ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

右股関節は絶対に前に出さない

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


 なぜ、私がゴルフ界の一般論に反対して

右股関節重心で右股関節軸回転イメージを唱えるのか

の秘密をここで明かします。



前回の続きですが、

私は 「 球は右股関節で打つ 」 イメージです。

昔から言い続けているように

右足の裏、右踵から右股関節の使い方でスイングは致命的に左右されます。

右股関節は直線的に飛球方向に動きます。

従って、体の正面方向、前には絶対に出しません。

前に出てから、飛球方向に動くという遠回りはしません。

アマは殆どがそうなっていますよね。



右かかとが前に浮き上がらないということです。

正しくは左横に捻じれながら上がっていきます。

要するに、一般に言われる

「 右腰、右お尻を前に出さない 」 や、

「 前傾が崩れない 」 と外見上は同義ですが、

「 右股関節 」 を意識しないと根本治癒は非常に困難です。



ハッキリ言ってこれができないと確実に進歩はあり得ません。

なぜなら、腰の回転時に右腰がほんの少しでも前に出たら

100%腕とヘッド軌道を前に押し出しますからね。

どんなに理論的に正しいスイングをしたとしても

右腰が前に出たらラインは絶対に出せません。

ヘッド軌道は毎回確実にズレまず。

腰は僅かでも、100y先では左右20yのズレは余裕でしょうね。

自分で比べるとそれくらいズレますよ。

右腰が直接当たらなくても右脇締めてますからね、100%ズレますわ。

どんなに練習しても100y先のターゲットでさえ左右に40yぶれるわけです。

アマがラインを出せない最大の原因は実はここにあると思いますよ。




これは、ライバルには絶対教えたくない部分です。

右股関節(右腰、右お尻)を前に出さない秘訣は

右股関節を上から抑え込むのです。

テークバック時に、左正拳突きとほとんど同じ動きですが、

左正拳は体正面ではなく右脚前方に斜めに付く感じで、

右脚は外旋させつつ、引き手の右腕を背後に直線的に引きます。

この時外旋した右脚と右腕の引きにより 「 股関節がハマります。 」

この股関節をハマったままの状態で、頭と上体の重量を乗せた

前傾した骨盤で股関節を真下に押し続けます。

真下に抑え込んでハマった状態から外れない様にする感覚です。


慣れるまでは股関節が外れて前に出れない程に結構強く押し込みます。

これは同時に体重で球をダウンブローで抑え込む、押し込む、

もしくは球に体重を乗せる感覚にも似ています。

しかし、これは体重移動とは全く異なりますよね?

真上から股関節をグーっと抑え込んだまま打ち抜きます。

左脚軸意識で先に左脚に体重移動したら右股関節はあっさり浮きますよね。

プロが球に体重を乗せるとは実はこの感覚のことを言っています。

意図的な体重移動とは根本的に違います。



右股関節を上から押し付けながら、右股関節で球を打ちます。

右股関節の真上には重い胴体と頭が乗っています。

その重さをインパクトまで右股関節で感じ続けます。

すると、右股関節が外れないので右股関節は前に出れません。

すなわち、腰が前に出ないので前傾も崩れません。

股関節だけ意識すればいいのです。

すると結果的に右かかとも上がれません。

右かかとは右脚が左回りに軸回転しながら左に移動することにより

仕方なく右踵が上がります。あくまで仕方なく上がります。

この場合スタンスが広い人ほど早く上がってしまいますよね。

これは仕方のないことです。


実はこの動きは一度出来てしまうと、それほど難しくありません。

分かってしまうと右腰がヘッド軌道を大きくずらしていたことが分かります。

今まで打った数万発が全く無駄だったことが良く分かります。

2度と右踵を上げない様に打とうと感じるはずです。

「 両脚べた足 」 は言葉では簡単なのですが恐ろしく奥が深いです。

非常に難しいです。

簡単にはできません。

理屈が分からないと無理でしょうね。

恐らく正しいスイングの結果論ともいえます。



トップから腕を真下位のイメージで落とします。

かなり腕は体に近いです。

そこで右腰が前に出たらどうなりますか?

100% 前に押し出しますよね。

分かるでしょ?

私自信の意識でもほんの僅かに右股関節が前に出ただけでも

100m先で10y狂います。

普通のアマならもっと遥かに狂います。

それではライン出しもクソもないですよね。


これは分かってしまうとゴルフが激変してしまいます。

アイアンの精度が間違いなく激変します。

開きもしない、閉じもしないで、ただ飛球線上後方に真っすぐ上げて

真っすぐ落とせばいいと分かってしまいます。

うっかりライバルに教えたらとんでもないことになるでしょうね・・・・・。



トラック数台分必死で練習してもラインの乗せられない?

当たり前ですよ。

毎回自分の右腰が正しいヘッド軌道の邪魔をしてるんですから。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

匿名さん Re: こんにちは

コメント有難うございます!

> 65歳男性です。初めて拝見しました。ネットでサンザン探して到達しました。40年前に1年でHDCP9になった後、ほとんど年1回程度の長ーい長ーいブランクから一念発起再開しました。40年間100前後でしたが、最近は時々30台も出るようになりました。が、いくつも悩みがあります。今から飛距離を伸ばしてスコアのみならず若者にも負けずにドラコンも、という野望を実現するため本気になりました。よろしくお願い申し上げます。
> 無数の動画も見てきましたが、貴殿の理論のような鋭い切り口はなかったです。スタンスについての明快な解説はまさに目からウロコでした。飛距離UPのためにドローボールを打ちたくて色々やっていましたが、どうもしっくりこなかったのです。早速やってみます。娘さんは必ずメジャーなプロになるような予感がします。期待しています。

恐らく多くのプロも現在65再辺りでも最長飛距離を更新しているプロも多数いると思います。道具と球と技術論の進化ですね。
まだまだ若い奴に負ける年齢ではないですよ!!
飛ばしましょうよ!!
スコアはだけにこだわればまた別かもしれませんが、飛ばすことの楽しみも理屈抜きで喜びですよね。
私もガンガン飛ばしていきますよー。

たっちゃんさん Re: 右横ではないかな?

有難うございます。

> 大変勉強になります。
> しかし、文中に赤字で書かれた「正しくは左横に捻じれながら上がっていきます。」が理解できません。「左横に捻れながら」とは飛行方向に右踵が動くことであります。「左横」ではなく「右横」ではないでしょうか?

単純に右ひざが前に出ない様に右脚全体を左に軸回転するという意味です。
外旋は確かに右回転の力が加わりますが、結果としては右脚は足の骨を軸として左回転ですよね。

右横ではないかな?

大変勉強になります。
しかし、文中に赤字で書かれた「正しくは左横に捻じれながら上がっていきます。」が理解できません。「左横に捻れながら」とは飛行方向に右踵が動くことであります。「左横」ではなく「右横」ではないでしょうか?

サイクロンさん、 Re: 踏ん張りどころ

サイクロンさん、毎度です!!
素晴らし分析ですね。立派なゴルヲタですよ。必ず上手くなります。

考えない限り成長しませんからね。

> 腰の回転の勘違いのコメントに名前入れ忘れてました。ごめんなさい。
> ダウンスイング移行のきっかけに当初左踵の軽い踏み込みを試した際、右骨盤が身体の前方に押し出される感じがありました。
> 左膝の戻しもバックスイングであまり動いてないためピンとこないし無理に左側に動かすと左足の内側がめくれる感じだし、やはり右骨盤は押し出されます。
> それもそのはず。
> アドレスで骨盤から前傾しさらに後方に引く動きによってお尻の筋肉は引き延ばされるわけですから。
> 伸張反射が犯人なんですね。
> この場面がスイングにおける一番の踏ん張りどころなんですね。
> そこで腰骨に手を当て色々動かしているうちに気がつきました。
> 右の骨盤を引くと左の骨盤は前にでます。
> 右の骨盤に引っ張られて動くわけではなくバランスを取ろうして左の骨盤は前に出るだけなんですね。
> 腰骨に手を当てがい動くところまで引き、その状態から左の骨盤が同様に後方に引ける事に気付けました。
> するとバランスを取るために上き半身はさらに前のめりになります。
> あれ?この状態ってもしや?
>
> 軸の意識を持つ事で左への余計なバンプを
> 押さえ右股関節の圧力を逃がさず左の骨盤をいち早く戻す事が出来るのですね。

この全てが 「股割り」 で解決されます。
ビデオ見てくださいね。
ダウンも撮影しましたので、すぐにアップします。
それでかなり判明すると思いますよ!!

踏ん張りどころ

ゴルキチさん、こんにちわ。
腰の回転の勘違いのコメントに名前入れ忘れてました。ごめんなさい。
ダウンスイング移行のきっかけに当初左踵の軽い踏み込みを試した際、右骨盤が身体の前方に押し出される感じがありました。
左膝の戻しもバックスイングであまり動いてないためピンとこないし無理に左側に動かすと左足の内側がめくれる感じだし、やはり右骨盤は押し出されます。
それもそのはず。
アドレスで骨盤から前傾しさらに後方に引く動きによってお尻の筋肉は引き延ばされるわけですから。
伸張反射が犯人なんですね。
この場面がスイングにおける一番の踏ん張りどころなんですね。
そこで腰骨に手を当て色々動かしているうちに気がつきました。
右の骨盤を引くと左の骨盤は前にでます。
右の骨盤に引っ張られて動くわけではなくバランスを取ろうして左の骨盤は前に出るだけなんですね。
腰骨に手を当てがい動くところまで引き、その状態から左の骨盤が同様に後方に引ける事に気付けました。
するとバランスを取るために上き半身はさらに前のめりになります。
あれ?この状態ってもしや?

軸の意識を持つ事で左への余計なバンプを
押さえ右股関節の圧力を逃がさず左の骨盤をいち早く戻す事が出来るのですね。

他にも色々気付けましたが長くなるのでこの辺にします。
どうもありがとうございました。

Re: タイトルなし

サイクロン さんこんにちは!!
いや~素晴らしい、凄い文章ですねー!!完璧に私同様ゴルヲタの文章ですねー。
ゴルヲタさんが増殖して、私のたわごとの相手をしていただけて嬉しい限りです。
ラウンド中に同伴者に真面目にこの文章のまま話したら、きっと引かれるでしょうね(笑

> ゴルキチさん、こんにちわ。
> お忙しい中ご返答ありがとうございました。
> 着々とスイング作りが前進しているのを感じる今日この頃です。
> 骨盤分割の意識はバックスイングにも多大な好影響を与えてくれました。
> と、言いますのも元々が左膝を右側に寄せる動きをきっかけに体重移動しようとしていたので、その悪癖を封じ込めるのに苦慮していたのです。
> 骨盤分割を意識するに当たり腰骨や尻に手を当て、前後左右上下と別々に動くことに新鮮な驚きを覚えました。
> 股関節骨盤周りを柔らかく使うように意識したら左膝を寄せようとする悪癖もすっかり影を潜めたのです。
> ~しちゃいけないという意識より機能解剖学に沿った良い動きに意識を向ける方が余計な回り道をしないで済むものですね。

そうなんですよね。通常のゴルフレッスンって一方通行ですから全然ダメなんですよね。どうして?どうして?って聞く生徒はスゲー嫌がられます。時間かかるし、めんどくさいし、そもそもゴルフコーチってアマチュアなんてほぼ馬鹿にしてますからね。
ここまではた目から見たら狂った程に考え抜かないと、ゴルフは上手くなれないと思います。

> そして今まさに右の股関節及び骨盤の動きに意識を向けダウンスイング移行のきっかけの動きを勉強している最中でした。
> バックスイングで作られた右股関節の窮屈さに前傾の維持及び、右膝の屈曲の維持を
> 感じれるようになったので右股関節への意識は強烈なものがあります。
> ですが不思議なものであれだけ苦しくて仕方なかった上半身、腕は信じられないくらいにリラックスしています。
> 今迄がガチガチ過ぎたのですが。
> 報告したいことは山程あるのですが長文になりすぎますので今日はこれで失礼します。
> どうもありがとうございました。

慣れるに従って、必ずリラックスします。何事も慣れないうちはぎこちなくて当たり前です。

結果的には腰は回転なんですが、皆さん回転させようとするから失敗するんです。
しょうがないですよね、プロもコーチもそう言うんだから。
アマチュア全員そうです。

右肩を開かない、前傾した右股関節、腰も開かない、でも腰はしっかり回転させろって、
一見ものすごく矛盾ですよね。でもできるんです。
実際にやってることは直線運動だからできるんですね。回転は股関節の構造によるあくまで結果です。
右股関節を直線的に動かせば肩も腰も開きませんよね。回してないから。
みんなトップから回すからまずいんですよね。
左腰は直線的に背後に引きますが、左右のどっちが重要か?ではなく両方重要です。

こういう話が前置き無しで通じるのは恐ろしく楽しいことですよね!!
私は心底本当に嬉しいです。
ありがとうございます!!

Re: No title

改造 さん!! ご無沙汰ですね!!

> 右脚荷重を取り入れ、右足ベタ足インパクトに慣れてきました。それに伴い、脚で打つというのにも慣れてきました。
> しかし、地面への荷重もトライしていますが、あまりうまくいきませんでした。右尻は腰掛けるように…とか試しましたが、ひどい時は思いっきりダフリました。
> 今回の指南は凄いですね…びっくりしました。このイメージは、ゴルキチさんのトップシークレットじゃないですか ー⁈
> 早速、シャドーに取り入れます。
> ありがとうございます (^^)

いやー、いよいよこのブログも8年目に突入ですね~。
我ながら驚きです。
友人達によく何年も書くネタがあるな? と言われますが・・・。

でも正直なところ全然書ききれてないです(笑
恐らく私は文才がないので。
どのスポーツでもそうだと思いますが、自分のやってることでさえ解明するって恐ろしく難しいことなんですね。
長い付き合いのツアープロでさえ何年たっても何言ってるのか全然分からん人の方が多いですわ(笑
もうその人達の言葉で教わることは遥か昔にあきらめて、私ももう無駄なんで質問すらしないですが(爆

全然トップシークレットじゃないですよ。
あー、こんな感じで説明したらいいのかな!!ってスゲー単純な感じですわ(笑
最近頑張ってたくさん書いてますが、調べたらこのままだと2010年以来の更新記録ですねー。

今年は気合い入れて新ホームコースでマジで5下目指しますよー!!
改造さんも一緒に頑張りましょうね!!


私見ですが

ゴルキチさん、こんばんわ。
右股関節が前に出るそもそもの原因ですが、ダウンスイング時に「突く」、「引き下ろす」動作をした結果なのではと考えます。そういう動作をすると反動で逆に体が伸びあがって、いわゆるヘッドアップした状態になると思うのですが、前傾が保てないので右腰も前に出てしまうと思います。腰だけが勝手に出てしまうのではなく、クラブの間違った操作によって右腰が前に出る動作を誘発してしまうのではないでしょうか。ゴルキチさんが過去に言われているように、右足前下にグリップを落とし切ることで体の伸びあがりや手元の浮きを防ぐことが必要なのでは?まあ、グリップを「落としきる」という動作もコツがいるとは思いますが。・・・私の私見でした。

ゴルキチさん、こんにちわ。
お忙しい中ご返答ありがとうございました。
着々とスイング作りが前進しているのを感じる今日この頃です。
骨盤分割の意識はバックスイングにも多大な好影響を与えてくれました。
と、言いますのも元々が左膝を右側に寄せる動きをきっかけに体重移動しようとしていたので、その悪癖を封じ込めるのに苦慮していたのです。
骨盤分割を意識するに当たり腰骨や尻に手を当て、前後左右上下と別々に動くことに新鮮な驚きを覚えました。
股関節骨盤周りを柔らかく使うように意識したら左膝を寄せようとする悪癖もすっかり影を潜めたのです。
~しちゃいけないという意識より機能解剖学に沿った良い動きに意識を向ける方が余計な回り道をしないで済むものですね。

そして今まさに右の股関節及び骨盤の動きに意識を向けダウンスイング移行のきっかけの動きを勉強している最中でした。
バックスイングで作られた右股関節の窮屈さに前傾の維持及び、右膝の屈曲の維持を
感じれるようになったので右股関節への意識は強烈なものがあります。
ですが不思議なものであれだけ苦しくて仕方なかった上半身、腕は信じられないくらいにリラックスしています。
今迄がガチガチ過ぎたのですが。
報告したいことは山程あるのですが長文になりすぎますので今日はこれで失礼します。
どうもありがとうございました。

No title

ご無沙汰しています。
右脚荷重を取り入れ、右足ベタ足インパクトに慣れてきました。それに伴い、脚で打つというのにも慣れてきました。
しかし、地面への荷重もトライしていますが、あまりうまくいきませんでした。右尻は腰掛けるように…とか試しましたが、ひどい時は思いっきりダフリました。
今回の指南は凄いですね…びっくりしました。このイメージは、ゴルキチさんのトップシークレットじゃないですか ー⁈
早速、シャドーに取り入れます。
ありがとうございます (^^)

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR