ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ダウンの始動はいつ? 右向いたままダウンする秘訣

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

ダウンの始動はいつなのか? 

切り返しのタイミングはいつなのか?

アマにとってこの疑問が凄く大きいですよね。

私もこれまではテークバックよりずっと早期とは答えてきましたが、

では早期とは具体的にどれくらい早期なの?

と聞かれると一瞬どう答えるべきか状況を考えますが

かなり体の細部まで部分的に考えると

「テークバックと同時に既にダウンを始めている」と言えます。

これが大袈裟かというと全く大袈裟ではなく事実です。

「両足べた足」と言い続けていますが

スイングのほぼ全てがそこに現れます。

もちろんべた足でないプロは山ほどいますが。

また、実際100%完璧にそうなる必要もないのですが。

しかし、「べた足」があらゆる点で総合的に理想だと断言できます。

テークバックと同時に既にダウンを始めている部分とは

「左ひざ」です。


テークバック始動時から両脚はがに股になるべきなのです。

90%以上のアマは左ひざがあっさり流れて右に寄り、

かつ左かかともペロッとあっさり上がります。

これでは見た瞬間に全く締まりがないスイングと断言できます。

左膝下まで右にスウェイしたらどこに捻転ができるのでしょうか?

体全部が右向け右で、右に移動ですよね?

それでは捻転なんて絶対に出来ません。

だからどこまでもトップが上がり、

切り返しのタイミングがつかめないのです。

左ひざはテークバック始動から左向きになり、

右を向かない様に抵抗して耐えています。

要するにそれは左ひざ下部分から既にダウンを始めていると言えます。

いや、実際フォロー方向に向かって動かしています。

そうしなければ「がに股=左ひざ左向き」にはなりませんから。

がに股ですから左ひざは当然左向きに力強く「曲がって」います。

多くのアマは右向いてすっと「伸びて」いますよね。


要するに、意識をどう変えれば全てが上手くいくのかですが、

「テークバックと同時にダウンは始まっている。」

と考えを一新してみましょう。

そして、「切り返しの瞬間」 とはダウンの始動ではなく

単にダウンとテークバックが拮抗してヘッドがトップに向かう遠心力、慣性が

ダウンによって消えた瞬間に過ぎない、ということです。

この時感じる「間」はダウンの粘りによります。

表現が非常に難しいのですが

ダウン始動が遅れ、捻転不足だと粘りが無くなり過激になります。

すると「間」が出来ません。

「間」は目的ではなく結果ですが、

間がないスイングは体全体に張りがなく、動きがスムーズではありません。

動きがギクシャクして再現性が落ちます。

「左ひざ」により張りがあるスイングは捻転ができ「間」が出来易く

ギクシャクせず力強いスイングになります。

「ダウンの下半身始動」の最初がそこなのです。

左ひざダウン同時始動を試してみて下さい、

全てが変わり、開眼する可能性は大いにあると思います。


肩を開かないで、右向いてダウンをどう説明したらいいのか・・・

とんでもなく難しい問題です。

コック維持した「背面打ち」とほぼ同じ、という説明だけでは無理ですよね。

下半身始動を完全に理解、実践できないと結局無理なんですよね。

となると、これがわずかでも突破口になるかもしれませんね。


そう、だからどうやって自然落下するの?

という質問が山ほどあるのですが

テークバック始動と同時に捻転がたまって行き

捻転が限界点に達したところがトップですから

当然その瞬間からダウンが勝手に開始します。

その時の感覚は捻転の戻りと重力による落下、

さらに右脚の外旋等で十分スムーズに加速します。

トップで改めてガツンと一気にパワーを加える要素は無いですね。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

Re: タイトルなし

golf999 さんまいどです!!

> 僕はテークバック、バックスイングが分かってなくて安定せず毎回、違った場所に上がってる気がします右脚外旋での踏ん張りは何となく出来ているとは思うんですが、肩の縦回転意識が強いのか右肩が真後ろに引けず上に上がってしまいます右肩が耳に近づいて行く感じで上に上がってしまうんです!

通常肩は水平に回転というレッスンが多いです。それに対して私はむしろ縦回転と言っています。比較、イメージの問題です。特にアマにとって前傾維持、スウェイ阻止は最重要事項ですので水平回転というイメージだけで前傾が起き、頭がスウェイします。

要するに前傾を考慮すると、イメージよりもかなり縦回転の方が効果的という意味なのです。従って100%額面通りひたすら縦回転だと縦過ぎてしまうと思います。

> ふと気がつくと毎回そうなります前に比べて上がり幅は減ったんですが、どうしても右肩がソッチの方向に行きたがります右肩を真後ろに引くコツと言うか方法はありますか?
> 真後ろに引けるように自分で繰り返し体に覚え込ませるしかないですか?

空手の左正拳突きの動きに非常に近いです。アドレス状態から右肘は背後に真後ろに引きます。左正拳は腕をねじらないで通常の正面ではなく体の左方向に突きます。結果的に体はその場でスウェイせずに回転し、「ヘッド」が自分から見て飛球線後方に上がっていきます。

まず、golf999 さんのケースでは肩の縦回転を全く忘れてください。前傾軸に対して垂直に変えてください。実際問前傾なりでOKです。しかし、アマは通常起き上がるので前傾通りより水平に回っている事だけ気を付けてくおいてください。

次に、ヘッドを飛球線後方遠くに両腕の3角形を維持しながら押し出します。右肘をなるべく伸ばしたままです。左グリップ下目に押せば縦コックが入り、ヘッドが上がっていきます。この意識がないまま何ももしないとヘッドは低くアンダーにインに入っていきます。

ヘッドを閉じながら上げるわけでないのですが、開かないようにします。要するにトゥーをバック側(自分から見て右側)に倒さない様に、なるべくヘッドの重心を軸の上に維持しながら上げます。そうしないと前倒しが起きにくくなります。

試してみて下さね!!

ゴルキチさん こんばんは!
質問のお返事、本当にありがとうございます。
僕はゴルフ歴1年7ヶ月のド素人ですがゴルフにドハマりしてしまい毎日、上達目指して頑張ってるんですが先月ゴルキチさんのブログを発見して、こちらもドハマりして何か疑問に思った事があればゴルキチさんの過去のブログを探って拝見させていただいております。
いつも大変お世話になっております!!
僕はテークバック、バックスイングが分かってなくて安定せず毎回、違った場所に上がってる気がします右脚外旋での踏ん張りは何となく出来ているとは思うんですが、肩の縦回転意識が強いのか右肩が真後ろに引けず上に上がってしまいます右肩が耳に近づいて行く感じで上に上がってしまうんです!
ふと気がつくと毎回そうなります前に比べて上がり幅は減ったんですが、どうしても右肩がソッチの方向に行きたがります右肩を真後ろに引くコツと言うか方法はありますか?
真後ろに引けるように自分で繰り返し体に覚え込ませるしかないですか?
質問、連投スミマセンm(_ _)m

Re: タイトルなし

golf999さん、こんにちは!!
コメントありがとうございます!!

> 凄くわからない事があるんですが質問させて下さい!?
> テークバックで飛球線後方に真っ直ぐ体と腕を引いても右サイドが遊ぶと言うか物足りなさを感じて右サイドが何をして良いのか何をするべきなのか放ったらかしになってしまうんですが、テークバックからバックスイングの時の右サイドは何をするべきなのか何をしてはいけないのか教えて下さい!!??

右サイドは右脚は外旋でねじって踏ん張ります。右肩は直後に引いて、上腕は水平、肘、手首は直角でシャフト水平、飛球線と平行になるように右肘はフライングエルボーにならない様に肩の前で真下向きですね。

遊ぶというのは張りがないという意味だと思いますあ、左脚べた足で右脚は外旋してかなり粘り、右肘は下向きですので右サイドもかなりきついです。きつくないということは捻転ができていない、自然にダウンが始動できないということです。

テークバック初期から左ひざは既にテークバックと逆に切り返しています。それがないとトップまで楽になってしまいます。

いかがでしょうか?また、質問くださいね!!

No title

ゴルキチ様

お世話様です。

>コメント速くて驚きました(笑
2年ほど前にこのブログに辿り着き、それからは過去記事を全て読み返して、ほぼ毎日何かヒントを得ようと訪問させていただいてますので!!
しかも、今回はスイングの細かいところまでイメージできるようになり、スイング改造に少し光が見えてきたので、日に何度も読み返させていただいております。

スイングに対してのイメージは、今までとは全く別のイメージを持てるようになったのですが、「前倒し」についても勘違いしておりました。
「前倒しの本当の定義=インパクト後にトゥーが前に倒れる様に慣性を働かせる技術」
私は、切り返しからインアウト、HWDからインパクトに向かって前倒ししながら球を掴まえるイメージを持ってスイングしていました。
横振りの偽ドローです(汗)
あくまで、インパクト付近のヘッドの動きはストレートインですね!
今までの全てのイメージを一新させられるように頑張ります!!

ゴルキチさん!こんばんはです。
凄くわからない事があるんですが質問させて下さい!?
テークバックで飛球線後方に真っ直ぐ体と腕を引いても右サイドが遊ぶと言うか物足りなさを感じて右サイドが何をして良いのか何をするべきなのか放ったらかしになってしまうんですが、テークバックからバックスイングの時の右サイドは何をするべきなのか何をしてはいけないのか教えて下さい!!??

Re: No title

いとたかさん、まいどです!!
コメント速くて驚きました(笑

> お世話様です。
> 「ダウンの始動は左ひざ」、非常に斬新かつ衝撃的で、全然イメージと違っていました!
>
> 今までは、テークバックの右股関節加重の時に、ほぼ右脚、右足に体重が乗り(右80、左20の割合)、切り返しのタイミングを左股関節への加重、左脚の踏込み、左ひざをフォロー側に動かしてがに股にする、左背筋等で行っていました。結果的に、左へのスェーと突っ込みが起きやすいスイングだったと思います。
>
> >90%以上のアマは左ひざがあっさり流れて右に寄り、
> >かつ左かかともペロッとあっさり上がります。
> で、トップから「せーの!」で動き出す。まさに、自分のスイングを見られているような気持ちです。
>
> 素振りで試してみましたが、バックスイングが非常に窮屈な感じです。今まで相当楽してスイングしていたのを痛感しました。
> しかも、これだとアプローチでも、スタンスの開き具合(両足間隔やオープン度)でバックスイングの大きさが変わるので、手・腕の意識はなくなり、スイングがシンプルになりますね。
> テークバックの始動を左ひざを左へ押すことにより、尻の位置も動かず、右股関節の軸も意識でき、右股関節加重もすんなりできました!
> あとは、このイメージを体に染み込ませられるように頑張ります!

注意点は右肩を真後ろに引けば回転軸を維持したままスウェイせずに体は回ります。捻転は固定された左ひざと遠ざかるグリップにより下半身にできます。問題は体の回転とともにヘッドをインに入れ過ぎないことです。ヘッドを飛球線上に縦コックを入れながら上げていきます。円弧を大きくしてインパクトゾーンをストレートかつ長くします。スライスしても問題はヘッド軌道ではなく、インパクト後に前倒しするかどうかが球筋を決めます。

インパクト時にお尻が左にあることは非常に重要でそうでないとまず引っ掛けて出球が左になりますし、ハンドファーストができません。また、アプローチはスイング中ずっと左加重のままですが殆どのアマはそれでも腰、脚が左右にぶれています。お尻を左に固定しておけば土台は全くぶれませんから、アプローチのチャックリが激減し、上から打てるのでスピンの操作が楽になりますよ。

またコメントお待ちしております!!

No title

ゴルキチ様

お世話様です。
「ダウンの始動は左ひざ」、非常に斬新かつ衝撃的で、全然イメージと違っていました!

今までは、テークバックの右股関節加重の時に、ほぼ右脚、右足に体重が乗り(右80、左20の割合)、切り返しのタイミングを左股関節への加重、左脚の踏込み、左ひざをフォロー側に動かしてがに股にする、左背筋等で行っていました。結果的に、左へのスェーと突っ込みが起きやすいスイングだったと思います。

>90%以上のアマは左ひざがあっさり流れて右に寄り、
>かつ左かかともペロッとあっさり上がります。
で、トップから「せーの!」で動き出す。まさに、自分のスイングを見られているような気持ちです。

素振りで試してみましたが、バックスイングが非常に窮屈な感じです。今まで相当楽してスイングしていたのを痛感しました。
しかも、これだとアプローチでも、スタンスの開き具合(両足間隔やオープン度)でバックスイングの大きさが変わるので、手・腕の意識はなくなり、スイングがシンプルになりますね。
テークバックの始動を左ひざを左へ押すことにより、尻の位置も動かず、右股関節の軸も意識でき、右股関節加重もすんなりできました!
あとは、このイメージを体に染み込ませられるように頑張ります!

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR