ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

コースマネージメントこそが己のスイングを作る & トップでオンプレーンに乗せる絶対条件 2

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

 たくさんのコメント本当にありがとうございます。

大反響で本当に、単純に嬉しいです

どんな内容のコメントであれ同じゴルキチ同士なので嬉しいです。

わざわざ時間を割いて書いていただけるのですから

ただただ感謝です



 今日は、皆さんと同じく超ゴルフ馬鹿の親友とレンジで恒例の練習でした。

お互いに相手の欠点を、自分なりの意見でズケズケと遠慮なく指摘します。

お互いにそれはダサいとか、みっともないからやめろとか全然平気です。

実際、最近の最大の悩みだったミスの根本的原因が

その友人の指摘で今日発見できました。

私 「 何でもっと早く言わなかったんだよ!? 」

友人 「 えっ、今まで自覚してなかったの

わざとやってるのかと思った。 」

私 「 そんなのワザとやるかよ~。自分じゃ気がつかんかったわ! 」

てな感じです。

そういう本当の仲間がいないと良いコーチだけでも

進歩は困難だと思いますが、なかなかいないですよね。

そんな仲間がこのブログでできるから、

ひたすら書いているのだと思います。

実際このブログでそういう友人が世界中に何人かできましたし、

コメントを頂ける皆さんも、そういう大切な仲間だと私は思っています。

実際皆さんのコメントで私自身も勉強させられているのです(笑
 

 最近常々痛感しますが、

やっぱりコースマネージメントがスイングを作るんだな・・・・と。

私はコースマネージメントはリスクマネージメントだと思います。

従って、リスクマネージメントこそが自分に最も必要なスイングを作り、

スイングの疑問の答えを提供してくれると思います。


 例えば、両サイドがOBとガケでどちらにも逃げられない、

自信が持てない怖いロングの1打目、果たしてあなたはどう考えますか?

1、 HC5下を狙うならこんなところで逃げていてはそもそも無理だ、

自分を信じ、良いイメージだけを描く事に集中して

思い切って振りきる。仮に結果が悪くても引きずらずらない。

という最もポジティブな発想。


2、 左右怖くて、狭いフェアウェイでもティーショット120ヤードまでなら、

仮に曲げても絶対にケガ無く、安全に4オン狙いなら可能だ。

各状況下において、自分の技量でも確実に出来ることからまず考えて、

責任を持ってストラテジーを組み立ててみる。

まず、自分独自の発想で 「 考える 」ことが重要だと思います。


1の発想は全然簡単なことですよね。

私もいつもやって懲りずに自爆していますが(笑

果たして私たちは2の戦略を常時考え、そして実行できるか

ベストなコース戦略は100人いたら100種類あるでしょう。

それに合ったショットもフォームも練習方法も100種類あっていい。

今の自分にとって、目先の5打をコースマネージメントだけで

縮めるために、果たして必要なショットは何なのか?

その為にフォームをどう改良するべきなのか?

そこにそれぞれの答えがあると思います。


 ではゴルフレッスンとは何なのか?

そもそもゴルフは個人プレーであり、

全ての結果は当然自己責任の孤独なゲームです。

どんなに言い訳を並べたところで、結果からは逃がれられない。

レッスンやスイング知識は、自分で責任を持って、

自分だけのリスクマネージメントを考えるための

ヒント集と考えればいいでしょうか?

自分の打った球には絶対に言い訳をしないで責任を持つ、

スコアにも黙って責任を持つ・・・・。

これは、自分の技術なりの精一杯のリスクマネージメントを

全ショットで常に心掛けない限りできないでしょうね。


私にとってゴルフはそもそも苦しい拷問みたいな存在でした。

良い思い出のために楽しくゴルフをやっているのではなく、

過去の幾多の雪辱を果たすためにやっているのです(笑

だからそのために上手くなれるなら辛いことなんて何もないのです。

まあ、今は下手なりにも球を打つ瞬間が

確実に人生で最も幸福な瞬間なのですが



 では前回の質問の私の回答ですが、

私はここ、右人差し指付け根の第三関節の上に乗せます。

あくまでもグリップは個人差がありますが私の経験上私にはベストです。<

そして、フルショットのみならず全ショットトップはここで受け止めます。

ここで圧力と安定性を感じとることで、トップでの水平、平行を感じ取れます。

従って、ダウン時にシャフトのしなり、しなり戻りがオンプレーンかどうかも

この部分の圧力でしっかり把握できます。



トップの位置に失敗した時も成功した時も。

また、タメの間合いも私はこの部分の圧力で調整しています。

左手の親指だけでは、私はこれを感じ取れませんし、

そもそも左手親指だけでは不安定です。

また、皆さんのご指摘の通り、極力右肘真下向き、前腕は地面と垂直ですね。

2015-11-16 04.12.11

 
左グリップはストロングとウイークでかなり変わりますので様々です。

皆さんの参考になればと思います。

グリップはまた詳しく書きますね


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

僕も最近コースマネジメントに興味持ち出しました。
スイングも、大事ですけどキリが無い事に気付きだしました。
またコースマネジメントの事も、教えてください。
よろしくお願いします!

当たった
第1と第3勘違いしてたけど

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR