ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

「前倒し」はインパクトの衝撃に耐えられる慣性を生むスイングによる

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

いとたかさん、まいどです!!

> スイングに対してのイメージは、今までとは全く別のイメージを持てるようになったのですが、「前倒し」についても勘違いしておりました。
> 「前倒しの本当の定義=インパクト後にトゥーが前に倒れる様に慣性を働かせる技術」
> 私は、切り返しからインアウト、HWDからインパクトに向かって前倒ししながら球を掴まえるイメージを持ってスイングしていました。
> 横振りの偽ドローです(汗)
> あくまで、インパクト付近のヘッドの動きはストレートインですね!

「前倒し」は私の説明が全然足りなかったと思います。

もちろんですが意識しすぎるとインパクト前から被ります。

ドローにしてもフェードにしてもインパクトはスクアエアなので

ストレート軌道かつスクエアフェースでのインパクトが基準です。

従って結果としては問題はインパクト後ですよね。

インパクト後にトゥー側が前に倒れながら回転する程度の差で

球のつかまりが変わり、フェードかドローに打ち分けられます。

フェードであっても捕まえながら、ローテーションを抑えます。

もちろん出球方向も変えます。

前倒しが一切起こらなければフェースが開き全くつかまらないスライスになります。

フェードは抜いて擦るものではないです。


この前倒しの程度はインパクトに負けない慣性によります。

従って、結果としてはインパクト後に起こるのですが、

その為のインパクト前の準備、その為の正しいスイングが成否を決定します。


 準備とはまずプレーン、ヘッド軌道です。

アマの多くがそうですが、ダウンがインサイドから寝て降りてきたのでは

要するのプレーンより下のアンダーの軌道では

フェースが開いてトゥー側が寝た状態で降りて来やすいので

手首でこねないと起きようがないです。

それではインパクトでフェースをスクエアに戻すだけで精一杯で

当たり負けしてフェースは開きますよね。

また、インサイドアウト軌道だと腕が伸びきることで

フェースを返そうとすると、急激にローテーションし過ぎるので

ドフックになります。それではドローが出ても偶然ですね。

昔からドローはインサイドアウト軌道という神話が長い間ありましたが

それは押し出しプッシュアウトとドフックの両極端のリスクがでます。

円弧が小さいとさらに急角度になるのでリスクはますます高まります。

それだとシングル入りはまず不可能ですね。


インパクト後の「前倒し」を意識しながらスイングをよーく考え準備します。

以下のようなスイングの中で前倒しを起こさせます。

1、円弧を大きく、なるべくストレート軌道で(もちろんアウトサイドインは問題外)、

2、ダウンブロー(スティープということでは全くなく、まっすぐの軌道で

上からトゥーを倒すのと、インサイドの下からあおってトゥーを倒すのでは

どちらがより簡単で、かつ再現性があるか?ということです。

考えてみれば誰でもわかる問題ですよね)

3、左脇が締まっていて、(左脇が空くとフェースは絶対に起きないですよね)

4、ハンドファーストでロフトが立ち、(左脇を開けずにハンドファーストで

打ち抜くには左サイドを遅れずに回していくしかない。

腰が左右に平行移動ではインパクト後にヘッドは上にしか上がれない、

それでは全然ダメということ。)

5、インパクト後に左サイドがしっかり回していく


そうなれば、インパクトでは余裕でストレート軌道でスクエアになり、

インパクトの衝撃に負けない前倒しの慣性が十分に生まれます。


従って、「前倒し」と単純に言っても

手で見た目だけを操作しただけではインパクトの衝撃に勝てる慣性は

全く生まれません。

フェースだけの見た目の操作ではなく、スイング全体の問題です。

でないと何より極めて微妙なインパクトとのタイミングが合いませんよね。


しかし、前倒しするフェースをイメージするだけでもスイングは自然に変わりますよ。

理屈が分かれば極めて具体的に自分の目標も設定できますよね。

ドローとフェードを打ち分けれないとストレートボールは打てないし

現実問題シングル入りは無理だと思います。

しかし、前倒しの理屈が分かれば打ち分けはかなり現実的になります。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト

COMMENT

ぴょんちゃん さん Re: ???

ぴょんちゃん さん、コメントありがとうございます!!

> 前倒しじゃ何の事かさっぱりわからないから、トゥ落としの方がいいのでは?

「前倒し」は私の造語ではなく、既にゴルフ用語として流通しているので使っています。
仰る通りです。ベストは 「トゥの前倒し」 でしょうかね。
ゴルフ用語に限らず、解剖用語にしても意味不明な用語は死ぬほどたくさんあります。
全ての方に分かるように書くのは正直不可能です、文章は大変ですわ(笑
動画の方がどれほど楽かと思います(笑
またコメントくださいね!!

???

前倒しじゃ何の事かさっぱりわからないから、トゥ落としの方がいいのでは?

No title

ゴルキチ様

度々の書き込み、申し訳ありません。
コメントした後に、20yほどのアプローチで試してみました。

以前の記事にありました、
>左サイドがしっかり回れば前倒しは自然に起きるので十分に球はつかまりま
>す。
>前倒しは意識するものではなく一度要領が分かれば自然にできてしまうので
>その時点からはむしろ逆にフェード打ちを習得することが課題になってきま
>す。

例えば、100y以下のアプローチは飛ばすことを考える必要がないわけですから、インパクトがスイングのスタートと考え、ストレートインで押し込むイメージで左サイドを止めずに回すだけで良いのかと感じました。
下手に「前倒し」を意識すると、インパクトに向かってフェースが被ってきて、打ち出しが若干左になるように思います。下手に意識してしまうから、当然かもしれませんが(汗)
無意識でできるように頑張ります!!

No title

ゴルキチ様

お世話様です。
前記事のイメージ改善は、まだ素振りとアプローチだけですが、大分できるようになってきました。
ただ、長年の悪癖でもあるフルショットでの「トップから一気に振りにいく」気持ちを抑えることがなかなか難しいですね。アプローチでは、バックスイングとダウンスイングで等速に振れるようになってきました。飛ばす気持ちが無いからなんでしょうね。近々、練習場で打ってみます。

さて、「前倒し」のイメージですが、たいへん分かりやすくご説明していただき、感謝しております。
やはり、今までの自分のイメージとかなり違っておりました。

>インパクトでフェースをスクエアに戻すだけで精一杯で当たり負けしてフェー>スは開きますよね。
>また、インサイドアウト軌道だと腕が伸びきることでフェースを返そうとする>と、急激にローテーションし過ぎるのでドフックになります。それではドロー>が出ても偶然ですね。

偶然のドローで満足していた自分が情けないです(涙)
でも、球筋はドローでも飛距離はさほど出てなくて、悲しいかな、セカンドオナーばっかりでした(泣)
ラウンド中も、良くてドロー。悪いとプッシュ。
掴まえきれていないのだと思い、一生懸命掴まえようと頑張っていました。


しつこいようですが、もう一つ質問です。すみません。

もちろんショット全てにおいて前倒しのイメージですが、アプローチに関してはどうなのでしょう?

ゴルキチ様のご指摘にもあった、7I以下はサイドスピンを減らす。できるだけインパクトの衝撃を減らす。

ということは、ライン出しのためには最低でも100y以内、できれば150y以内は、あまり前倒しのイメージを強く持たないほうが良いのでしょうか?
それとも、私はアプローチからフルショットまで、全てにおいてショットのイメージを持っています(じゃないと、スイングが緩んでしまうため)ので、10yのアプローチでも前倒しのイメージは持っていたほうが良いのでしょうか?

質問攻めばかりですみません。
お時間のあるときで構いませんので、ご回答、宜しくお願い致します。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR