ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

基本ゴルフは全く「背面打ち」そのもの。球は右から左へ横に打つのではなく、前ろから後ろに、上から下に、縦に打つ


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、
連投です。

(ちょっとわかりにくいので先に注意書きですが
背面打ちの上体の向きに対して前から後ろに振るのと
飛球線に対して後ろから前に振るとは全く同じことです。
ややこしいですが分かりますよね。)

先日質問にもありました。
しばらく記事で書いていませんが
ゴルフは「背面打ち」そのもの
と思って全く構いません。
スタンスとコックの維持、インパクトからの腰の回転以外
殆ど何も変わりません。
縦振りは全く同一です。
上体が右向いたまま
前から後ろに、
上から下に縦に振ります。
だから重力を十分に使え、
自然落下のイメージが出る。
クラブの重さを感じるって事です。
骨盤前傾で右腰を上から下に入れて
右股関節は直線的に
後ろから前に押し込む。
腰を水平に回すと上体も肩も水平に回り、
確実に横振りになります。
外見上の腰はほぼ打ち終わってから
回ると考えてください。


コック維持でつるはし、クワで地面空振りと全く同じですよ。
居合切りの方が良ければ、コック維持で右袈裟切りで
相手の左肩から右脚まで切り裂き、
かつその勢いで真後ろにいる人間まで右下から右肩まで切り上げる
みたいなもんです。
この時、「私は剣を横に振ります」と言ったら頭おかしいですよね。
ゴルフも全くそのままです。

なぜ 「縦、横」 の勘違いが起きてしまうのか
アドレス時のスタンス、顔、体の向きの問題ですね。
球を右から左にテニスの様に横に打つものと勘違いします。
まあ、最初のうちは当然と言えば当然です。
しかし全然違いますよ。

トップの状態をまず考えてみましょう。
確かにスタンスはアドレスのまま正面向きです。
しかし、上体は完全に後ろ向きに変化していますよね。
顔は斜め後ろ向き位でほぼ中間ですね。
この状態からだとどう考えるべきでしょうか
スタンスの向きではなく、
肩の向きで振る方向を考えるべきでしょう
トップから腕はほぼ剣道の様に
縦に右袈裟切りで振られますよね。
それともテニスの様に真横に振りますか


考えてみて下さい。
鉄でできた重い真剣を縦に使うか、真横に使うか。
縦でしょ
クラブが中途半端に軽いからテニスラケットと勘違いしますが。
横に振ると体が絶対に即開きます。
しかし、ゴルフは右向いたままインパクトですよね。
それって
背面打ちそのものですよ。
右から左ではなく
前から後ろに縦に振るのです。
だから右向いたまま=後ろ向いたまま
打てるのです。


クラブは変なヘッドが先についていてアンバランスなので
縦に振ると打てない気がしますがそれは慣れです。

まず、このイメージを180度変えなければ
この先何も進歩しませんよ。

だからもう一度確認の意味で先に書きました。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

白虎隊さん Re: タイトルなし

白虎隊さん

> 丁寧に解答していただきありがとうございます。
> 【上から下+正面から背後(前から後ろ)にお辞儀して打つ】は非常にわかりやすかったです。
> ダスティン・ジョンソンの記事で説明している角度のキープと合わせると更に良さそうですね。
> まずは素振りやパンチショットみたいな感じで練習してみたいと思います。
> またわからないことが出てきたら是非ご質問させてください。

前から後ろに振ると左腕が左対側まで降りてきたときに、左ひじを曲げて背後に引くか、左ひじを伸ばし続けて左腰を左腕と共に回転させるかの2択になるのが分かると思います。そこが左の壁ですね。もちろん左ひじを伸ばしたままで左腰を高速で回転させます。その時左脚の外旋と左腰の回転を連動させます。するとヘッドは左肩を軸に回転してグリップを追い越します。その時点でダウンブローならトゥー側が前倒しします。アッパーなら後ろ倒しになります。
クラブを右から左に振ると分かりません。
やってみて下さい。

丁寧に解答していただきありがとうございます。
【上から下+正面から背後(前から後ろ)にお辞儀して打つ】は非常にわかりやすかったです。
ダスティン・ジョンソンの記事で説明している角度のキープと合わせると更に良さそうですね。
まずは素振りやパンチショットみたいな感じで練習してみたいと思います。
またわからないことが出てきたら是非ご質問させてください。

白虎隊 Re: ご質問させてください

白虎隊 さん、はじめまして!!コメントありがとうございます!!
スポーツトレーナーさんですか!!

> いつも楽しくブログを拝見させていただいています。
> ご参考までに、私の本職はスポーツトレーナーで ゴルフの腕前は素人同然です。
> PGAの選手と日本人(特に女子)が八百屋と魚屋くらい違うことをしているというのはわかるのですが、果たして【プレーヤーが主観的にどう動いたら】合理的なスイングになるのかがなかなか解らずに苦しんでいます。
> 何人かのインストラクターにアドバイスを受けたりもしたのですが、全く上達する気配が見られません。
> そんな中ゴルキチ様のブログを拝見させていただいたのですが、解剖学的にかつ主観と客観をわきまえた内容が本当に素晴らしく いつも感銘を受けている次第です。

ありがとうございます!!

> さて本題なのですが、今回の記事で右から左に振る弊害は良く理解できました。
> 上から下にというのもなんとなく分かります。
> しかし前から後ろに縦に…という動作が理解できずにいます。
> 上から下に前から後ろに…とは一体どういった動作感覚なのでしょうか?

これは背面打ちの意識の問題です。
実際のゴルフでも同じなのですがトップまで90度肩を回せば肩は飛球線後方を向きますよね。そのまま飛球線後方に打つわけですからトップ時の上体の向きから見ると、縦に下すなら前から後ろ、背後に打つわけですよね。かつ、重力で真下に振りますので上から下に振る意識です。あちこちの捻転で引っ張られるので実際はグリップは真下ではなく左股関節方向に、最下点を通りながらダウンブローで落ちていきますが。

真後ろ向いて上から下に袈裟切りして、前から後ろに振りぬくという意識です。
同じ普通のアドレスから打っても普通に「右から左」の意識と「上から下+正面から背後(前から後ろ)のお辞儀して打つ」の意識での違いで振ると全く変わります。最初は変ですが意識して練習していくと変わっていきますよ!!

ご質問させてください

ゴルキチ様 はじめまして。
いつも楽しくブログを拝見させていただいています。
ご参考までに、私の本職はスポーツトレーナーで ゴルフの腕前は素人同然です。
PGAの選手と日本人(特に女子)が八百屋と魚屋くらい違うことをしているというのはわかるのですが、果たして【プレーヤーが主観的にどう動いたら】合理的なスイングになるのかがなかなか解らずに苦しんでいます。
何人かのインストラクターにアドバイスを受けたりもしたのですが、全く上達する気配が見られません。
そんな中ゴルキチ様のブログを拝見させていただいたのですが、解剖学的にかつ主観と客観をわきまえた内容が本当に素晴らしく いつも感銘を受けている次第です。
さて本題なのですが、今回の記事で右から左に振る弊害は良く理解できました。
上から下にというのもなんとなく分かります。
しかし前から後ろに縦に…という動作が理解できずにいます。
上から下に前から後ろに…とは一体どういった動作感覚なのでしょうか?

ゴルゴル103 さん Re: お礼の礼

ゴルゴル103 さん、どうもです!!

> >また左脚が蹴りが入ると一気に腰が回転しますので球を捕まえます。むしろつかまり過ぎてフックします。
>
> まさに今悩んでいるところがズバリこのフックなんです。
> すごいですね、まるで手に取るように見透かされてしまいました。
>
> なので、ジャンプのタイミングをはかったり、シャフトの縦しなり横しなりを意識してみたりと色々ドツボに嵌って頭の中がループしてしまいました。
>
> 素直にコック維持とハンドファーストでいんですね。

そうです。特にフック矯正ではなくロブショット以外は全ショットハンドファーストコック維持が普通です。ドロー打ちもそのままコック維持で振りぬきます。フェードはコック維持をさらにフォローまで強力にして左に打ち出せばフェードになります。インパクト前にリリースしたら全部フックになります。ジャンプする程強い蹴りはそのうち左ひざを痛めますよ。結構皆それで痛めます。左ひざが伸び切ると負担が過激ですからタイガーみたいになってしまいます。それに動きが過激ですからフェースを制御できないと思います。同じ地面をける意識でも「じっくり粘るように強く押し込む」位のイメージにした方が良いと思います。

> >これから書きますが、股関節と肩甲骨は連動します。従って左股関節を外旋すると自然にローテーションしてしまいます。
>
> 楽しみにしています。よろしくお願いいたします。
> 有難うございました。

これはイメージだけでももっとフックになってしまうかもしれません(笑 イメージだけで左脚外旋での左回りと、腰の回転と、フェースローテーションがリンクしてしまいます。前倒しと同じで、イメージの持ち方でスイング自体が変わってしまいます。

結局、ドローが打てればフェードも必ず打ち分けられます。最も難しいのがストレートボールですね。自信をもってストレートで狙えたら最強ですね。ですから今スティンガーショットの練習を一生懸命していますよ。ラウンドでほぼ全ショットスティンガーだけで打って練習することも多いです。それ位憧れます、できたら最強ですわ(笑

また、何でもコメントしてくださいね、お待ちしています!!

No title

最近このブログで大変役立つことを教えてもらい感謝しています。
長年聞いていることですが無視して他のことばかりやっていました。
何でしょう?コックの維持です。打った後も9時の方向に真っすぐ延ばすこと、なんと大切なことか、其れには何をするか? 腰の回転です、
此れが伴わないと コックの維持が出来ません。9時の方向とは3時と云う人が
居ますけど。

今は此れに集中です、今年はAGE SHOOTが目標です。

お礼の礼

早速のご返事ありがとうございます。

>また左脚が蹴りが入ると一気に腰が回転しますので球を捕まえます。むしろつかまり過ぎてフックします。

まさに今悩んでいるところがズバリこのフックなんです。
すごいですね、まるで手に取るように見透かされてしまいました。

なので、ジャンプのタイミングをはかったり、シャフトの縦しなり横しなりを意識してみたりと色々ドツボに嵌って頭の中がループしてしまいました。

素直にコック維持とハンドファーストでいんですね。

>これから書きますが、股関節と肩甲骨は連動します。従って左股関節を外旋すると自然にローテーションしてしまいます。

楽しみにしています。よろしくお願いいたします。
有難うございました。

ゴルゴル103 さん Re: お礼

ゴルゴル103 さんはじめまして!!
ご丁寧なコメント大変ありがとうございます!!

> こんにちは、初めまして。
> ここ2年ほどずっと拝読してましたが初めてレスいたします。
> 今は股関節の動きと瀬尾祐二さんのFall&Jumpを身に着けようとしている最中で、最近のエントリーはとても参考になります。

Youtubeで見てみました。まさにFall&Jumpですね。私と似たような動きですが、タイミングが違うようです。また、右股関節の伸展はまさに同じですが、私はジャンプはしません。両脚ジャンプはまさにドラコン選手の動きですね。私は右脚はFallのみという感じで左サイド切れ上がりますがジャンプまではしまえんね。でも基本的な理屈は近いと思いますが細部の意図する動きははかなり違う感じがします。

> 今回のエントリーでは居合の話がでておりましたので、ちょこっと参考になればと。
> ttps://www.youtube.com/watch?v=ojlV6v5OpKo
> この動画は重い刀を横から素早く立てる動き(横一文字)ですが、ゴルフにおけるシャフト前倒しはこの逆、つまり重心を意識し反時計回りでグリップを下に降ろすと、ヘッドは上から下に地面に叩き付けられる形になるかと思います。

いやーこの動画良いですね!!軽く扱う、まさにこれですね。クラブも重力を感じて扱わないとダメですね。仰る通りトゥー側を前に倒します。さらにそれはイメージできれば終わり、知ったらしまい、みたいな感じで自然にできてしまいます。これから書きますが、股関節と肩甲骨は連動します。従って左股関節を外旋すると自然にローテーションしてしまいます。また左脚が蹴りが入ると一気に腰が回転しますので球を捕まえます。むしろつかまり過ぎてフックします。
だからコック維持してハンドファーストしないと絶対にフックに悩みます。そういう意味で「前倒し」は重力で自然に起こると知る事、そして上から下に振れば自然に起こる事、しゃくったら起こらない事を知れば終わりです。あとはむしろフック対策が重要になります。

> 同時に、腕のローリングは手が上から下に降ろされることによって、自然に行われることから、無理に手首をひねる必要はないのかなと。
> 何れにしろこんな感じでシャフト前倒しは理解しました。
>
> ご貴殿のブログで何度も意識改革の参考になっており、改めてお礼を申し上げます。

ありがとうございます!!このような知識交換、意見交換は非常に有益です。これからも宜しくお願い致します。
コメントお待ちしております!!

お礼

こんにちは、初めまして。
ここ2年ほどずっと拝読してましたが初めてレスいたします。
今は股関節の動きと瀬尾祐二さんのFall&Jumpを身に着けようとしている最中で、最近のエントリーはとても参考になります。
今回のエントリーでは居合の話がでておりましたので、ちょこっと参考になればと。
ttps://www.youtube.com/watch?v=ojlV6v5OpKo
この動画は重い刀を横から素早く立てる動き(横一文字)ですが、ゴルフにおけるシャフト前倒しはこの逆、つまり重心を意識し反時計回りでグリップを下に降ろすと、ヘッドは上から下に地面に叩き付けられる形になるかと思います。

同時に、腕のローリングは手が上から下に降ろされることによって、自然に行われることから、無理に手首をひねる必要はないのかなと。
何れにしろこんな感じでシャフト前倒しは理解しました。

ご貴殿のブログで何度も意識改革の参考になっており、改めてお礼を申し上げます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR