ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

骨盤前傾によるグリップの「自然落下」

まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

先にアップしておきますね。

さてさてさーて、

骨盤、股関節により
今、解き明かされる
永遠の謎、「自然落下」
それは・・・・・コ・レ・ダ


テークバック時の右骨盤の切れ上がりと
前傾した骨盤の回転落差により
グリップは勝手に引き落とされます
それが「自然落下」だ


右骨盤の落下と連動して自然に落ちる


グリップを認識でるはずです



股関節前傾による自然落下

骨盤回転による「下半身リード」と「自然落下」
の意味と前傾維持の重要性が分かりますか?

前傾維持した骨盤回転により
グリップは勝手に真下に落ちます
それが「自然落下」

腰を水平回転している人には
一生分かりませんが。


YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

tommyさん Re: No title

tommyさん、コメントありがとうございます!!
いやーまさにその通りですよ。
コックなんて遠心力で解けるものです。もちろん飛距離で多少は調整しますが。

> 手首の動きを止めてすとんと下に落ちる、ただしここでハンドfirst
> はkeep,其れが出来ないとインパクトを過ぎてもハンドファアスト
> を維持出来ない、PGAの一流は球を打った後両手は真っすぐひこう線
> の伸びている,ここは腰の回転がないと出来ない。
> 手首の動きは忘れてHFを打った後も作ることを考えたほうがいい。
> 実際には手首は返りますけど、意識はそういうことです。
> スピイスの打った後の両手の真っすぐの伸びを見てください。

結局コック維持できないと肩支点から手首支点に変わって円弧が急激に小さくなります。年をとって柔軟性、可動域が落ちても大きい円弧と飛距離維持の気持ちは重要ですよね。
またコメントお待ちしていますね!!

No title

手首の動きを止めてすとんと下に落ちる、ただしここでハンドfirst
はkeep,其れが出来ないとインパクトを過ぎてもハンドファアスト
を維持出来ない、PGAの一流は球を打った後両手は真っすぐひこう線
の伸びている,ここは腰の回転がないと出来ない。
手首の動きは忘れてHFを打った後も作ることを考えたほうがいい。
実際には手首は返りますけど、意識はそういうことです。
スピイスの打った後の両手の真っすぐの伸びを見てください。

タワー さん Re: No title

タワー さん、コメントありがとうございます!!
誰でもぶつかる壁ですが、必ず乗り越えられる壁です。

> いつも参考にさせてもらってます。ありがとうございます。

こちらこそありがとうございます!!

> ダウンで、右を向いたままグリップを自然落下で下げきってから、インパクトをむかえる。
> と認識していますが、

回転という言葉のイメージが悪いのかもしれませんね。
もちろん回転というほど回りませんし、回転が動力ではありません。最終的な腰の僅かな回転はあくまで結果です。
見かけ上の腰の回転がスイングの動力と考えると動きを間違えます。

ちょうどその点で新しい記事をもうすぐアップしますのでしばらく待ってください。
右向いたままダウンしてインパクト直前に外見上の腰が回転します。
問題は主体的に腰が回転するのではなく落ちてきた腕により回転させられます。
骨盤は回転する股関節により押し込まれながら回転しますが、外見上は腰が回転する様には見えません。

外見上の腰の回転を腰のベルトの回転とすると、外見上腰の回転が見えない回転が股関節と骨盤の回転です。
股関節、骨盤が内部で回転しても外見上の腰は回転しません。従って、右ひざも右肩も前に出ません。
右腰はインパクトで回転するまでは、右股関節が飛球線に沿って平行に左に移動するだけで外見上回転しません。
しかし、内部では骨盤が股関節に押し込まれて明らかに回転しています。
股関節の回転とは、右ヒサが前に出ることなく伸びながら右脚の骨が時計回りに軸回転します。それを股関節の伸展と言います。
今編集しているのでもうすぐビデオでアップします。

> 前傾した骨盤の回転でグリップを自然落下させようとすると、右肩が一緒に前に出て、ぎりぎりまで右を向いたままでインパクトをむかえられませんが、どうしたらいいでしょうか。
> こちらの理解の仕方が間違っているのでしょうか。

股関節の使い方が間違っています。空手の瓦割りをイメージして下さい。肩が前を向いたまま真下に正拳突きをすると右腰が入り右骨盤が完璧に伸展し、股関節も骨盤も回転します。しかし右ひざも右肩も殆ど前には出ません。殆どこの近い使い方です。
腰を回すのではなく、股関節の回転により骨盤が左に押し込まれながら回転します。腰の外周ではなく中央の仙骨が回転するので外見では見えません。
ビデオでアップしますんので見てください。一度分かれば誰でもできる動きです。
しかし、実際問題殆どのアマにはできていない動きです。
難しい点ですが乗り越えれば全てが変わります。

またコメントおまちしていますね。

No title

いつも参考にさせてもらってます。ありがとうございます。

ダウンで、右を向いたままグリップを自然落下で下げきってから、インパクトをむかえる。
と認識していますが、
前傾した骨盤の回転でグリップを自然落下させようとすると、右肩が一緒に前に出て、ぎりぎりまで右を向いたままでインパクトをむかえられませんが、どうしたらいいでしょうか。
こちらの理解の仕方が間違っているのでしょうか。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR