ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

安定した土台=尻が前後に動かない秘訣は「 股割り 」です

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


秘密は「 股割り 」ですよ。

テークバックもダウンも 重要なのは「股割り」です。


「がに股」も同じです。

完全な「べた足」は結構股関節の可動域が必要ですが、

程度の差こそあれ「股割り」は誰でもできます。


秘訣となるイメージは、

テークバックで初動から左足つま先から左尻まで、

要するに左脚全体が最初から飛球方向に向かうのです。

それ位の意識じゃないと「股割り」にはなりません。

そもそも「股割り」って左右行き別れでしょ

左脚以外が全部テークバックで飛球後方に向かいます。

そこで「股裂き」が起きます。

結局これが「捻転」、「自然落下」の肝ですね。

要するに、

左脚による切り返しは、

スイングの最初から=テークバック初動から

既に徐々に始まっていると考えてもいいと思います。


これが左べた足の秘訣であり、

そもそも左脚、左ひざリードとはこういうことです。



また、

「土台となる腰を安定させる」とはどういうことでしょうか

これも結局「股割り」ですよね。

テークバックで左尻を前に出さない事、

ダウンで右尻を前に出さない事、


でしょこれこそが土台である腰の安定です。


そのためには、腰の外周を回転させるのではなく

尻を前後させず、股割り状態のまま

球状の股関節部分で、

上から股関節を捩じり込むように

腰を回転させるイメージ


が必要なのです。

大腿骨頭


で、最重要なのは

左脚リードにもかかわらず、

右腰が前に出ない、腰が粘る、

右踵がべた足で残る、右踵が粘るって事は

要するに、ぎりぎりまで「股割り」維持して

ダウンしてるからでしょ?

股割りしないと右サイドも一緒に

出ちゃいますよね


分かってしまえば単純でしょ


とは言っても、

テークバックとダウンでは左右の動きは結構異なりますので、

プラス正拳突きイメージがあればもっと分かりやすいですが。



丁度同じタイミングで松山プロが股関節を痛めました。

彼はそもそもトップで静止するので、力強い反面

切り返しの負荷が高いスイングです。

上の説明をイメージして頂くと分かりますよね。

トップからガツンと一気に股関節に負荷をかけてしまう

可能性があります。

私が思うに、恐らく負荷が高いゆえに痛めた股関節を

さらに間違ったストレッチで解消しようとした

可能性もあると思います。

下手なストレッチは逆にインナーマッスルを

固めてしまう危険があります。

でも、既にかなり回復しているようですね。

単に疲労が原因ならいいのですが。

彼は確実に日本ゴルフ界全体の希望の星ですからね。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR