ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

テークバックでの「左足べた足」がスウェイ防止の目安

常々べた足の重要性について書いていますが、

テークバックでお尻が右にスウェイしなければ

左かかとは上がりません。

左かかとが上がるという時点で既に腰が右にスウェイしている証拠

なのです。

上げた左かかとをダウンで下げる反動でタイミングをとる、

ダウンを開始する、スイングスピードを上げるという目的もあるでしょうが

アマにとってどっちがより良いかと言えば、

土台をバタバタ動かさない方がより良いに決まっていますよね。

わざわざ真似する意味は全くないですね。


どうしても左かかとが上がってしまう方は

腰を左右の揺さぶる腰リードスイングを疑ってみて下さい。

過剰な体重移動し過ぎですね。

体重移動はあくまで結果です。

試しにテークバックで左かかとが上がらないように

お尻を左においたままトップを作ってみてください。

すると放っておけばヘッドは極端にインサイドに入ってしまうでしょう。

そうならない様にヘッドを飛球線後方に真っすぐ引くのです。

そうすれば極端なインサイド軌道にはなりません。

さらに縦コックを早めに入れます。

するとヘッドは飛球線後方に真っすぐ上昇します。

縦コック早めに入れる根拠はそこにあります。

アマの殆どはアンダーでフェースを開いてテークバックしています。

それでは一生上手くなれませんよ。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

なるほど

ご丁寧な回答を大変ありがとうございました。スピースの左肘は時々気になっていました。よく読んで自分なりにも考えました。要するに、体幹と腕がつながってバランスがとれていれば、体の回転により適正なトップが得られるのですね。現在まだインに引きすぎる癖とたたかっています。がんばります。

Re: インに上げてしまう

訂正2

>前倒しの感覚が一度分かってしまえばハンドファーストでリリースしなくても、コック維持のままでもf球は必ずつかまります。

正: 前倒しの感覚が一度分かってしまえば ハンドファーストでリリースしても、コック維持のままでも球は必ずつかまります。

Re: インに上げてしまう

訂正です。

>縦コックを右手甲側へのヒンジングの二つの異なる手首の動きです。

縦コック と 右手甲側へのヒンジングの二つの異なる手首の動きです。

しずおかさん、 Re: インに上げてしまう

しずおか さん、はじめまして!!

>ブログに感銘を受け以前より練習しています。

非常に光栄です、有難うございます。

>ラケットドリルで、右肘がのびるテイクバックを練習していましたが、別の記事を見ると右腕は体につけたままスイングとあります。

いやー、これはおそらく私のミスリードですね。ごめんなさい。ただ、言い訳するつもりではないのですが、いつどういうスイング解説でそう言ってしまったのか覚えていないのですが、スイングイメージは状況により全く正反対になることも、また普通です。ただできるだけ腕と体は一体です。しかし、トップ形成最終段階では腕は体から離れます。ただ離れてもできるだけ体の正面に維持したいですね。

>つけたままだとすぐ曲がってしまいます。また、私は女で力がないためか右腕を回外させて構えると重さでグイッと肘が曲がり、やはりインにテイクバックになってしまいます。

確かにその通りです。また、テークバックで回外する意識だとフェースが開きます。フェースが開くと前倒しとは全く逆でインサイドアウトのアンダー軌道でプッシュアウト軌道になります。
イメージは腕で操作ではなくヘッドを飛球線上遠くに引きます。そしてトップは出前持ちです。縦コックを右手甲側へのヒンジングの二つの異なる手首の動きです。
また、腕による操作ではなくヘッドにかかる遠心力で上げ、振ります。表現が難しですが腕による操作より遠心力によりヘッドの軌道が決まる、遠心力で振る、腕力で引っ張りまわすのでは無いのです。この感覚は非力な女性の方位が遥かに習得しやすいと思います。

>テイクバックは体から離れていかないと平行には上がらないのではないでしょうか。

全くその通りです。しかし右肘は体をこすりながら一体で上がります。途中から離れます。

インパクトはスクエアですよね。インパクト後に衝撃でフェースが開くのか、逆に閉じるのかが勝負です。インパクト前後の軌道が、インサイドアウトだとインパクト直後から開きます。それで捕まえるのはこねているだけです。ストレートインが球を捕まえるために正解の軌道です。

ストレートに上げてストレートでインパクトしてその後は左サイドの回転とともにインに入る。左わきを開けずにトゥーが体に沿って回転すれば必ず前倒しは起きます。

前倒しの感覚が一度分かってしまえばハンドファーストでリリースしなくても、コック維持のままでもf球は必ずつかまります。
むしろ前倒し感覚を一度覚える、とつかまり過ぎで悩むことになると思います。でもそこを通過しないとドローを決して打てない。ドローを打てない人は絶対に本物のフェードは打てない、と私は思います。

J.スピースをみると確実にそう感じます。明らかにそもそもチーピン持ちが、死んでも引っ掛けないぞ、というスイングです。
左ひじが引けているのではなく、明らかに意識的に抜いています。その抜き方は明らかにかつてチーピンで悩んだゴルファーのスイングです。

もう一度繰り返しますが、意識は腕、肘を引きつけますが、遠心力の方が勝っているので外見上肘は離れます。右肘と体は離れます。しかし意識は引きつけています。だから一体感が保てます。腕で上げないということです。遠心力で遠くに上がってしまいます。それだけ腕は脱力するということです。その方が逆に飛ぶということです。なぜかってコマとまったく同じです。力任せに回したら絶対に上手く回りません。コマはまず何より軸を維持する事に注意をはらい、そのうえでバランスよく回しますよね。力任せでは絶対に上手く回りません。
非力で体が小さなジュニアの女子がハンデ5下がゴロゴロいます。有名男子プロの真似より、その子たちの素直なスイングを真似した方がよっぽど良いように感じます。もちろん私自信もそうすべきだな思います。

言葉での説明は非常に難しいです。また質問くださいね!!

インに上げてしまう

ブログに感銘を受け以前より練習しています。ラケットドリルで、右肘がのびるテイクバックを練習していましたが、別の記事を見ると右腕は体につけたままスイングとあります。つけたままだとすぐ曲がってしまいます。また、私は女で力がないためか右腕を回外させて構えると重さでグイッと肘が曲がり、やはりインにテイクバックになってしまいます。テイクバックは体から離れていかないと平行には上がらないのではないでしょうか。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR