ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ダスティン・ジョンソンのスイング分析 ダフリ対策イメージ

まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

Dustin Johnson ダスティン・ジョンソンのスイング分析
をアップしました。
縦振りのダフリ対策と飛距離の秘密を説明しました。

皆さんの効果的なイメージ作りの参考になれば幸いです。



縦振りのダフリ対策のために
コック維持のイメージを図にしました。
アプローチは90度以上の鈍角ですが
この絵のままのイメージだからダフらない。
要するに遠心力は想像よりずっと強いので
球に向かってアンコックしたら絶対にダフる。

コック維持のイメージ


注意点は

実際は絵と違ってハンドファーストのグリップは
飛球方向に出ず、必ず左腰の回転と共に
インサイドに入ります。
左腰の回転が遅くれて、
グリップが飛球方向に真っすぐ出ると
ヘッドはアッパー軌道になるので
トゥーの前倒しは起こりません。
よく言う「左に振れ」とはグリップのこと。
ヘッドではない。
ダウンブローが前倒しの秘訣!!


「 コック維持 」と「 コックを深く作る 」のは全く別です。
秘訣はむしろトップ、切り返し時に

コックを90度より鋭角に深く作り過ぎないこと。

この点はコックが深いほどよかった糸巻きボール時代の
昔とは違います
コックを作り過ぎたり、適度に解いたりする方が遥かに難しいでしょ。
むしろ90度以上の鈍角で固定の方が安定します。
絵の様に、トップで作ったコック角度をそのままインパクトまで
維持し続ける意識が非常に重要です。
長いクラブ程ヘッドスピードが速くなり、遠心力が大きくなり
インパクトでコックは無理やり解け球は飛びます。
飛び過ぎない方が良いショートアイアンはHSが遅いので
コック維持が楽で、かつアンコックは全く要らないから
フェース向き変えずにフィニッシュでライン出しが容易になります。

とにかくコック維持でハンドファーストで振り抜くこと。
それで球を強く叩けないとか、
振り遅れてスライスになるとか
は全く別問題でナンセンスです。

「トゥーの前倒し」の意識で球は十分につかまります。


YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR