ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

両肘を柔らかく曲げてアプローチの距離感を出す

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

今日の練習ラウンドで感じた事。

スコアメイクで非常に重要なアプローチの距離感ですが、

前回のビッグ杉のレッスンでおばちゃんにアプローチの距離感を教えていた。

肘を柔らかく曲げながら、かつスイングアークを小さくすることで

柔らかいインパクトで距離感を出しやすくする。


肘を柔らかく曲げることでインパクトの衝撃を和らげ、

短くグリップするだけでなく、腕を短くして円弧を小さくする事で距離を調整する。

いつも彼が言ってる左腕一本だけで振るのは賛成できないけれども。

なぜなら、アプもパターも緻密な方向性と距離感は利き腕の右腕の方が

絶対に有利ですからね。

やっぱり両腕の短所を消し、かつ長所を生かさないと。


 今日、ラウンド時にでアプで毎回両肘曲げを意識したら

凄く出球が柔らかくなってメチャメチャ距離感が合った

しっかり振りたいけど、出球を柔らかくする場面は超ムズイですからね。

特にバンカー越えの下りラインなんてショート怖いから

結構オーバー確定でもあきらめますからね。

ロブで激スピンなんて超リスキーなショットは興味ないし。

しかしマジでスゲー良いス。

これならマッチプレーじゃない限り激スピンロブはいらねーす。

柔らかく上げてボトンと落とせます。

自信持てるんでますます良いインパクトができますわ

私にとってTVのレッスン番組ではこの1年位で最高のレッスンでしたね。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト

COMMENT

Re: 両肘にゆとり

beさん毎度です!!

> アプローチもそうなんですが、スウィングでも肘にゆとりを持たせることで、グリップもやわらかくなり肘に負担が掛からず、手打ちからの脱却の一つとなりました。
> パターなんかも同様で、当たり前のように突っ張っていたのが、今まで何をしていたんだろうって感じで、開眼!?(笑
> 「肘のゆとり」ってスウィングで重要な要素ですね。

そうなんですよねー。ショートアイアンもここ一番緊張するとつい突っ張っぱちゃいますよねー。困ったもんです。外見上しっかり伸びていても実は遠心力で伸ばされているだけであり、能動的に突っ張って伸ばしてはいないんですよね。常に余裕を持たせて、遠心力を感じないといけないですよね。

お互い、じっくりと頑張りましょうね!!

Re: 両肘

いとたかさん、こんばんは!!

> >肘を柔らかく曲げながら
>
> 考え方としては、両肘柔らかくで良いですか?

そう、両肘柔らかく曲げます。イメージは肘を曲げてインパクトの衝撃を吸収し、かつグリップ短く、さらに両肘曲げで円弧を小さくして最大飛距離を縮めます。

> 私はアプローチもショットと同じくしっかり振りたいので、距離が短かかったり、バンカー越えピン近の場合は、大抵ミスがでます。ふわっといきたくてスイングが緩むんですね。
> あと、「ふわっ」とのイメージの時は、膝、特に右膝が流れてしまいます。
> でもこの感じですと、なんとなく出球のイメージしやすいかもです!


全くそのとりです。変にイメージ出すとインパクトが緩むか、下半身が流れます。私も同じですよ。バンカー越えでわざわざバンカーに放り込むか、意識しすぎて大き過ぎるかどっちかになりがちですよね。


> またまた良いイメージができそうな記事だったので、コメントしてしまいました。
>
>>アプもパターも緻密な方向性と距離感は利き腕の右腕の方が絶対に有利ですからね。
>
> 同感です!!!
> というか、ここに頼ってラウンドしていますので、合うときはバッチリ!でダメな時は何もかもダメですけど(汗)

あはは、自分に合うところだけを見つけてくださいね!!
また、コメントお待ちしております、有難うございます!!

両肘にゆとり

アプローチもそうなんですが、スウィングでも肘にゆとりを持たせることで、グリップもやわらかくなり肘に負担が掛からず、手打ちからの脱却の一つとなりました。

パターなんかも同様で、当たり前のように突っ張っていたのが、今まで何をしていたんだろうって感じで、開眼!?(笑
「肘のゆとり」ってスウィングで重要な要素ですね。

その日が来た(のかな?)

ゴルキチさん、はじめまして。
年が明けてふと諦めていたゴルフのスイング作りにでも励もうかと思いたち、手元に残しておいたゴルフスイング原論という本を頼りに勤しんでました。
そこには上手なプレイヤーは、クラブを立てて胸もしくは肩までしか手を上げる意識しかなくクラブの重みによる慣性で更に手が上がり右肘手首が折られプレイヤー自身は感じていないというものでした。
これがどうしても突き破れない巨大な壁として立ちはだかり前へ進めない状態となり、
ヒントを探しに動画をあさっていたところ
ゴルキチさんの動画に出会い求めているスイングの実践者だとわかりました。
そしてこのブログにたどり着き今までも活字では目にしてきた「脱力」を腕上半身グリップ圧も限りなくゼロに近い状態で右胸を空に向ける意識だけでバックスイングを
してみました。
すると今までは胸の下側までしか上がらなかった手元が勝手に上にあがり右肘手首が
折られていく様子が鏡に映っていました。
右の肩甲骨の盛り上がりもはっきり見える深い捻転が一瞬にして出来ていたのです。
これが出来ると上半身と下半身の分離、いわゆる下半身先行の意識をもっていけ肩の位置がかわらないまま手元が落ちてくる自然落下まであっさりクリアしていました。
はじめて自分でもゴルフが上達出来ると実感というかもう感動でしかなかったです。
腕の完全脱力こそが本当の上達の為のはじめの一歩なのですね。
本当にゴルキチさんのブログに出会えて良かった。
心の底から感謝しています。ありがとうございました。

両肘

ゴルキチ様

お世話様です。
練習ラウンド、お疲れ様でした。

>肘を柔らかく曲げながら

考え方としては、両肘柔らかくで良いですか?

私はアプローチもショットと同じくしっかり振りたいので、距離が短かかったり、バンカー越えピン近の場合は、大抵ミスがでます。ふわっといきたくてスイングが緩むんですね。
あと、「ふわっ」とのイメージの時は、膝、特に右膝が流れてしまいます。
でもこの感じですと、なんとなく出球のイメージしやすいかもです!

またまた良いイメージができそうな記事だったので、コメントしてしまいました。

>アプもパターも緻密な方向性と距離感は利き腕の右腕の方が

>絶対に有利ですからね。

同感です!!!
というか、ここに頼ってラウンドしていますので、合うときはバッチリ!でダメな時は何もかもダメですけど(汗)

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR