ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

シャフトの軸回転 3 左腕も出前持ち

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

シャフトの軸回転の誘導方法はまだまだありますよね。

そうです、左腕のアームローテーションです。

右腕の出前持ちはよく言われますが、

左右対称ですから左腕も当然出前持ちですよね。

フォローで左腕出前持ちという事は

どこかでアームローテーションが絶対に必要です。

フィニッシュでの出前持ちをイメージするだけでも

左腕は結構正しくロールしていきます。

また左腕は早めにロールを始動しないと

インパクトで左腕は伸びません。

右手首の様に一点で急にコネたり器用ではないですからね。

左脚前で始動では全然手遅れで左肘が詰まります。


 そもそも左腕のアームローテーションって

フォローへの抜けのために不可欠な条件であって

フェースローテーションのために左手首をコネルという意識は

実際問題少ないでしょうね。

しかし左腕のロールはある程度意識しないと最初は自然には出来ない

かもしれませんので意識的に練習してみて下さい。

フェースローテーションの最大のキーポイントになるかもしれません。

でもフェースローテーションのための左腕ロールではなく

左腕出前持ちのための過程として、

またフィニッシュへのスムーズな抜けのために必要なロールが

結果的に極めて適度なフェースローテーションの要因となる

といった感じでしょうか。


 問題はどこでどうやってローテーションが始まるのか?

右脚前からです。

どうやって?

右脚前にグリップを落とすだけです。

で、左手出前持ちを意識して左腕を軽くロールしていくだけです。

右脚加重で右向いたまま真下に振るとそこからロールが始動
します。

実はそれって右脚片足スイングと全く同じグリップ軌道と考えれば

分かり易いかもしれません。



さらに、落とすとか下に振る感覚って

タメが無い人には実際問題不可能です。

なぜなら、グリップとヘッドのタイムラグが無いと

右脚手前で既にヘッドは地面にめり込みますからね。

もちろんライ角を維持できなくても同様ですが。

タメとライ角維持ができてこそはじめて、

右脚前でグリップを落とし切れます。

そうしなければ左肘引けも治らないでしょうし、

フェード止まりで本物のドローは一生打てません。


 タメって分かり易く言うとグリップとヘッドとタイムラグなのですが

最も良いイメージはヘッドがトップにたどり着く前に

グリップを下げる時間差ですね。

グリップの最高点は肩より低いです。


また左手が下で右手が上を維持する限りヘッドは落ちません

=タメが維持されます。

右手で=右親指側で力んで振る人は論外ですが

左グリップを下げ切る勇気が無い人も

タメは出来ませんよ。

酔っぱらってるので変な文章かな?

ビデオなら一発で分かるんだけど撮ろうかな。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR