ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ダフリ撲滅作戦2 ゴルフスイングは体幹で3㎏のウエイトボールを振るのと全く同じ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

ここのところちょっと厳しい言い方かもしれませんが、

ダフリ解消は己の欠点を認め、ひたすら欠点克服練習しかありませんし、

総合的に正しいスイングを早く気づく近道であると思います。


殆どのアマは自ら正しい軌道から上に外している

事に気が付いていません。

手や腕で正しいグリップ軌道より上の軌道に持ち上げて振ってしまうのです。

自らレールから早々に脱線させているのです。


テークバックもダウンもグリップ軌道はもっと低いです。

ハンドダウンにしろということでは全くないですよ。

グリップの扱いが軽過ぎる、軽率過ぎるんです。

腕力頼みで遠心力を全く無視しているのです。


もう一度3㎏のウエイトボールを振れば一発で分かるはずです。

昔から薦めていますがこれこそゴルフスイングと全く同じなんです。

体幹、体軸で支えられる最低限のグリップ軌道で振るはずですよね。

3㎏ならウエイトの重さを思い切り感じながら、遠心力で振りますよね。

トップも腕で上げず、遠心力を利用してまさにレール上を走らせる感じですよね。

ダウンでも体幹で支えているテークバックと同じ軌道を滑るように

落下させながら走らせますよね。

わざわざそれ以上高い軌道に遠心力に抗って腕で持ち上げて振りますか?

そんな疲れる振り方する人は皆無ですよね。

ボーリングも同様ですよね。

ウエイトボールを振る時右肩が下がるとか考えますか?

そんなことあり得るでしょうか?

右肩が下がるってありえないですよね?

なぜでしょうか?

試してみてください。

手で上げるから軌道がばらつくんです。

手で上げて、さらに球を叩きに突っ込むから右肩が下がるんです。

球を無視して素振りの再現に徹する努力をするしかありません。


それを手で上げているのに練習でグリップ軌道を一定にすることなんて

不可能です。

手で上げているから、ダフるということに気が付いてください。

手で上げ、下げすることが「 グリップが浮く 」と言い最も忌み嫌われます。

一度浮いて体幹とグリップの間の緊張が切れると

2度と元のグリップ軌道には戻せないからです。

体幹で3㎏のウエイトボールを振るのと全く同じで

グリップが恐ろしく重いとイメージしてウエイトボールのように体幹で

遠心力だけを利用してクラブを振ってみてください。

グリップがヘッドに肩の高さまで引き上げられるのが分かります。

するとグリップがものすごく重いのにヘッドに引っ張られるので

体幹、グリップ、クラブの間に捻転が今までになくかなり強く感じられるはずです。

いままでいかにダラけたトップだったか愕然とするはずです。

トップはかなりコンパクトになったにもかかわらず、

体幹、グリップ、ヘッドの緊張は終始変わらず緩みがないので

インパクトも狂いません。右肩なんて落ちません。


その感覚で芝の上か、土の上から絶対にダフらない様に1000本アプローチ

をするといかにインパクト以降の「 フォローを低くするか 」 が

ダフらない最大のキーであることに気が付きます。

インパクト前後を如何にレベル軌道に出来るかが結局技術、腕です。


もちろん前回のビデオのヘッドのローテーションによるダウンブローイメージ

もなければフォローは低くできません。

想像より遥かにフォローが低いということは、

要するに、殆どのアマはかなりアッパーに振っているということです。

ということはインパクト前の軌道が低くなっています、

もしくは自分のイメージよりヘッド軌道が落ちているということです。

手で軌道より上げて緩んで緊張がないのでダウンでは逆に落ち過ぎるのです。

だからってまた手で上から球をつぶしても手遅れですよ。

もちろんリリースも早過ぎるのも一因でしょうが、

とにかく手で上げるから全てが緩み切っているから

ヘッドが想像以上に落下しているのです。

体幹で支えてる意識も出ないのです。


ダフリに安易な特効薬などはありません。

でもウエイトボールをひたすら振ること、

土の上からひたすらクリーンに打つ練習が最短かと思います。

数千発でゴルフスイングのイメージが確実に変わると思います。

とにかくレンジの人工芝でダフ、ダフ打って下手を固めるのは止めましょう。


私はレンジでは人工芝でなく足場のマットから直に打ちます。

床からも直から打ちます。

アプローチは殆ど土の上からクリーンに打ちます。

アプローチって低空の方が絶対有利ですよ・・・・、

そう言い聞かせているとそのうち低いフォローでもローテーションで

しっかり上げられるようになります。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

Re: 背筋とクラブが引き合う

パンチさんどうもです!!

> 今日ゴル吉さんが言っていた背筋で振ってみたのですが、遠心力をかけ続け、背筋とクラブが同じ延長線上にあれば、軌道が安定する事に気付きました。

一応カタカナのゴルキチ使ってます(笑 どっちでもいいのですが最近他の方もいらっしゃるのでごめんなさいね(笑

> 右にずらしたり、上に上がると身体とクラブの関係が切れ、背筋で振れなくなる事もわかりました!
>
> また、この方法は腕が身体に近すぎると遠心力を感じる事が出来ないので、背筋で振りづらい事もわかりました!

そうですね、手上げと違うでしょ?遠心力でスイング中ずっと左腕は自然に伸びますし、意識的にも伸ばしますよね。

> とにかく背中の中心とクラブは必ず同じ延長線上にある事が最も重要じゃないですか?

意味がちょっと分からないのですが、クラブが体の正面にあるということでしょうか?手で上げるとどこへでも上がってしまいますが体幹の回転で上げると大きくずれないですし再現性が出ます。

> 振り遅れも無いです。
> 振り遅れするのは背中とクラブの関係が切れるからじゃないですか?
> 間違いがあれば教えて頂きたいと思います。

体の前方にあるので振り遅れにくいのは確かです。
顔と胸を右に向けたまま振れば振り遅れは無くなりますし、右肩が落ちないこともよくわかると思います。

私の場合コースで想定よりプッシュアウトするときの振り遅れの原因は想定よりインサイドに上がった時です。要するにコックがわずかに遅れた時で、打出しを右に出そうと意識し過ぎた時に起こり易く、要するにクラブが体の正面より右にずれた時ということですね。

ピント外れな回答ならもう一度コメントくださいね!!

背筋とクラブが引き合う

こんばんは。
パンチです。

今日ゴル吉さんが言っていた背筋で振ってみたのですが、遠心力をかけ続け、背筋とクラブが同じ延長線上にあれば、軌道が安定する事に気付きました。
右にずらしたり、上に上がると身体とクラブの関係が切れ、背筋で振れなくなる事もわかりました!

また、この方法は腕が身体に近すぎると遠心力を感じる事が出来ないので、背筋で振りづらい事もわかりました!

とにかく背中の中心とクラブは必ず同じ延長線上にある事が最も重要じゃないですか?

振り遅れも無いです。
振り遅れするのは背中とクラブの関係が切れるからじゃないですか?

間違いがあれば教えて頂きたいと思います。
よろしくお願いします!

スイングの真髄を学びました

ありがとうございます。
手で上げず、クラブの重さを感じながら体幹であげ、捻転がしっかり入ったゆるまないトップが
ダウンスイングを正常にし、ダフリのない正確なインパクトにつながること。
インパクト以降の低いフォローの意識がスイング軌道を卵型にし、インパクトゾーンを低く長く保ち、ボールを押し続けることができることになると理解しました。
そこで、教えていただきたいのですが、
このスイング軌道を作るためには、スイング中腰から上の前傾角がゆるんではならないですよね。前傾角をキープしたままスイングを続けるためにはどこを注意(何を意識)していけばいいのでしょうか。
よろしくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR