ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

フェースローテーションをシャフトの軸回転で考えると 2

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

肘は下向きに使い、腕の下側の筋肉=小指側の筋肉を使いますよね。

という事は、

腕の上側の親指側の筋肉を使ってトゥー側を押すのではなく、

下側、小指側の筋肉でヒール側を引く意識が正解です。

フェースローテーションは反時計回りですからね。

引くというと違和感ならば、

「走るヘッドと引き合う」もしくは「ヘッドを引き止める」ことで

「自然なフェースローテーションを誘発する」とも言えます。

トゥー側を押すよりも極端なローテーションが無くなります。

強制的なローテーションではなく、ヘッドが勝手に回り、

その角度も極端ではありません。

ローテーションしないとフィニッシュまで首に巻きつく様には

絶対に走りませんからね。


そのための最も簡単なスイング方法が

いつものグリップを縦に振る、下に振るスイングなのです。

縦に振る=インサイドアウトのスイングですが、

インサイドアウトなのはヘッドではなくグリップです。

90%以上の方はヘッドをインサイドアウトに振ろうと

勘違いしていますね。

ヘッドをインサイドアウトに振ろうとするとシャフトが寝ます。

ヘッド軌道とグリップ軌道は別物です。

ヘッド軌道はグリップ軌道より全然アウトサイドの軌道ですからね。

多くのアマのスイングは全く逆なんです。

グリップ軌道の方がインサイドアウトであり、

意識すべきなのはヘッド軌道ではなく

グリップの軌道をインサイドアウトに振る事なのです。

それこそが、グリップを真下に落とす=縦に振る=V字スイングなのです。

ご自分のスイングをよく確認してみて下さい。


また、「グリップを縦に落とせない」という方が非常に多いのですが、

実は落とせないのではなく、

「怖くて落とそうとしていない」だけなのです。

縦に落とさない限りグリップのインサイドアウト軌道スイング

は不可能です。

その説明は次回です


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR