ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

骨盤前傾してるから=股関節を屈曲してるからこそ、伸展のパワーを使え、かつ頭が突っ込まない

まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


なぜ、前傾していなければいけないのか?
なぜ前傾=股関節の屈曲、をインパクト前まで
維持しなければいけないのか?
それは、屈曲しているからこそ伸展できるからです。
極めて当たり前のことです。
曲がっているから伸ばせるからです。
早いタイミングで伸展してしまった、もう伸展できませんよね。
だからギリギリまで伸展を我慢します。

股関節外旋内旋 伸展 反り

股関節伸展4 3

股関節伸展42
膝の向きでインパクト直前まで伸展を我慢してるのがよく分かる。
それでも飛ぶし、球もつかまります。
アマはトップから一気に上の写真の様に伸展してしまいます。
だから腰がダウン直後から前に出て、上体が開いて、
ヘッドがアウトに押し出される。

股関節を伸展すると何が起こるのか?
オレンジラインの様に脚から脊椎まで反ります。
反るとどうなるのか?
頭が突っ込みません。
「股関節で球を打つ」=
「股関節の伸展で球を打つ」
これがビハインドザボールの
誰にも教えたくない秘訣なのです。
すると脚から脊椎まで綺麗に反るので
頭は絶対に突っ込みません。
それをイメージすれば必ずできますし、
顎も当然上がりませんよ。
プロは当然そんな事知ってますが、
アマは全然知りません。


C型フィニッシュとは全然違いますからね。
C型は頭だけを残し過ぎた結果です。
だから首だけでスウェイを止めるので100%首を痛めます。
しかし、股関節の伸展は脊椎下部の反りで頭が残るので
首を痛めることは絶対にありません。

という事ですわ。
どうですか股関節いくらでも奥が深いでしょ。
まだまだこの程度では全くの入り口の基本レベルですが。

次回は、ダウンブロー、自然落下、重力落下の
骨盤の動きの視点からの根拠を解明します。
もしかしたら、やっと、初めて「自然落下」が
納得できるかもしれませんよ。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

まこつ さん Re: ありがとうございます!!

まこつ さん、速いですね!!

> 5番アイアンまではイメージ通りにスイングができていると感じていますが、どうしてもドライバーとなるとなかなかです...(泣)
> ダフるのは左手が最下点に達するまでに左腿へ移動してしまうから起こると記憶しております。
> やはりシャフトが長くなると難しいです...もっと練習をして頑張ります。
> 以前動画でゴルキチ様のコックの動画を見たことがあります。(多分ゴルキチ様だった気がします)その時のコック方法を取り入れてさせていただいてスイングをしています。そうすると、インパクト前のヘッドの動きはゴルキチ様の言う通り、グリップを中心に円運動をしているはずです。しかし、自分から見てインパクト前と後で僅かに飛球線方向に平行に動いているように見えます。これはスウェーなのでしょうか。
>
> 質問ばかりで申し訳ありません。

ハンドファーストでスライスするイメージが無ければ問題ないです。
私はインパクト前後は真っすぐをイメージします。むしろフェードを打つつもりでストレート軌道になります。そもそもスイングは軸回転ですから前倒しさえできていれば当然ドローボールになるはずなのですから。

長くなるほどダフる方は単純に球に近過ぎじゃないかと思いますよ。私も長いと球に近過ぎる傾向がありますので、クラブによって素振りで球との距離は意識して確認します。しかし、ドライバーはティーアップしているしドデカイので最も簡単なクラブだと思います。しかし意外と苦手なアマが多いので不思議に思います。

ちなみに右肘ちゃんと曲がったままインパクトしていますか?インパクトに向かって右腕、右肘を意識して伸ばしていってないですか?右肘、右腕はインパクト後に放っておいて勝手に伸びて球を押します。意識して伸ばしたらダフリますし、球の行き先はバラッバラになります。シャンクする方も殆ど原因は右肘がインパクト前に伸びるからですというか、伸びなければ他に原因があっても対応できるはずです。

この点確認してからまた御連絡下さいね!!
お待ちしています。

ありがとうございます!!

ゴルキチ様

お返事ありがとうございます!

5番アイアンまではイメージ通りにスイングができていると感じていますが、どうしてもドライバーとなるとなかなかです...(泣)
ダフるのは左手が最下点に達するまでに左腿へ移動してしまうから起こると記憶しております。
やはりシャフトが長くなると難しいです...もっと練習をして頑張ります。
以前動画でゴルキチ様のコックの動画を見たことがあります。(多分ゴルキチ様だった気がします)その時のコック方法を取り入れてさせていただいてスイングをしています。そうすると、インパクト前のヘッドの動きはゴルキチ様の言う通り、グリップを中心に円運動をしているはずです。しかし、自分から見てインパクト前と後で僅かに飛球線方向に平行に動いているように見えます。これはスウェーなのでしょうか。

質問ばかりで申し訳ありません。

まこつ さん Re: ライ角維持

まこつ さん、はじめまして!!コメントありがとうございます!!

> ゴルキチ様
> ゴルフがなかなか上達しない まこつ といいます。
> ここのブログにて色々と勉強させていただいており、とても参考になっています。
> ゴルフ歴が10年弱なので、記事の内容についてはイメージが出来ているような気がします。←ホンマでっか!?(笑)

10年選手ならだいぶ分かると思いますよ(笑
いつでも質問してください。

> ただ、アドレス時のライ角を維持してインパクト行うのは分かるのですが、肝心の維持が出来ていないような気がします。
> ライ角維持の為に注意すべき点等をご教授願えたらと思います。
> 本文と内容の違う質問になり申し訳ありませんが、お時間の取れる時にお願いしますm(__)m

コックは右肩方向へ斜め上ですよね。厳密には手首の縦上方向と右手甲側へのヒンジングと両方向への組み合わせにより斜め上になりますから複雑です。
実際問題コック維持は非常に難しいです。ハンドファーストも込みです。ちゃんと出来てるアマはほとんどいません。とにかくヘッドを上げるイメージよりも、何よりも左グリップを下げ切る事を優先してください。左グリップは常に右グリップより下にあります。右手で球を打ちに行くと右手が球に近づきます。要するに右手で打つと右手が左手より下になります。そうなるとヘッドは下がります、コック維持できないという事です。

今まで右手で打ってきた人、かつ前傾が維持できない人にとってコック維持は非常に修正困難です。最初はまともに打てないと思います。

意識のコツとしては、アドレスより右肩方向へコックした分を維持するわけですから、ヘッドはアドレス時より上にありますよね。常識的にそのまま打てば球の上を空振りすると思いますよね。しかし、しません。そのまま打てばいいのです。コックの維持でわざと球の上を空振りさせて振り続ければ分かります。遠心力でヘッドが意に反して下がり前傾維持できれば球に当たるはずです。

さらに最初はハンドファーストだとカット打ちになってスライスします。それは打ち方の問題で、スウェイしなければハンドファーストでもグリップは直ぐにインに入りヘッドはグリップを軸に円運動します。飛球方向と平行には直線運動しません。そしてトゥー側は前倒しで球を捕まえます。

結局これらが全て同時に出来ないと完全にはコック維持は出来ないのです。
しかし、必ずできますからまずは意識を変えていってくださいね。
また質問くださいね!!

ライ角維持

ゴルキチ様
ゴルフがなかなか上達しない まこつ といいます。
ここのブログにて色々と勉強させていただいており、とても参考になっています。
ゴルフ歴が10年弱なので、記事の内容についてはイメージが出来ているような気がします。←ホンマでっか!?(笑)

ただ、アドレス時のライ角を維持してインパクト行うのは分かるのですが、肝心の維持が出来ていないような気がします。
ライ角維持の為に注意すべき点等をご教授願えたらと思います。
本文と内容の違う質問になり申し訳ありませんが、お時間の取れる時にお願いしますm(__)m

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR