ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

女子ジュニアのスイングが我々のお手本です

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

いとたかさん、コメントありがとうございます!!

>腰を左右の揺さぶる腰リードスイングを疑ってみて下さい。

>まさしく、今までの自分のスイングです(泣)
>今は、右へのスェーに気をつけて、テークバックの初期で右尻に加重し、胸を右に向けながら右肘を畳んでいくようにしています。

右尻加重意識だとお尻が右脚方向に動きませんか?
お尻はアドレス時のまま左に置いたまま、
テークバック時はずっとお尻不動で右尻より軸である背骨に近い
右股関節加重の方が右スウェー防止にはより安全だと思います。
さらに、お尻は左に置いたままで、頭は右股関節上にあります。
もちろん頭も不動のままテークバックです。
従って、ダウンでの回転軸は頭から右股関節の垂直のラインを意識します。
それが回転軸で不動です。その軸の周りを身体が回転します。
まず軸ありきで、その周りを身体を回転させます。
すると、頭はスウェーしません。
お尻は最初から左にあるのでインパクトまでバンプする必要はありません。
アドレスのまま不動です。
従ってインパクトの精度は腰振りダンスより、極端に上がります。

コマと同じ様に1軸で高速回転をしたいのですが、
構造上股関節が左右2つあることが厄介です。
そこをどう処理するかが勝負です。

こうイメージしてみてください。
スイング中尻はずっと左股間の真上にある。
頭はずっと右股関節の真上にある。
回転軸は脳天から右股関節へと縦に垂直に引いた線です。
背骨ではありません。
背骨を軸にイメージするとまずいのです。
なぜなら、尻は左で頭は右なので背骨は右側に傾いています。
従って、背骨を軸にイメージしてしまうとアッパースイングになります。
ビハインドザボールだとアッパーになってしまう弊害が必ず出るからです。
ここを解決するイメージが上記のイメージなのです。
確実に精度は上がります。
また、まずは軸ありきで振れば力みはかなり減ります、消えはしませんが。

アドレス直後から右肩を真後ろに引いてください。
その時ヘッドは絶対に体の回転とともにインサイドに入れないでください。
飛球線と平行に上げてください。凄くアウトに上げている感じになります。
その時縦コックでヘッドを飛球線上に上げていかないとインに低く、
フェースが寝ながら入ってしまいます。
右肘を意図的に伸ばすわけではなく、
ヘッドを遠心力でゆっくり飛球線後方遠くに上げるのです。
そうすれば左ひじは伸びて当たり前なのです。


右肘はヘッドが上がっていけばトップに向けて勝手に曲がっていきます。

>極力、肩からグリップまでの力を抜いて、肩甲骨を伸ばすようにトップまで持っていき、肩甲骨を伸ばしたままダウンスイング~フィニッシュまで左背筋で引っ張っていくスイングの練習をしています。

要するにヘッド、クラブの重さと遠心力を感じながらということですね。
また肩甲骨の伸展により腕が伸び円弧が大きくなります。
肩甲骨の遠心力で伸展するものであって、自ら腕を伸ばすものではありませんよね。
左背筋で引きます。その通りですが、下半身の方が先です。
以上はいい感じだと思いますが、問題はこの後に何点かあります。

>フルショットでは可能になってきましたが、アプローチではどうしても腕の力が勝ってしまうので、スイング全てでできるように練習していますが、どこかおかしなところがありましたら、ご指摘願います。

このスイングイメージで腕に力が入るということは
ヘッドがトップに着いてから、はじめてダウンを開始していませんか?
殆どのアマはそうしています。

ダウンはトップのずっと前に既に下半身で始まっています。

そもそもトップの位置は先に切り返した下半身によって、
下に引っ張られることによって止まるのです。
腕で適当な位置に止めているのではありません。
要するに、トップはヘッドが上に上がていく遠心力と、
先に切り返した下半身により下に引かれる力と拮抗した時点で止まるのです。

従って、拮抗して止まった時点ではヘッドにかかる遠心力はゼロになり、
あとは下に引っ張られる力が勝って即座にダウンし始めるのです。
この時、改めて腕力が必要なのではありません。

従って、アマの意識はそもそも切り返しの概念が全く間違っているので
切り返しそのものが上手くワークしない、
オーバースイングを止められないのです。

トップが非常にコンパクトなプロがいます。
それは単に切り返し時期が非常に早いだけのです。
手でとめているのではありません。

下半身リードとはそもそもそういうことです。
トップが出来上がってから、
「 さー下半身で切り返そうか」 といっても
ギクシャクしてできるわけがありません。

また、アプローチは絶対に飛ばしてはいけないクラブです。
いかにして間違っても飛ばない様にするかが問題なのです。
アプローチだけでなく7番アイアンまではサイドスピンを極限まで
減らして確実にピン筋にストレートラインに乗せたいクラブです。
サイドスピンを減らしたいということは、できるだけインパクトの衝撃を
減らしたいということです。
その為には大きな円弧でインパクトゾーンを直線で長くして
インパクト後に押したい訳です。
7番までは叩いちゃダメです。
飛距離が欲しければ番手を上げる。
アイアンで飛ばすことは自慢どころか逆に愚かと考えましょう。
飛ばして本当にかっこいいのはフェアウェイウッドですね。

そのためのイメージとして私が実践して非常に有効なのは
女子ジュニアのスイングです。
ジュニアは非力で、重いクラブに振られるので
速く振る事よりも、強く球を叩くことよりも
クラブに振り回されない様に軸を維持することを
最も重視しています。無意識に。
そして円弧は非常に大きいです。
だからジュニアでは、おっさんアマの様に奇怪なスイングは皆無です。

まず、頭から右股関節の軸を水イング中ずっと絶対にずらさない様に
イメージしてから、腕力を絶対に使わないで遠心力だけで
どれだけ速く振れるか試してみて下さい。
もちろんラケットドリルも意識しながらです。
ヘッドがトップに行きつくずっと前に下半身を切り返すことも忘れない様に。

それから前倒しがちゃんと出来る様になったら
ローテーションは勝手に起こりますので
ハンドファーストのままインパクトも打ち抜きます。
コックは解きません。解かなくても勝手に解けます。
解かなくても左サイドがしっかり回れば前倒しは自然に起きるので
十分に球はつかまります。
前倒しは意識するものではなく一度要領が分かれば自然にできてしまうので
その時点からはむしろ逆にフェード打ちを習得することが課題になってきます。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR