ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

「腰の回転」の致命的勘違い3 腰は水平に回転させない

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

またまた爆弾発言になるのかな。


レッスン界でよく耳にしますが、腰、ベルトラインを水平に回せと。

少なくとも私にとってはこれは全くのデタラメです。

こんなのまともに信じちゃダメですよ。

やれば即分かります。水平に回したらいくらでもスウェイします。

これは股関節の動き、下半身重心を全然考慮していない言葉ですからね。


腰なんか水平に回したら間違いなく下半身が浮いて、スウェイします。

なぜなら左股関節が入らないか、または入っても直ぐに抜けます。

そして股関節の前傾は即座に崩れ、だらしなく伸びます。

少なくとも私には水平回転では全然無理ですね。

当然論理的に否定、反論できますよ。



なぜなら、股関節は上から加重しないとしっかりはまりません。

直ぐに抜けてしまいます。

昔ら私が言っていますが、

とにかくスイングで最悪なのは体が浮くことです。

とにかく重心を低く抑え込みたい。

実はそれがとんでもなく難しい事なのですが。

そうすることによってパワーを逃がさず封じ込め、

インパクトに集中して爆発することができるのです。

私はおそらくそれをゴルフ以外のスポーツで感覚的に身に着けと思います。

スキーや、格闘技等々でしょう。


股関節が抜けない様に、前傾を維持させるためには

上からかなり加重しないと不可能です。

スキーでは重心のかけ方の技術は最重要事項ですよね。


ゴルフは特に左股関節は難しいですね。

明らかに水平ではなく右上から左下方向へ加重して行くべきです。

絶対に水平回転ではないです。

大した違いではない様に思われるでしょうが

やってみれば一目瞭然です。全く違います。

左股関節のしわを伸ばしたら、それはすなわち起き上がり、スウェイです。

右上から左下に加重しながら右股関節を上から押し込まないとダメです。

要するに、全く素直に上から下に自然落下でダウンブローに

低く長く振れば必然的にそうなるはじでしょでしょ

それなのに腰水平回転ってイメージは全く浅はで無責任な指導です。

確かに単純に見かけ上だけは水平回転に見えるでしょう。

しかし、スインガーのイメージ、意識は、絶対に外見では分からないです。

確実にアマの誤解を招きます。

まあ、やってみればすぐに分かることです。

格段に腰がスウェイし難くなります。



さてさてさーて、

ゴルキチ股関節理論は、この程度はまだまだ序の口です。

全然入門編ですわ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

たむ さん、Re: No title

たむ さん、はじめまして!!

> 初めましてコメントします。遅まきながらのコメントですみません。
> 長らくブログを拝見してきましたがなかなか実践できずに悶々と悩み続けていました。ここ最近のゴルフスイングの課題探しの中で今回のゴルキチさんの股関節あたりの動きの話が今の自分に最も重要な課題だと思っていたのでついついコメントさせてもらいます。長文ですみません。。。
>
> 極論スウェーしない下半身を作りたいってことなんですかね、右にも左にも。
> そのために股関節をしっかりはめるという作業が必要だと思うんですがそういう理解でいいのですかね?

そうです!!

> 右にはスイングを円弧と考えず直線的に左肩を押し込むようにして右股関節の内側で受け止めるように、また左のお尻はその場で留めるようにして少しつらい姿勢が捻転になっているのかな、と思ってやってみたらそこそこ右股関節は極まっているように思うんですが、左への移動がうまいこといきません。必ずスウェーしているか右股関節が前に出気味になってしまいます。股関節だけをイメージしてもなかなか実践に結びつかない感じです。。。

ダウン難しいですよ。でも、直ぐにアップしますので見て頂ければわかると思います。

> で、スイング軌道のイメージを変えて試しています。今までどうしてもインからあおりがちのイメージになっていてヘッドもすぐに垂れ下がってダフる、みたいなスイングだったのでかなりアウトに上げてヘッドを垂らさず(シャフトを立てて)に早めにヘッドを前倒し(この使い方あってますかね?)

前倒しのタイミングは難しいのですが、インパクトはスクエアですよね。その後に前倒しする様にスイングします。すると球がしっかりつかまるようになります。
その後、フックで悩みますので、フェードが打ちたくなります。
出球の方向を注意しましょうね。ドローなら右に打ち出し、フェードなら左に打ち出さなければいけませんよね。

>しながらインパクトを迎えてそのあと、左下に振っていくイメージです。かなりいままでよりカットなイメージですが、そうしたいと思って振ると自然に左腰が後ろに切れてその前のスペースを有効に使って左下に振れる感じが出るんです。そうすると自然に右腰は前に出ずに左股関節にはめた感じで左に自然に乗っているようになります。このあたりのイメージがあってるのかどうかわかりませんが、このイメージが若干今回の記事の「右上から左下に加重していく」って言葉にリンクした気がしたので。。。左股関節の使い方について今後の展開を期待して楽しみにしています。

よくベルトを水平に回すと言いますが、それだと左股関節が外れます。水平だと腰の外側を回すイメージが出ますから。それに腰もその上の全部浮きます。
そうではなく、股関節の内側の軸だけを小さく回すイメージです。しかも上から右腰を入れながら。それは直度真下に右正拳を打ち込む動きと同じです。
腰が球状の股関節部分でだけ回るのです。腰の外周じゃやにです。ダウンブローのイメージは、右腰で右股関節を上から左下方向へ押し込むイメージだとも言えます。右腰を入れると右股関節はその場で前に出ずに回ります。
それが分かると股関節の分割により、左腰が切れても、右サイドが開かないという一見矛盾した動きができることが分かります。

No title

初めましてコメントします。遅まきながらのコメントですみません。
長らくブログを拝見してきましたがなかなか実践できずに悶々と悩み続けていました。ここ最近のゴルフスイングの課題探しの中で今回のゴルキチさんの股関節あたりの動きの話が今の自分に最も重要な課題だと思っていたのでついついコメントさせてもらいます。長文ですみません。。。

極論スウェーしない下半身を作りたいってことなんですかね、右にも左にも。
そのために股関節をしっかりはめるという作業が必要だと思うんですがそういう理解でいいのですかね?

右にはスイングを円弧と考えず直線的に左肩を押し込むようにして右股関節の内側で受け止めるように、また左のお尻はその場で留めるようにして少しつらい姿勢が捻転になっているのかな、と思ってやってみたらそこそこ右股関節は極まっているように思うんですが、左への移動がうまいこといきません。必ずスウェーしているか右股関節が前に出気味になってしまいます。股関節だけをイメージしてもなかなか実践に結びつかない感じです。。。

で、スイング軌道のイメージを変えて試しています。今までどうしてもインからあおりがちのイメージになっていてヘッドもすぐに垂れ下がってダフる、みたいなスイングだったのでかなりアウトに上げてヘッドを垂らさず(シャフトを立てて)に早めにヘッドを前倒し(この使い方あってますかね?)しながらインパクトを迎えてそのあと、左下に振っていくイメージです。かなりいままでよりカットなイメージですが、そうしたいと思って振ると自然に左腰が後ろに切れてその前のスペースを有効に使って左下に振れる感じが出るんです。そうすると自然に右腰は前に出ずに左股関節にはめた感じで左に自然に乗っているようになります。このあたりのイメージがあってるのかどうかわかりませんが、このイメージが若干今回の記事の「右上から左下に加重していく」って言葉にリンクした気がしたので。。。左股関節の使い方について今後の展開を期待して楽しみにしています。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR