ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ハンドファーストは絶対に必要ですが真意が分からなければできませんよ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

今日は気分が良いの3連投と過去最高にたくさん書いてます。

これも先にしっかり定義しておかないと話にならないので先に書きます。

ハンドファーストと言われてもちゃんと意味が分かっていない人

が殆どでしょう。

これは理屈が分からないと絶対に出来ません。

しかし分かってしまえば必要性を痛感するはずです。

ハンドファーストとはコックを維持したままインパクトを打ち抜くことを言います。

インパクト直前に意図的に解く必要性は無く、打ち抜けば自然に解けます。

むしろ「打ち抜くまで維持し続ける意識を持つ」、ここが非常に大きな差ですね。


体の正面でコッキングするとV字に右肩方向に上がります。

その時右親指方向真上ではなく、右人差し指方向に右斜め上に曲がりますよね。

金づちで釘を打つときの右手首の動きです。

これは縦に上方向と、右手甲の横方向の2方向へ屈曲の合成です。

縦方向が一般的に言われるコックで私はそれを「縦コック」と呼んでいます。

右手甲側に曲がるのが「ヒンジング」です。

トップでの右手首の出前持ちの曲がりかたがヒンジングですね。

この縦コックとヒンジングを複合させた動きを一般的に「コッキング」と言います。

例えば、小田孔明プロはテークバック初期にヒンジングが極端に先です。

縦コックはその後にしています。

だからテークバック初期は極端にインサイドにアンダー(プレーンより下)

にあがっています。

通常これは良くないと言われます。

しかしトップ位置は帳尻があっていて、ダウンもオンプレーンです。

しかし、ダウンでオンプレーンになっても途中ではシャフトは確実に

あちこちに捻じれています。

これはプロでは世界でも非常に稀なケースでここまで極端なのは

他に見ませんね。

これがスイングとして良い、悪いは別としても

我々は決して真似すべきではありません。

しかし、小田孔明プロにとってはこれがベストなスイングなのでしょう。

小さい頃から治せなかった、または今ではもう治すべきでない癖ですね。


話が逸れましたが、

コッキングすると単純に手首が曲がるわけですから肩からヘッドの距離が

アドレスより縮みます。

そのまま打てば短くなった分球に届かないのではなく、

遠心力で肩甲骨も伸び、前傾も深まり、右肩が下がるので、

ちゃんと球に届くわけです。

逆にコックを維持していないと距離が長くなるので確実にダフります。

95%のアマはハンドファーストの意味が分からず、

球にヘッドを当てようとしてコックを全部リリースするから

単純に長さが余ってダフります。

それでもハンドファーストの必要性が具体的に分からないので

無意識にグリップを浮かせることでダフリを防ごうとします。

それでもまだダフるので前傾もどんどん伸びあがります。

そうするとロフトが寝て、フェースが開き、しゃくり上げる軌道になります。

球を擦り上げて、ヘロヘロスライスになります。

そもそも、そういう打ち方をするようにクラブは設計されていません。

実際問題、相当頑張って縦コックも、ヒンジングも両方維持して

インパクト後まで打ち抜く意識を強く持たないと

理想的なハンドファーストはできません。

トップのコックを全部頑張って維持して打って見てください。

それでも空振りしないです。

まずはこの長さの問題だけでも重要性が分かると思います。

ハンドファーストでロフトを立てる云々の話は、

どっち道その後に必ずわかります。

アプローチも同様です。コックは全く解きません。

ライン出しはもちろんその打ち方ですが、

実は全ショット程度の差こそあれ同じでハンドファーストです。
(バンカーやロブショットは例外ですが。)

しかし、ハンドファーストでコックを完全に維持して打ち抜くと

普通のアマは間違いなくスライスします。

「前倒し」ができていないからです。

しかし、「前倒し」ができていれば絶対スライスしません。

スライスとドローの差は単純です。

インパクト後に衝撃でヘッドが後ろに倒れて開けばスライス。

慣性により衝撃に負けずに前に倒れていければドローです。

もちろん、インパクト時点は両方ともストレート軌道でスクエアと

全く同じですよ。ただ、インパクト後が全く逆になるだけで球筋が正反対になります。

前倒しができる人はドロー、フェードを打ち分けられます。

出来ない人はスライスしか打てません。

本物のフェードも絶対に打てません。つかまり具合を調整できないですから。

「前倒し」の本当の定義は

インパクト後にトゥーが前に倒れる様に

インパクトに負けない慣性を働かせる技術です。


インパクト前にフェースを被せることではありませんよ。

また、腕でローテーションするものでもありません。

トゥー側をヘッドの重心位置のずれである偏重心を利用して

トゥー側を慣性で前に倒す様に振る技術です。

考えて頂ければわかりますがインパクトゾーンでインサイドアウト軌道だと

自然な前倒しは起こりません。起こせてもそれは「手でコネてる」と言います。

インパクト時に体の左サイドがしっかり回ってストレートイン軌道でなければ

本当の前倒しは起きません。

だからこそ、先日のラケットドリルで飛球線上を真っすぐテークバックが

重要になります。その結果右肘は伸びているということです。伸ばすのではなく。

インサイドに引くのは絶対にまずいですよ!!

小田孔明プロは例外中の例外です。


もちろん、そもそもダウンでアウトサイドイン軌道で振っている人は

ストレートに上げると一時的にはますますそれが酷くなる恐れはありますが、

インサイドに引く対症療法によりスライスとチーピンの

両方でどうにもならなくななるよりはずっと近道ですよ。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

Re: No title

ズブリンコ さん、まいどです!!

> お久しぶりに拝見いたしました。
> ゴルキチさんは5下レギュラー確定です!
> これまでの細部の細かいことは一切無用で、
> ここ3シリーズのアップ内容に後一つ加味でOKと思います。
> 5下レギュラー応援しております。

マジっすか!!
ゴルフ侍申し込めますかね。
それともステップアップゴルフ程度ですかね?

No title

ゴルキチさん
お久しぶりに拝見いたしました。
ゴルキチさんは5下レギュラー確定です!
これまでの細部の細かいことは一切無用で、
ここ3シリーズのアップ内容に後一つ加味でOKと思います。
5下レギュラー応援しております。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR