ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

腕で振らない、リリースしないスイング

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

あさ さん毎度です。

>以前にアップされてた体重移動はいらないよの所で質問なんですが、真下に落とした後引きつけるといっていますが左手だけですか?だいぶ前にアップしていた中井学プロの動画では、タメを作って、ヒンジングの動きをしろっていってるのですがどっちが正しいのですか?それともドライバーだけの動きなのでしょうか?

 両方極めて重要です。

両方とも私もスイング中、常に最も注意していることです。

基本的に全ショット同じです。


 遠心力に対抗してクラブを体に引きつけるのはかなり大変な事です。

トップで背後にあるクラブを腕ごと前方に振りだすのですから、

大変な遠心力が働き、横振りイメージなんかでは確実に腕ごと浮き、

手首は伸びます。ライ角維持どころではなくなります。

だからグリップをなんとか低く体に引きつけたい。

そのためにはトップからは真下に縦振りのイメージじゃないと、不可能です。

インパクトでグリップが低くなければライ角も維持できません。

安定して低く維持できなければライ角が伸びフェースが開き、

軌道も安定しません。


トッププロがダウンで頭を下げる動きをしますが、

それは下半身が先行して開く動きの中でも、

左肩は開かず低く残し、なんとしてもグリップを低く

残したいという強烈な意思の表れです。

下半身はしっかり回して開かなければならないが、

肩は開いてはならないという、骨格構造上極めてな無理な動きを

しなけらばならないのですから。

頭を下げてでも左肩を開かずに残すための

必死の苦肉の動作の結果なのです。

グリップは死んでも浮かしたくないのです。

そこまで必死になって初めてスインガーの意思が分かります。


その為にグリップを体に引きつけるのはもちろん両腕でですが

前傾を維持して脇を締めます。

腰は絶対に前に出したくないので右かかとは上げません。

もちろん右かかとを平気で上げるプロも山ほどいますし、

日本の女子プロなどガバガバ上がっています。

そして肩も開いて懐など完全に押しつぶれています。

それを私たちが参考にすべきなのか?

当然反面教師にしかならないですね。

自分は自分です。


 特に右上腕はテークバック、トップ、ダウン、フォロー

全局面において体から離しません。

擦りつけたままです。脇は絶対に開けたくありません。

窮屈で飛ばない? 心配しなくても十分飛びます。

さらに右ひじはほんの少しでいいですから軽く曲げます。

連られて絶対に右肩を下げないように注意が必要ですが。

それだけで驚くほど精度、方向性、ミート率が上がります。


 右手首を甲側に折るヒンジングも同様です。

トップで出前持ちで右手は甲側に大きくヒンジングします。

その角度をインパクトまで維持するイメージです。

えっ?と思うかもしれませんが大丈夫です。

時間はかかりますが振り遅れの恐れを捨て切ってください。

しかしそれを維持するために手首が力んではダメです。

軽く、しかもちゃんと維持します。

矛盾しているようですが

フォローまで一切リリースしなければ軽くても維持できます。

タメは自らリリースする必要はありません。

遠心力で自然にリリースされるのを最後まで信じ切るのです。

信じ切れた人のみにシングル、5下への道が開けます。

宗教みたいな言い方ですが本当です。

またヒンジングの維持こそがハンドファーストです。

腰が先に回ってハンドファーストでなければ

全くゴルフスイングにはなりません。


 右前腕はドアノブを右回しに開ける回外で右脇を内側に締め、

アドレスからトップ、インパクトまで終始継続します。

だからこそトップでも右わきが開かず、右前腕が垂直に立つのです。

そうする事で右人差し指の第三関節の上にグリップが乗ります。

皆さんが回答して頂いたように

垂直の右前腕の骨の上方にしっかり乗るのです。

フライングエルボー気味右わきが浮けば

第3関節にグリップは乗らず落ちます。

フライングエルボーは確実に最悪の現象で、

なんとしても治すべきですし、私のテークバックの方法なら

確実に治ります。



 また、「前倒し」でも誤解を生んでしまったと思いますので、

少し修正させていただきたいと思います。

意図的に手で前倒しはしないで下さい。

しっかり前倒しのイメージさえできれば前倒しは勝手に起きます。

従って、インパクトまでというか、もうリリース自体忘れて下さい。

リリースはもう必要ありません。

フォローまでコックを維持しても勝ってにリリースして振り遅れません。

「自然に前倒しするんだ」 というイメージさえあれば。


それから腕はしっかり振りますが、腕で腕を振りません。

股関節で骨盤を回転させ、その骨盤でその上の腹部分を

回転させることで腕を振ります。

腕はでんでん太鼓のひもとほとんど同じイメージです。

もちろん僅かに正しい軌道にリードするために、引きつけたり、

手首の角度を維持する重要な役割がありますが、

腕では振りません、変な言い方ですがわかるかな?


 例えばダウンではグリップを縦に低く振りたい。

そのベストな方法は何なのか?

左腕を下に抑えて低く振るのか?

違います。

腕の完全脱力なのです。

腕を完璧に脱力してヘッドの重さ、腕の重さ、を強く感じます。

そして体幹で腕を振る事で初めてヘッドは確実に最低の軌道を描きます。

左腕で低く振ろうとしても逆に浮く時もあり絶対安定しません。

それに腕で少しでも軌道を操作すると絶対にプレーンを外れます。

だから 「自然落下」 なのです。

なかなか理解し難いと思いますがいずれ必ず分かります。

腕で抑えたり、引いたりすると絶対にプレーンから外れます。

腕でプレーンを毎回確実になぞるなんて事は不可能です。

遠心力を利用したヘッドの自然な動きでしかプレーンは維持できないのです。

球を打ちに行く=球に確実に当てようとすると絶対にほんの僅かでも

腕で球に向かって操作してしまいますが、

それは自然落下による振り子運動の軌道とは絶対に違います。

腕で振らなければ振れるわけがないと思うでしょうが、

しかし股関節で遠心力とコックとタメを利用すれば振れますし、

腕で振るより確実に遥かに高速に振れます。


しかし、グリップはしっかり握ります、部分的に。

特に右人差し指本と親指でグリップするとトップでぐらつかず

タメができます。またビデオで説明します。



 今後はしばらく「タメ」 と 「間」 のあるスイングを最大のテーマとして

まずは、リリースしないスイング、腕を一切使わないスイングを

徐々に説明していきたいきと思います。

そうしないとこれ以上のスイング解説も限界かもしれません。

実はそれは、むしろ非常に難しく、非常に高度です。

おそらく相当な努力無しで到達できる方は極僅かだと思いますが、

私が説明したいスイングを理解して頂くため不可欠だと思いますし、

絶対に分かっていただけると確信しています。


ちなみに「間」とは切り返し、トップ、ダウン開始で

クラブが落下し始めるまでの時間です。

そこまで待たないと落ちて行くものを後ろから加速する

ということはできないですよね。

だからプレーン上での加速が可能になるのです。

落下開始前に無理に引っ張ると絶対にプレーンを外れます。

ヘッドが行きたいところこそがオンプレーンなのです。

腕で無理に引っ張ったら絶対に外れます。

プレーン上を走るヘッドを後ろから押すのです。


まとまりのない文章になっていますが、

ポイント一気に書きましたのでご配慮お願いいたします。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

No title

こんにちはあさです。

また質問です?グリップについてなんですが、アドレスの時の右人差し指は第三関節につけませんよね?テークバック〜トップまでなら乗るのはわかるのですが?インパクトではどーなのでしょー?
それとトップが浮かない、2段にならないやり方教えてくださいねー!笑

はじめまして!

Youtubeでゴルキチさんの動画を拝見させていただき、このブログにたどり着きました。

自分が理系なので、プロのレッスン動画で、ただ「こうしろ」と言われただけでは納得しない人間なので、ゴルキチさんの解説はすごく腑に落ちます。

私は、この記事に書いてあることが、ゴルフスイングの全てを大体表しているのかなと感じました。
結局、体、クラブの構造から、トッププロのようなベストなスイングは決まっていて、それから逆算してひとつひとつの動き(テークバックの仕方や切り返し方のこと)を理論的に動かしていくというように解釈しました。

こんなに偉そうですが、ゴルフの腕は全然なので、このブログをよく読んで頑張りたいと思います。
更新楽しみにしております。

結局、下半身主導に行き着く?

いつも拝見しています。
腕の完全脱力のヒントありがとうございます。
最近、前腕ドアノブ右回しやグリップの右太もも刺しなど上半身に関することばかり気にしていたら、いつの間にやら、上半身がガチガチに力んでしまっていることに気づきました。
クラブ軌道は、結局下半身の動きでコントロールする必要があるのかとの考えに立ち戻ってもう一回組立て直しです。

ゴル吉さんおはよございます。丁寧に説明ありがとうございます。わたしの様な下手くそを相手にして頂きありがとうございます。
色々思い当たる節がありズキズキきました笑
特に腕の力を抜いて自然落下の所です!アプローチではかなり力を抜いてできるのですが、フルショットになれば引き下ろしを否めません💦それでタイミングが崩れているのを自分でも自覚しております。アイアンだけシャフトをダイナミックゴールドx100にしたからかなー!っていう言い訳はしません。笑これから治していきますね笑
テークバックでは左の掌の小指の一番下?なんていうんだろ?腹?で押す様に右斜め前にコックしたらかなりいい感じでした!前のブロをみて勉強さしてもらってます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR