ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

右手首単独での動き コック維持、ライン出しも同じ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

これが右手首単独での動きです。

常にこれに左手と体の回転が加わわるので

右手首単独の動きはスイングビデオでは見れません。

フリップして右手首でクラブを振ってしまうと

「腕を振る」必要が無くなります。

コックを維持してリリースしないからこそ

腕をしっかり振らなくてはならないという事なのです。

それが 「腕を振る」 ということになります。

「手打ち」と「しっかり腕を振る」事は別です。



また、左右の腕の振りの軌道が異なるからこそ

前倒し、ローリングが起こります。

左右のグリップが同じ軌道では決してロールもローテーションも

起りませんし、加速もしません。

軌道の差によってドローとフェード、高低を打ち分けます。

フリップより当然精度が増し、かつ遥かに加速できます。

その軌道の違いの秘密はまたビデオで解説しますね


 そうそう、

この右手首の形こそがハンドファーストなのです。

グリップエンドの向きが体幹からずれたら

ハンドファーストとは言えませんからね。

ハンドファーストって言葉も結構語弊がありますよね。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

腕をしっかり振る

ゴルキチさん、いつもありがとうございます。

”右手首をフリップさせずに、コックを維持して腕をしっかり振る”
腕をしっかり振るって、難しいですね。

重力を利用したダウンスイングと前倒しで、慣性による自然なローテーションが起き、そしてフィニッシュまで、トップオブスイングからずーっと脱力したまま振れる事がようやく分かってきましたところです。

しかし、脱力したまま ”しっかり振る” 必要があるわけですから、具体的にどうすればいいんだろう、という疑問が沸々とわいてきています。

ゴルキチさんが以前、次のように書かれていたのを思い出したのですが、若干言葉がちがうので間違っていたら失礼いたします。

「トップからヘッドを丸く切り返し、自然落下でグリップがHWDまで来たところから、本格的に振る。ビジネスゾーンではクラブを、飛球線後方から補助的に押してあげるイメージ。」

練習で感じるのは、スイング中 腕をずっと脱力していても、背筋で手元を股間に引きつけつつ、骨盤のブラッシングでヘッドを走らせることは出来ます。

これに加えて、”飛球線後方から補助的に押してあげる” 必要があるとすると、実際にどういう動きを取れば良いのかが分かれば、もっと頭がすっきりしそうです。

腕を意識的に右から左に振ろうとしたら、グリップが体の正面から外れそうです。腕ではなく、左右グリップのテコを利用し、右手首のコックを維持しながら右手で低く長く押し込んでいくイメージでしょうか。

押し込むといっても手首を返すのではなく、ビジネスゾーンでは終始 手の中でクラブをずっとテコで支えている感覚が、体の回転と合わさることでまるでクラブを飛球線方向に押し込むのと同じ様な感覚となっているようです。

① 背筋で手元を股間に引きつけて
② 右手首のコックとテコを維持して
③ 骨盤のブラッシング (両足の蹴り)

この3つでなら腕を使わずして、腕が結果としてしっかり”振られ”ている気がします。

ゴルキチさん ありがとうございます

〉重力を利用した前倒しで起きた腕のロールでのローテーションでは、左腕でインに引き込まない限り引っかけは起こりにくいです。両腕のロールのメカニズムが理解できると左腕は左に引かないという事が分かります。

はい。引っかけて、ショートコースで2発左OBでした…肩が回らないのに、腕を回した結果、左腕をインに引かざるを得なかったのだと思います。

メカニズムを理解することによって、自分が何をしているのかが分かれば、体の対処方法は何通りか考えられる気がしはじめています。腕が長い人もいれば、短い人もいますし、同じ人でも、身体が固い日と柔らかい日があると思いますので、肩を90度回すことを必須にすれば、ヒールアップする日としない日があっても全然問題ないのではないかと。
すると、Bugwineさんのアドバイスにあるバックスイングからトップの重要性に気づかされます。
ここからは私の仮説ですが、きっとその人の体型によって、ボールに対しての理想のトップでのフェイス位置・向きがあるのではないかと思っています(身体や腕の位置ではない)。そこにさえ上げられれば、勝手に身体が動くはずなので…
そんなことを意識しながら、その位置に持っていくために、必要な身体の動かし方を探してみようと思います。
理想のフェイス位置・向きが分かったら、また投稿させて頂きますので、その際にはよろしくお願いいたします!

