ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

左の壁なんて要らない。壁で止める意識を捨て、左腰を積極的に回そう

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

 さてさてさーて、

どんどん核心に迫っていかないと皆さんもお待ちかねでしびれが切れますよね。

ビデオ加工って本当にめんどくさくて師走も迫り本業が貧乏暇なしで

忙しくてなかなかできなくて本当にごめんなさいね。

ビデオ解説作りたいんですが。

どなたかお金が山ほど余って暇なゴルキチスポンサーがいたら

スクールや同好会でもやりたいなーともつくづく思います。

私はアマなのでティーチングプロがいてくれれば何か可能かなとも。

 

 まあ夢物語はそれはさておき、

体重移動を止めさえすれば簡単にスウェイはキレイに消えて無くなります。

悪夢から解放されます。

スウェイが無くなれば壁の意識も必要ありませんよね。

壁が要らなければ思いっ切り振り切れるわけです。

「どこかを止めなければならない」という呪縛から解放されるのですから。

フィニッシュまで思い切り振り切れます。

思いっ切りって、力まかせではなく速度ですよ。

しなやかに、軽やかに、スマートに最高速度で振り切りたいですよね。


テークバックで体重移動しないと言うことはテークバック直後に

背後に回転です。微塵も右に動く間もなくです。

インに引かず飛球後方に真っすぐ、コックを早めに入れて上方に引きます。

とにかく何が何でもインサイドにアンダーは超最悪ですからね。

だって真っすぐターゲットに飛ばすんだから飛球線に沿って

平行に振るのが道理でしょ?

なんで極端にインに入れてアウトに出すの?

絶対変でしょ。

そんなことしなくてもドローなんか打てるし、

精度が勝負なんだから。

インに引いてアウトに出すのはドローじゃなくて

一か八かの引っ掛けフックボールですよ。



アドレスからトップまで脳天はほぼ不動です。

頭を止めたら動けないから動かせって言うのは真っ赤なウソですね。

右にスウェイしなければダウンでも左に戻る必要がないので、

ダウンで左に無駄に能動的に体重移動やバンプなんかしない限り

ダウンで左へスウェイもするわけがありません。

また右足かかとを粘れば当然左スウェイでき無いし。

左右にスウェイしなければ、右壁も左壁ももう意識しなくて良いのです。

左サイドの骨盤以下はダウンで徐々に加速するように回します。

ここが最も重要なところで、

左壁なんかもう忘れて、ダウンと同時に左腰を回していかないと

ダウンフローは絶対にできません。

低く長いインパクトはバンプではできません。

左腰が回転していかなければ絶対にできません。

何故なら、左腰を回さないで左壁を作ってしまうと左腰の逃げ場がなくなり

上方に伸びあがる他なくなります。

だから逆に右肩は下がらざるをえないのです。

するとダフってアッパースイングになります。

ダウンブローも、低く長いインパクトも永久に不可能です。

だから左腰を回しこんかだ時に肩が同時に回らないように

残して粘るのがアマがが目指すべき技術なのです。

どんなに死ぬほど何万発もアプローチの練習をしても

チャックリ、ザックリするアマが殆どですよね。

左腰が回転しないと詰まって左腰が伸び、左肩が絶対に上がります。

左が上がればどんなに右肩を我慢したところで確実に下がります。

皆、右肩だけを注意していますが、そもそも全然見当違いなのです。

左腰さえ回していけば、右肩は下がりません。

そうすればダフりのリスクは劇的に減ります。



それから、スイングの基本はハンドファーストです。

それは形だけまねしても無意味です。

インパクト前にリリースしてしまう人にはできません。

逆にインパクト前にリリースせず、前倒しできるからこそできるのです。

それは左腕リードで引っ張るということでは全くありません。

リリースの我慢の問題です。


フィニッシュまでリリース無しで、コック維持、ハンドファーストで振っても

前倒しのイメージさえあれば振り遅れずドローやストレートがちゃんと打てます。

ヘッドの偏重心で勝手にそうなりますから。
 


 左右にスウェイなく骨盤を回す方法は・・・・

今回なぜかまだ一人しか答えて頂けない質問ですが、

いつもしつこく言っている脚の軸回転の「外旋」がkeyですね。

これによって股関節を入れる、股関節をはめます。

股関節がはまれば必然的に嫌でも肩はほぼ90度回ります。

その最も簡単な入れ方、イメージがあります。

空手等をやっていた人は分かると思います。

正拳突きと全く同じ股関節の使い方です。

極めて単純に直線的に股関節を使うのですが

はめさえすれば毎回ほぼ90度きっちり回ります。

極めて高い再現性です。

超単純な誰でもできる作業です。


巷のレッスンは結果と目的だけを指導しますが

あまりに方法論や効果的なイメージの提案に欠け過ぎています。

なぜなら彼らは小さなころから何も考えずに自然にできてしまうので

方法論もイメージも必要ないからでしょうね。


4時AMなので寝ます。

おやすみなさい!!

全く読み返してないので、誤字脱字、意味不明の文章あしからず。


 明後日ラウンドですわ。

リスクマネージメントを更に徹底したいと思います。

そして日本的既成概念を完全に捨て去った、

過去に例のない全く新しいスタイルのゴルフを開拓することも

夢ではないと思っています。

アマだからこそ考えられる画期的な方法、ゴルフ理論、ゴルフの革命

だって絶対にあるはずだと思います。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

Re: 足元から

UCOさ、、素晴らしい分析力です!!

> アドバイス頂いておりました脚の使い方ですが、右足外旋に集中しすぎて、左股関節をよける意識がかなり欠けていました。左骨盤が道を塞いで、左サイドがつまり、腰、肩、グリップが浮くという感じです。
>
> これを足元から見直していき、両足外旋、下への加重、内腿筋締めの3つに辿り着きました。右と左を同時に使いその場で回り、横の体重移動の意識を捨てるようにしています。
>
> 足外旋の踵ネジは、支えを親指側の内側エッジに変更しました。これでも脛をそんなに捻らないで十分支えられます。それに内側エッジからの方が、内腿筋締めにスムーズにつながります。

その通りネジは右かかとではないです。内側、外側は個人差で良いと思います。その差が認識できるならケースにより応用が利きますよね。
両腿締めは必須ですね。フィニッシュが全然安定します。

> 内腿筋締めでは、左足を後へ粘っこく蹴れるように準備しておきます。右と左を同時に蹴って前傾が深くなり、ヘッドが体の正面に放り出される感覚です。> 蹴ってリリースを発現させるというより、リリースに向けて姿勢を保つために蹴る。蹴って左股関節をしっかりよけるから前傾姿勢が保てる、という意識が強くなってきています。

そう、粘っこくですよね。過激な蹴りはドラコン選手以外は全く必要ないです(笑

> これでボールへの突っ込みを抑え、胸の下に腕を通すスペースを確保し、なで肩でグリップを低くキープする素振りを続けています。

テークバックで左足べた足で腰を左右にバタバタ振らない、そしてトップからグリップを下に振ればほぼ突っ込まなくなります。
インパクトを意識しないでハンドファーストでコックを維持してただ振りぬきます。
球にヘッドを当てる意識を消すことですね。

またコメントお待ちしていますね!!

足元から

ご無沙汰にしております。

アドバイス頂いておりました脚の使い方ですが、右足外旋に集中しすぎて、左股関節をよける意識がかなり欠けていました。左骨盤が道を塞いで、左サイドがつまり、腰、肩、グリップが浮くという感じです。

これを足元から見直していき、両足外旋、下への加重、内腿筋締めの3つに辿り着きました。右と左を同時に使いその場で回り、横の体重移動の意識を捨てるようにしています。

足外旋の踵ネジは、支えを親指側の内側エッジに変更しました。これでも脛をそんなに捻らないで十分支えられます。それに内側エッジからの方が、内腿筋締めにスムーズにつながります。

内腿筋締めでは、左足を後へ粘っこく蹴れるように準備しておきます。右と左を同時に蹴って前傾が深くなり、ヘッドが体の正面に放り出される感覚です。

蹴ってリリースを発現させるというより、リリースに向けて姿勢を保つために蹴る。蹴って左股関節をしっかりよけるから前傾姿勢が保てる、という意識が強くなってきています。

これでボールへの突っ込みを抑え、胸の下に腕を通すスペースを確保し、なで肩でグリップを低くキープする素振りを続けています。

小田孔明プロ

ゴルキチ様
この1年ほど繰り返し拝読しバイブルとさせていただいております。提唱される境地の高みに指一本でも引っ掛けたく、日々試行錯誤を繰り返し(てはずり落ちを繰り返し)ておりますw
今後とも是非よろしくお願い致します。
さて今回触れられている「インにアンダーに引くのは厳禁」について質問です。以前から小田孔明プロのダイナミックなテイクバックの動きが気になっており、たまたま最近スロー映像を見たところ、随分「インにアンダーに」感じ、あれ?こんなにしても良いの?と違和感を覚えていたところでした。ゴルキチさんは以前小田孔明プロの正面画像を使った記事を上げておられましたが、この小田孔明プロの「インにアンダーに(見える)テイクバック」についてはどういう見解をお持ちでしょうか?お手空きでご教示いただければ幸いです。
スイング理解の不足した、話が逸れるような質問で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

No title

ゴルフはじめて3ヶ月の初心者です。
動画や解説を拝見させて頂きました。めっちゃ参考になります!ありがとうございます!

Re: Re: 正拳突きがイメージできません‥トホホ

ノリックス さん追加です。

テークバックスタートと同時に左肩を顎の下に入れ、右肩を背後に引き、右足外旋で右腰を後方に引きます。これだけで脳天が全く不動、軸不動のまま肩90度回転、トップが出来上がります。左足なるべくべた足です。全てゆっくり軽くやります。絶対にゆっくりです。プロはテークバックが速いとよく言われんすが、逆に飛ばし屋でゆっくりのプロも山ほどいますから絶対に速いプロの真似をしないこと。

オーバースイングは体の中心部分の体幹で制御します。トップに行きつく前に静かに先に切り返せばトップなどいくらでもコンパクトに制御できます。

明日5時起きなのでまた。

Re: 正拳突きがイメージできません‥トホホ

ノリックス さんまいどです。

ビデオ作るまで待てないですよね。

> 空手の経験がなく正拳突きの骨盤の動かし方がイメージできません。
> 自分なりに想像してやってみたのですが、外旋と屈曲、伸展の組合せが必要ですか?自分のイメージではトップポジションから左脚一本で下半身だけジャンプする動きがしっくりきそうです。
> 下半身はターンして上半身は取り残される感じが出せそうですが‥
> あってますかね?

この場合腕は左手は正面よりも右側の右足前方空中に前傾なりに突き、右肘は引きます。左突きは全く軽くて結構です。むしろ右ひじを背後方向に軽く引く事の方が重要です。要するに左肩を押しまわすよりも、左腰を引い方がスムーズに回ります。しかし、あくまで腕、上体は形だけで動力はすべて股関節であり、右足の外旋です。

右足の外旋だけではイメージできないので、正拳突きの股関節の動きと、左腕の突きと右腕の引きによる肩の回り方をミックスするとイメージし易いという訳です。そのうちビデオでアップします。

股関節は右足外旋で骨で軸回転すると、アドレスのまま全くスウェイせずに真後ろに右腰を引く感じになります。すると股関節が一定の場所にはまります。それを股関節を入れると言います。「股関節を入れる」ことによりテークバック、トップの位置はオートマチックになり、再現性が大幅に高まります。これは実証済みです。

要するに毎回肩90度、トップは水平、飛球線と平行が可能になります。それが決まればスイングは著しく楽になります。
分からなかったらまたコメントください!!

正拳突きがイメージできません‥トホホ

たびたびたび失礼します。
空手の経験がなく正拳突きの骨盤の動かし方がイメージできません。
自分なりに想像してやってみたのですが、外旋と屈曲、伸展の組合せが必要ですか?自分のイメージではトップポジションから左脚一本で下半身だけジャンプする動きがしっくりきそうです。
下半身はターンして上半身は取り残される感じが出せそうですが‥
あってますかね?

いいぞいいぞ

いつも読ませていただき本当に感謝してます。
アマにしか構築できない理論なんて最高ですね!

お久しぶりです。
僕の感覚ですが、右腰は右前に出てきます。が!
左脇の開きと左手を振らない意識で行くと、左手と右腰の関係がわかるような!近づかず、離れずです。
両手は外で、クラブも外です。けど、身体が回るので、両手は外に出すイメージだ、クラブは中です。
右が出ないとスピンアウトになってるような??身体、両肩などスリップして、力も伝わりにくいと思います。僕的な意見なので、m(_ _)m

いつも参考にさせて頂いています。

下半身の動きで正拳突きと同じとありましたが、なるほどと思いました。

実際に実践しようとすると、ほぼ直立やや前かがみの状態ならスムースに腰が回転(ブラッシング)する感じがして右腰も前に出ず良い感じなのですが、実際にアイアンやドライバーを打つ感じで前傾をして正拳突きや瓦割りをすると直立時と違いスムースに回転できません。

これは慣れや柔軟性によるものでしょうか。それともゴルフスイングのアドレスから行う場合スムースに回転(ブラッシング)させるコツがありますか?アドレス(ポスチャー)が正しければスムースに回転するものでしょうか?少し放り下げて頂けると幸いです。

何か掴めそうなのです。よろしくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR