ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダフリ撲滅作戦1 クラブは当然手や腕なんかで上げないし、上げたくもない

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

ダフるというコメントがすごく多いですが、

アマの9割以上は確実に、完璧に、思いっきりダフってます。

そう見えなくてもちゃんとダフっています。

下手なシングルでもまさか自分がダフっているとは思いもよらない。

ダフる理由の殆どは手でクラブを上げているから

さらに下手な体重移動で軸が傾き右サイドが落ちているから。

またはヘッドの重さによる慣性をなめているから。

諸悪の根源のリリースが早いから、等々。

レンジでは濁ったインパクトの音しか聞こえません。

カツンと乾いた音を響かせているアマなんて超稀。

一瞬カツンでもカツンが短い。

「カブッ」って感じですぐ濁る。


これだとゴルフというより芝刈りしにゴルフ場に行っている

と言った方が正しい。

趣味は「ゴルフ」ではなく「芝刈り」なのだ。

ちゃんとターフを戻さない人はもっと酷くて耕して歩いてるだけ。


 何度でも言いますがクラブは手で上げない。

屁理屈ではなく理論上でも事実なのだから仕方がない。

上げているんじゃなくて結果的に上げられているんです、実際。

もっと言ったら、なるべく上げたくもないし、

グリップなんかきょくりょく上げないように努力してます。


もちろん横峯さくらプロは手で上げてますが。

しかし、手で上げている男子プロはまずいない。

左腕を半径として慣性で円運動で上がっていくだけ。

右前腕でドアノブを右に回して、右ひじが曲がっていけば

嫌でもヘッドは上がって行くのです。

そしてヘッドに引っ張られグリップは肩の高さまでつられて上がってしまう。

手や腕で上げている人達は自分が完璧に、120%間違っていることに

全く気が付いていない。

数年間、数十年間一生懸命頑張って手で上げていた事が間違っていたなんて

信じることはさぞ辛いことだろうが仕方がない。


さらに、クラブを手で上げないどころか、

なるべく上げたくもないと感じるべきだと思う。

体も腕も回転するのでヘッドが勝手に上がってしまうのはまだ仕方がないが、

グリップなんかはなるべく少しでも上げたくないし、上がっても早くおろしたい。

上げれば上げるほど確実に、絶対に精度が落ちるから。


 パターでダフるゴルファーはいない。
(パターでダフる奴はゴルファーとは言えない)

だってヘッドも、グリップも上げないのだからどうやったってダフりようがない。

それと同じでクラブを上げていなければダフらない。

超単純な話でダフるのが嫌なら上げなければいいのだ。

しかし上がってしまうものは仕方がない。

肘が曲がってヘッドが上がっても

グリップは上げない。(努力をする)

クラブを必死で上げない努力をすればいいのだ。


それからヘッドは想像以上に重く本振りでは確実に素振り以上に落ちる。

だから試しに右肩を死んでも下げないで打てばいいのだ。

左下がりのライみたいに右足つま先立ちで右肩を上げて打てばいい。

最初はひたすらトップだけ打ち続ける。

そしてこの動画のヘッドのローテーションによるダウンブロー

のイメージなら球を拾える。



1,000発でも3,000発でも分かれば安いものだ。

打球は絶対に上げないで林抜けのイメージで超低空でしか打たない。

それなら嫌でもインサイドアウトでローテーションするはずだ。

さらにフォローも手で上げない。

だからテークバックもフォローも手で上げないのが正解。

死んでもダフらないで打ち続ければ

手で上げない感覚が分かるはずだ。

テークバックでグリップをなるべく上げたくない、

ダウンでグリップを直ぐに下したい気持ちが分かるはずだ。

意識としてはグリップはスイング中ずっと結構、かなり下げっぱなしなのだ。

強制的にしぶしぶ上げられているだけなのだ。


相当劇的に意識を変えて右肩を高く残さないと

右肩下がり、ダフりは治りませんよ。


習得の簡単な確認方法は、

「ヘッドアップなんてありないでしょ

と平然と言えたらOK

カツンの世界が分かります。

顎は下向きとか、そんな意識なくても簡単にできるようになるはずです。

少なくとも手でクラブを上げている限り絶対にダフりは止まらない。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

いいぞ、いいぞ!

ゴルキチさんの理論の過激さが心地いい。
自分の場合、20ヤードのアプローチでも
グリップエンドは体の一番遠く低い位置へテークバックします。
でも手で上げていますが、賛同です。
さらにお願いいたします。

No title

HWDで手の動きを少しゆっくりすると、シャフトが軸回転する時間的余裕ができてうまくボールが捕まるような気がします。逆に飛ばそうと思って手を速く振り過ぎると薄めに入ったり右にふけることが多いです。この認識は合ってますでしょうか?それとも手を真下に落としつづける限り減速する必要はないのでしょうか?

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。