元気ゴルフさん、Re: Bugwineさん ありがとうございます

> アドバイス頂いた感覚、分かります!
> その感覚を含めて再現しようと思って、今日はショートコースを回ってきましたのですが、結果は、うまく再現できませんでした。
> 回り終わった後に気がついたのは、腕に意識が行き過ぎて、肩が回っていなかったということでした。
> 結局、感覚でやっていると、こうなってしまうんですね。その日の体調もありますので、明確に物理的に行うことを決めて、素振りや打ちっ放しでのスイングを、ラウンドで再現できるように、また実験を繰り返してみたいと思います。
> またまだ先は、長いですね…(笑)

このあたりの話は奥が深いですね(笑
重力を利用した前倒しで起きた腕のロールでのローテーションでは、左腕でインに引き込まない限り引っかけは起こりにくいです。両腕のロールのメカニズムが理解できると左腕は左に引かないという事が分かります。同様に左腰も左方向にはバンプしないという事になります。ローリングでの右腕の「振り」とその振り方も非常に重要です。腕を使わずに腕を振ると言うようなイメージになります。

トゥーをシャフトの真上にバランスをとって立てると重力を感じなくなります。シャフトも同様に垂直にすると重力を感じなくなります。卵をバランスをとって立てて静止させるのと同じ現象ですね。

トップまでにヘッドには遠心力がかかり、最後は逆に回転軸に近付く求心力がかかり動き続けます。しかしヘッドがトップに到達する前に体幹は既に逆回転を始めています。そうしないとヘッドはいつまでもトップができません。回転軸から最も遠いヘッドが最後に遅れてトップに達するという事です。それが「間」です。

いろんな重力や慣性を感じ取る努力をして、メカニズムを理解するとさらに感覚が敏感になります。すると体の動きも確実に変わってきます。闇雲にクラブを振らないスイングが出来上がってきます。

間はプロでも狂います。非常に難しいです。だからこそそこにアマの発展途上の最大の原因があります。

Bugwine さんRe: ヘッドの重さを感じる

Bugwine さん、いつもコメント大変有難うございます!!

> スイングってどこか悪いとそれをどこかで補おうとするので、正解までの道が長いです。最低でもバックスイングは正しく上げないと正しく降りて来ないので、そこから先なかなかうまくいきません。

そうですね。殆どのアマはテークバック初動から腕をロールしてインに引き込みます。トゥーを後ろ倒ししてフェースをいきなり開きながら上げてしまいます。その方が楽だからでしょうね。トップの形が変わらなくても途中経過は全く違います。クラブも終始寝ます。ダウンも同様寝たまま扱われます。その辺のメカニカル的な事も、ヘッド、クラブの重力の感覚も殆どの方は意識していないでしょうね。

> バックスイングと言うだけあって、腕でクラブを振り上げてしまうのですが、
>グリップが腰を超えたあたりから重さを感じない
> そう言うのが理想のバックスイングです。
> ライ角キープしたままバックスイングを始動できればヘッドの方が先に上がります。
> そうすると腕が水平になるくらいでクラブは立つので横への荷重が無くなり重さをあまり感じなくなります。
> そのままあげるとヘッドの重みでコックが自然にできる方向に落ちるよう回り込みます。
> そうやって上げたものはダウンであまり重みを感じないで落ちるように降りて来ます。

非常に素晴らしい表現で大変参考になりますありがとうございます。
そのあたりのメカニズム、感覚がタメができる要因であることを説明するのが非常に難しいですね。切り返しの間を意識して作れるかどうかが大きな技術的差だと思いますね。

Bugwineさん ありがとうございます

アドバイス頂いた感覚、分かります!
その感覚を含めて再現しようと思って、今日はショートコースを回ってきましたのですが、結果は、うまく再現できませんでした。
回り終わった後に気がついたのは、腕に意識が行き過ぎて、肩が回っていなかったということでした。
結局、感覚でやっていると、こうなってしまうんですね。その日の体調もありますので、明確に物理的に行うことを決めて、素振りや打ちっ放しでのスイングを、ラウンドで再現できるように、また実験を繰り返してみたいと思います。
またまだ先は、長いですね…(笑)

ヘッドの重さを感じる

ちょっと横から失礼します。

>元気ゴルフさん

スイングってどこか悪いとそれをどこかで補おうとするので、正解までの道が長いです。最低でもバックスイングは正しく上げないと正しく降りて来ないので、そこから先なかなかうまくいきません。
バックスイングと言うだけあって、腕でクラブを振り上げてしまうのですが、

 グリップが腰を超えたあたりから重さを感じない

そう言うのが理想のバックスイングです。
ライ角キープしたままバックスイングを始動できればヘッドの方が先に上がります。
そうすると腕が水平になるくらいでクラブは立つので横への荷重が無くなり重さをあまり感じなくなります。
そのままあげるとヘッドの重みでコックが自然にできる方向に落ちるよう回り込みます。
そうやって上げたものはダウンであまり重みを感じないで落ちるように降りて来ます。

コックを維持してローリング

ゴルキチさん。今回もありがとうございます!今まで、こうだろうなぁと思っていたことが、一つずつイメージで整理されてきました。
腕のローテーションを意識すると、球を包み込むイメージが出過ぎて、フック弾道の感覚なのですが、実際の弾道はそうでもない。ローテーションしながらも、フェードも打てるように、また実験を繰り返したいと思います。
重力やら慣性力・遠心力で、自分がやろうとしていることと、物理的に発生している現象が違うので、この辺りを整理していきたいですね。ゴルフって奥が深いですね…(笑)

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR