ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

日本シニアオープンの受付け・・・もうすぐですよね

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

バネット さん、遅れました、今年も宜しくお願い致します。

非常に素晴らしいコメントありがとうございます!!

>ゴルキチさん、今年もよろしくおねがいします。
たまにしか投稿しないので心苦しいdすが。。。^^;
右肘の話題が出ていてきになったのでコメントします。
私としては、スイング時の筋肉の使い方は屈筋運動ではなく、伸筋運動しかないと思っています。すなわち伸ばす動きはしても曲げる動きはなく、右肘はテークバック(アウェイ)に従って「たたまれる」と考えています。でないと、能動的に曲げていたらタイミングをとるのが狂って安定したスイングはできませんよね?

全くその通りです、同感です。

腕の下側の筋肉を使うのはその為ですよね。

遠心力をしっかり感じてのびのび振りたいです。

コックもそうです。左グリップを押し下げることで

逆にヘッドを上げます。

ヘッドを手で上げず右肘は自然にたたまれるのも同感です。

ただトップでの右腕の形、終点を記憶しておけばほぼ決まります。


最近思うことは、考えることは非常に重要なのですが、

皆さん考え過ぎて縮こまって逆に打てなくなってしまう、と感じます。

最も、山ほど入れ知恵し過ぎる私が悪いのかもしれませんが(笑

ここで一度のびのびとした大きな円弧を意識した方が良いかなと思いました。

私は男子アマにとって、女子プロは参考にならないと思うのですが

女子ジュニアは参考になると思います、というか常々非常に感心します。

小さな、パワーのない体で、重いクラブをのびのび振って5下でラウンドします。

おやじの自分が情けなくなる以上に、人間の潜在能力に驚愕します。

私もジュニアに戻りたいなぁ~。


>また、ウェイトボールの素振り時の腕のローテーションの質問をされている人がいましたが、私は常に肘を下に維持するべきだと思っています。ローテーションは自然に起こるものであって自発的にしてはいけないと思います。でないと、筋肉を能動的に動かしたら毎回一定の動きができず、変数のパラメータ要因となって安定したスイングができないのではないでしょうか。以上、おせっかいでしたらスルーしてください(笑


 フェースを開かないで、円弧の最先端にあるトゥ側が

スイングなりにちゃんと回っていけば球は自然につかまります。

むしろ、ある程度上手くなって振れる人ほど逆にフックで悩みます。

そのうち、フェードが必ず必要になります。

私も打ち分けで格闘しています。

クラフトマンと毎週相談してクラブもシャフトもとっかえひっかえ試しています。


例えば、グリーンセンター狙いがコースマネージメントの基本

と言えるのは、ドロー、フェードをしっかり打ち分けれるからであって、

どちらかしか打てなければセンター狙いが得策とは全く言えません。



 脇を締めて肘が真下向きはトップでもインパクトでもフィニッシュでも

非常に重要な目安ですよね。全く同感です。


ただ、多くのアマにとっての最大の問題は

自然にローテーションすると完全に実感できるまで辿り着くまでが

むしろ大きな問題であり、

実感できてもそれを常に再現する、その理屈を完全に理解するのが

非常に難しい問題なのだと思います。


正しい動きが長年出来ていなかったアマにとって

その悪癖を修正するためには

能動的に筋肉の動きを修正しないと

自然な正しい動きを誘導することは困難かな、とも思います。

無垢のジュニアに戻れれば数年で片手シングル入りは可能なんですがね(笑


バネット さんのおっしゃる通りです。

ただ、私はこうも考えています。

本来人間の骨格構造上自然にできるはずの動きを

私たちアマは長年の間違ったスイングで誤った癖を作ってしまい

自然にできるはずの動きを自ら取り返しがつかに程にしてしまった。

要するに思いっ切り下手をガチガチに固めてしまったのです。

その結果、固めた下手を強制的に修正しなければいけない。

固まってしまった下手を早く修正するためには

分かってはいるのですが、背に腹は代えられないので

例え一時的にであっても不自然な筋肉の使い方だとしても

ゴルフ人生、先の短い我々おやじにとっては強制的にでも

まず修正が先決だと思います。

ジュニアなら別なのですが。


 まぁ、四の五の理屈ばっかり言っても

実際問題としては、早く自分のスコアをもう少しましにしないと

みんなに思いっ切り笑われてしまうのですが・・・・。

いい加減ヤバいですよね(笑


日本シニアオープンに出ろって誘われていますが

恥晒したらヤバ過ぎるのでなんとかしないとまずいな~。

ゴルフ侍に出る人たちって、ほんと勇気ありますよね。

いつか出たいな。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト

COMMENT

No title

ゴルキチ様、お世話様です。
バネット様のコメントとゴルキチ様のコメント、たいへんありがたく何度も読みかえさせていただき、勝手ながら今後の練習の励みにさせていただきました。

最近、スイングの動きや形、ああしようこうしようということにばかりにとらわれすぎて頭でっかちになり、シンプルにクラブが振れなくなっているように感じ、3kgのウエイトボールでの素振りと投げ込みをするようにしました。あと1ヶ月もすればシーズンインだというのに・・・もっと早くやっていれば良かったと思うほど、効果が期待できそうです!!

最初のうちは肩甲骨の伸びや体幹を使うこと、腕で上げられないことなど、今までのスイングとは180度違う感覚で出来ましたが、重さに慣れてくると「悪者の腕」が登場して、ダメになります(泣)

また、ウエイトボールを飛球線方向に投げ込む時に、テークバックの初期の段階でフォローに意識をもっていないと、たった1m先の的にすら直線的に力強くは思ったように真っ直ぐ投げれません。トップからせーの!ではダメですね。山なりになったり、左右に散らばって的に当たらないとか。以前にご指摘いただいたことと全く同じでした。
右股関節軸だけを意識して、フォロー方向に投げ出すことに集中しないとうまくできません。この時、バックスイングやトップの形を気にしている余裕もありません。
また、ストレートに投げ出すためには、両腕・肩甲骨が伸びた状態で、自分が思った以上にゆっくり右脚前に下ろしてきて、右脚前で前倒しするイメージがしっくりきます。
手首をこねるとか腕を返す、ローテーション等を意識すると左に投げ出してしまうので、右脚前で前倒ししながらグリップ圧0の感じです。これは合ってますでしょうか?

SWに持ち替えて、ヘッドを振ることは忘れ、グリップをゆっくり左腰の高さ1m先に放り投げるイメージで、フォローが大きくなって左サイドで風切り音が聞こえます。
よくある「クラブを飛球線方向に放り投げるように」とは自分の中では違うイメージですが、右脚前でグリップ圧を0にし、手を離す感じです。

ボールを目の前にして同じことが出来るかどうかはまだ心配ですが、しばらく続けてみようと思います。

それから、過去記事にありました「秘密兵器は鉄の丸棒」
私も自作して練習に励みたいと思います!!!

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR