ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

右肩を下げない・・・・その超効果的な方法1

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

肩は縦振りですが、右肩は落とさない。

これだけでは一見、矛盾していますよね(笑

前傾分以上に不自然に右肩を下げないということです。

頭は右股関節の真上に乗っています。

回転軸は脳天から右股関節への見えない垂直な軸のイメージです。

垂直な軸を意識し、維持している限り右肩は落ちません。

右肩が落ちるということは回転軸が右に傾くということです。

すなわち、背骨を回転軸としてイメージしていると、

腰が左へ平行移動して頭が右に残ると

腰だけが先行し過ぎて腰砕けに明治の大砲の様に

右肩が落ちてアッパースイングになってしまいます。

フェースが上を向いて開きます。

力んでいきなりプッシュアウトやドスライスが出る症状ですね。

アマの殆どは常時そんな感じで打ってます。



腰をその場で回転させるイメージ・・・・・・

これもちょっと無理がありますよね。

回転軸は明らかに右から左へ移動しますからね。

垂直を維持して右から左へ移動していく回転軸のイメージ。

それなら頭と骨盤で股関節を抑え込むのも、

球を抑え込むのもイメージできるでしょう

ハンドファーストも、コック維持も、ダウンブローも

とにかく絶対に 「フェースを上に向けない」 意識が重要です。

意識しないと間違いなくアッパーなしゃくりスイングになっちゃいますよね。


右股関節に加重したまま、前傾した状態で右股関節を抑え込むために

頭は常にほぼ右股関節の真上に置きます。

すると必然的に脳天から右股関節の回転軸は垂直を維持できます。

右肩を下げない=左肩を上げない、ですが両方とも意識にはありますよね。

右肩も下げたくないし、左肩も上げたくない。

そう分かっていてもなかなか毎回はできないんですよね。



能書きは飽きたんで早いとこ方法論に移ってくれって

あ、そうですよね。

実は超簡単に垂直な回転軸を

常時確認し、イメージし、修正し、維持できる方法があります

サクッと打って、ビシバシピンに絡んじゃいまっせー。

チョーカッコ良く。









あっ、


でも、それ内緒だったんだ







人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR