイドは背後に回ります。

左のお尻が背後に引けるのです。

それでいのです。

こうすると右サイドは絶対に前に出なくなります。軸なんだから。

そうすると右が出て前る事で左肘が詰まることは無くなりますよね。

軸の周りを回るのは左サイドのはずですよね

逆に左脚を軸にすると右サイドが前に出てしまいます。

そうなるとグリップまでの距離が維持できなくなり、

左肘はあっさり詰まって引けます。


 左腰が引ければ、右サイドは前に出ません、

そうすると左サイドは、肩も回り、球までの距離が伸びて

左肘はスムーズを回すキーポイントになりますよね。

インパクト前から左腰が後方に下がり、

左グリップも同時に背後に下がり、右グリップに道を開けます。

この時左の尻は真っ直ぐ背後に引くだけです。

腰を回転させるように切るのではありません。

その時、左肩から球までの距離は左尻が下がった分余裕が出来て、

左腕は伸びて左肘は引け難くなります


スムーズにローテーションします。

わかるかな?

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

熟ゴルファーさん Re: No title

熟ゴルファーさん、追加です。
シャンクと同じ症状ですが、ドライバーだけでしょうか?
右サイドが前に出るのが主な原因だと思います。試しに右かかとを全く上げず、右肩を下げず、前に出さないで打ってみて下さい。 
ご連絡お待ちしております!

熟ゴルファーさんRe: No title

熟ゴルファーさん、はじめまして。コメント有難うございます。

> ゴルキチさん、初めまして。
> 還暦過ぎてゴルフに目覚めひたすら練習しています。
> ゴルキチさんのユーチューブ投稿画像を拝見し、目から鱗の
> 状態です!何か靄が晴れたと言うか今迄の疑問が解消された思いです。格段にスイングが安定し飛距離もアップしてきました!
> ただ今一つ残念な事はとヘッドドライバーの中心からヒールの部分にしか当たらずからふど空振りしない範囲で腕を伸ばして構えても中心からやや上目に当てたいのですが、そうはなりません!スイングスピードが45.6くらいでミート率1.35程度ですから飛距離が235くらいで限界です。このH/Sでミート率を上げるため遠心力で構えた位置よりヘッドが前に出てこないようダウンの位置を右ポケットの位置に下ろしているのですが肩甲骨の抜けが良すぎるのかヘッドが前に出てしまいます。どうすればセンターより前の上目で当てられるようになりますか?


ちょっと見てみないと分かりませんが、アウトサイドイン軌道になっているかもしれません。そうするとヒールに当たります。前倒しをすると最初はその傾向が出るかもしれません。

もしくは球が左過ぎる可能性もあります。左へ突っ込まなくなった分中に入れた方が良いです。

その点を意識して見てまたご連絡下さい宜しくお願い致します。

No title

ゴルキチさん、初めまして。
還暦過ぎてゴルフに目覚めひたすら練習しています。
ゴルキチさんのユーチューブ投稿画像を拝見し、目から鱗の
状態です!何か靄が晴れたと言うか今迄の疑問が解消された思いです。格段にスイングが安定し飛距離もアップしてきました!
ただ今一つ残念な事はとヘッドドライバーの中心からヒールの部分にしか当たらずからふど空振りしない範囲で腕を伸ばして構えても中心からやや上目に当てたいのですが、そうはなりません!スイングスピードが45.6くらいでミート率1.35程度ですから飛距離が235くらいで限界です。このH/Sでミート率を上げるため遠心力で構えた位置よりヘッドが前に出てこないようダウンの位置を右ポケットの位置に下ろしているのですが肩甲骨の抜けが良すぎるのかヘッドが前に出てしまいます。どうすればセンターより前の上目で当てられるようになりますか?

No title

こんばんは。
記事のアップを何時も楽しみにしています。

今この部分で思考錯誤していますので、イメージは分かります(勘違いもあると思いますが)。
左腰が後方に下がる事で左膝も伸び始めますよね。伸び始める事で左サイドに回転軸が移動し、インパクト後のフォローでは左肩甲骨が外転した状態でローテーションが発生し、フィニッシュまでに左肩甲骨が内転。その間、左肘を曲げることなく(実際には曲がっていますけど)スイングアークを最大に使える。

これを左肘を畳んだりしてリストターンでフェイスの向きを変えるとスイングアークが小さくなり短いインパクトで終わってしまう。

左肘を抜いたり、畳まれてしまう原因の一つの様に感じました。

全く見当違いでしょうか。


EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR